クイタランとわたし




小説トップ
クイタランとわたし
37話:私のライバル

 予選四回戦を終え、ポケモンリーグ・スーパーボール杯の日程は本戦となる五回戦へ。
 メインスタジアムで行われる本戦は6on6のフルバトル・ルールとなり、初日から、予選を突破したトップトレーナー達による激しいポケモンバトルが繰り広げられていた。

『雪芽! 吹雪っ!』
『食いしん坊君、ヘビーボンバーだ!』

 試合を控えるクレナは、入場ゲート近くのベンチに座り、廊下に備わるTVモニターから本戦生中継を観ていた。

「う、うわぁ、何あの威力……」

 既に数試合が終了しており、中継を観るクレナは、冷や汗混じりで息をつく。
 ポケモンリーグは、各地のジムバッジを8個集めたトップトレーナーのみに参加を許されない、国内最大の大会である。
 その大会の中で連勝し、本戦出場を決めた強豪同士のフルバトルは、もはやプロの公式戦と遜色無い熱戦ばかりであった。

「人ごとみたいに言っちゃって。私達も本戦出場トレーナーなのよ?」
「!」

 そんなクレナの肩が軽く叩かれ、クレナが視線をモニターから離すと、そこにはライバルであり、次の対戦相手であるレモーの姿があった。

「レモー」
「もっと自信を持って、堂々としてれば良いのに」
「……まぁ、そうなんだけどさぁ……未だに実感なくて」
「国内最大大会で四連勝しておいて、何を言っているの。貴方はもう既にトップトレーナーの領域に立っているのよ?」

 レモーはクレナにポケナビの画面を見せる。
 そこに映し出されているのは、クレナとレモーが通っている中学校のホームページであり、レモーとクレナがポケモンリーグ本戦に出場する旨が大きく書かれていた。

「学校も大騒ぎよ。開校以来らしいわよ、ポケモンリーグに本戦に進むトレーナーが同時に出たのは」 
「そうだったの?」
「ジュリ達からメールとか来てない?」
「来てた来てた。私がリーグ出場なんて信じられないって書かれていたよ」
「そりゃそうよ。クレナ、旅に出るのをあんなに渋っていたのにね……」

 レモーは、TVモニターに目を向ける。

『ゲームセットォ! スコア6-3! WINNER ハクメイ・ハクボ!』

 フィールドを揺るがす一撃で勝負は決まり、勝者の咆哮がモニター、そして入場ゲート越しに響き渡る。

「クレナ」
「何?」
「出し惜しみは一切しない。貴方には負けないわよ。私は、未来のポケモンマスターなんだから」
「私だって、負けるつもりは無いよ。今日、「ライバルの壁」は厚いぞってことを教えてあげるんだから」
「ぷふっ。あはは! 自信があるんだか無いんだかわからないなぁ、クレナは!」

 モニターに映しされていた試合は終わり、係員がクレナとレモーに声をかける。
 次は、彼女達の試合なのだ。

「じゃあ、行くわよクレナ」
「うん」

 係員の誘導と共に、ゲートの向こうのバトルフィールドに入り、それぞれのバトルスタンドに立つクレナとレモー。
 本戦会場であるメインスタジアムには大観衆が詰まっており、立ち見席までびっしりと人が埋まっている。
 
//ポケモンリーグスーパーボール、続きますは五回戦 第四試合!//
//シダケタウン出身! 鋼のレディ、キザクラ・レモー!//
//そして同じくシダケタウン出身! キュート&クールなダークホースルーキー、クレナイ・クレナ!//
//両選手は授業免除期間を利用してジムバッジを集めたトレーナーであり、また中学校の同級生でもあります!//

 バトルスタンドが高く上昇し、実況が選手紹介をする中で、クレナは六つのモンスターボールの収まったバトルカウンターを見下ろす。
 大舞台での6on6のフルバトル。レモーは宣言通り、一切手加減もハンデも付けず、「未来のポケモンマスターの実力」を如何無くクレナに示すことだろう。
 だが、クレナは既に覚悟を決めていた。彼女は、レモーとのポケモンバトルに勝ちたいが為に、ポケモントレーナーとしての第一歩を踏み出したのだから。

「私達の力を、見せつけてやろう」

 スタンドの上昇が終わり、クレナは一番手のポケモンが収まるモンスターボールを手に取る。

//ポケモンリーグ・スーパーボール五回戦!//
//「キザクラ・レモー」VS「クレナイ・クレナ」試合開始!//

 試合開始のアナウンスと観客の声援の中、二つのモンスターボールがバトルフィールドに投入される。

「行けっ、ジーン!」
「行きなさい、コバルト!」

 クレナが召喚したのは、忍びポケモンのテッカニン。

「ジィーッ!」

 爪を掲げ、高らかに鳴く彼女の前に、レモーが召喚したポケモンがバトルフィールドに降り立つ。

「クルォッ」 

 王冠のような突起。
 刃のように鋭い腕。
 王者のような風格があるが、どこか触りたくなってしまう青い身体。

//レモー選手の一番手は、皇帝ポケモン・エンペルト! そしてクレナ選手の一番手は、忍びポケモン・テッカニンです!//

「ジーン、シザークロス!」
「コバルト、メタルクロー!」

 クレナはテッカニンに攻撃を指示し、テッカニンはエンペルトに鋭い爪で斬りかかる。
 だが、エンペルトは迫るテッカニンを前に動じず、その爪を刃と化した腕で弾いた。

「硬い……!」

 エンペルトは水と鋼の複合タイプのポケモンである。
 テッカニンの速度はエンペルトを凌駕するが、虫タイプの技は鋼を貫くには火力が足りず、故にクレナは次の指示を出した。

「剣の舞!」
 
 火力が足りないならば、引き上げるまで。
 己の戦闘本能を刺激し、テッカニンの攻撃力が倍加するが、その状況でレモーはエンペルトへ叫んだ。

「コバルト、雨乞い!」
「クォオッ!」

 エンペルトは両腕を天に掲げ、同時にメインスタジアム上空に、局地的な大雨が降り注ぐ。

「長引くとまずい。ジーン、攻撃を続けて!」 
「ジィーッ!」 

 テッカニンは再度のシザークロスをエンペルトに見舞う。
 エンペルトは腕でガードをしたが、剣の舞で攻撃力の上がったテッカニンの一撃は、鋼タイプであるエンペルトの身体を抉った。

「クルォッ!?」

 エンペルトが膝をつき、濡れるバトルフィールドが彼から流れる血で染まっていく。
 
//シザークロスが急所に当たったぁ! 鋼タイプをも切り裂く、恐るべきテッカニンです!//

 だが、その瞬間。スタジアムに降り注ぐ雨量が増加した。

「ジ、ジジジィッ!?」
「何なの、この雨の量……!」

 打ちつける豪雨は、そのまま虫であるテッカニンへの負担となり、まともに飛行することも適わない。
 雨の向こうの対面のバトルスタンドで、レモーは微笑んだ。

「テッカニン。貴方は、コバルトを本気にさせたのよ」

//これは……追い込まれたエンペルト! 特性激流を発動させたぁ!//

 動きを封じられたこの豪雨下では、影分身を使うこともできない。  
 後退させなければ。そう考えるクレナだったが、エンペルトはテッカニンを逃がすまいと、その全身に水流を纏い、弾丸のようにテッカニンに突貫した。

「ジーン!」
「ジィッ……!」

 迫る攻撃「アクアジェット」を前に、逃げられないと悟ったテッカニンは、濡れるバトルフィールドに脚を踏ん張り、爪を振り下ろした。 
 テッカニンの爪は水流を引き裂くが、水の大砲と化したエンペルトを倒すことは敵わず、彼女は水に揉まれながら吹き飛ばされてしまった。

「あっ……!」

 翅と爪がボロボロになったテッカニンはもがくが、彼女に起き上がる力は残っておらず、即座にジャッジが戦闘不能判定を下した。

//テッカニン、戦闘不能! エンペルト、アクアジェットの一撃でテッカニンを降したぁ!//
//特性激流と、水タイプに有利なこの豪雨! 凄まじい威力です!//

「……あっちが雨で強くなるって言うのなら、こっちも便乗させてもらおう」

 テッカニンをボールに回収したクレナは、水タイプのシンボルマークが付けられたモンスターボールを手に取る。
 
「行けっ、おむ奈!」

 召喚されたオムスターは、豪雨の中でブレイクダンスを踊り、陽気に決めポーズをとる。
 
//クレナ選手の二番手は、渦巻きポケモンのオムスターです!//
//何とオムスター、この豪雨の中を踊っています!//

「テッカニンにオムスター……前のバトルと同じ並びね。今度も続けて倒してあげる!」

 レモーはエンペルトに叫んだ。

「コバルト、メタルクロー!」
「クォォーッ!」

 エンペルトは鋼鉄の刃と化した腕をオムスターへと振り下ろすが、オムスターは重い殻を背負いながら、ぬるぐちょの触手を巧みに操り、まるでダンスのように軽快にエンペルトの攻撃を避けていく。

//エンペルトの攻撃が当たりません! これは雨の恩恵か、オムスター! 「すいすい」と軽快に動き回っています!//
「一気に行くよ、おむ奈! マッドショットだ!」

 雨に力を受け、触手がうるおいにうるおうオムスターは、元気十分。
 漲るぬるぐちょパワーでエンペルトを撹乱するオムスターは、エンペルトの顔面に泥水を発射した。

「クォォオッ!?」

 顔に泥水をぶちまけられ、視界を妨げられたエンペルトは、慌てて拭おうとするが、その両腕をオムスターの触手が包みこんだ。
 それだけにとどまらない。
 オムスターの触手は、エンペルトの頭部、両足、そして胴体にも絡みついていく。

「い、一体何を……!?」

 全身を余すところなく、ぬるぐちょの触手に絡まれたエンペルト。
 粘度のある触手を引きはがすことができず、レモーは交代させようとするが、ボールの回収光線もオムスターの身体に妨げられている。

//お、オムスター……エンペルトの身体に絡みついております! エンペルト、動くことが出来きません!//

 観客がドン引きする中、試合の流れを奪ったクレナは、オムスターに指示を出した。
 
「フィニッシュだ、おむ奈!」
「キィッ!」
「地獄車ぁっ!」

 オムスターはエンペルトに絡みついたまま、回転を始める。

//オムスター! エンペルトを捕縛したまま、転がっております!//
//これは格闘タイプの技、地獄車! 鋼タイプには効果抜群です!//

 豪雨の中、鋼を押し潰すかの如き「地獄車」と化したオムスターが猛進する。
 エンペルトの全身は自身とオムスターの体重に押しつぶされ、強打され、壁に放り投げられて解放されたその時には、既に失神していた。 
 
「……っ!」
//エンペルト、戦闘不能! クレナ選手、見事な「搦め手」で即座に一勝を取り返したぁ!//
「やるわね、クレナ……!」

 レモーはエンペルトをボールに回収し、息をつく。
 彼女は実感したのだ。
 クレナこそ、「ライバル」の名に相応しいトップトレーナーであるということに。

「でも、この防御力は突破できる?」

 レモーは二体目の手持ちの入ったモンスターボールを手に取り、投擲した。

「行けっ、セイドー!」

 レモーのモンスターボールから召喚されたポケモンは、バトルフィールドを浮遊しながら、「鐘」の音で鳴いた。 

「グオオオオオン……」

 青銅色の身体。
 銅鐸を想わせる、その外観。

//レモー選手、銅鐸ポケモン「ドータクン」を繰り出したぁ!//

 大変安易な種族名を持つドータクンは、その分類名の通り、まさに銅鐸に命が吹き込まれたようなポケモンである。
 どこか神秘的な雰囲気を醸し出すドータクンは、勝利と雨でテンションアゲアゲのオムスターを、ただただ静かに見下ろしている。

「ドータクン……」

 クレナはこれまで、レモーがドータクンを使っている試合を見たことが無かった。
 だが、その性質を図鑑で目にしたことはある。ドータクンは大変硬く、そして大変鈍重なポケモンであるのだと。 

「…………」

 ドータクンの巨体と重量には、地獄車のような格闘技を決めることはできないが、豪雨によって強化された水技ならばダメージを与えられる。
 そう判断したクレナは、オムスターに指示を出した。

「おむ奈、ハイドロポンプッ!」
「キィイッ!」

 オムスターは豪雨の中をすいすいと動き、ドータクンに水の大砲を直撃させる。
 豪雨で力を得たオムスターから繰り出される一撃に、ドータクンも呻き声と共に押し流されるが、鈍重な彼は水流から逃れることが出来ない。
 だがその状況で、レモーは不敵に笑い指示を出した。

「セイドー! トリックルームよ!」
「グォオオオンッ」

 ドータクンの眼のような文様が不思議な色を放ち、同時に、バトルフィールドは不思議な空間に包まれた。

//歪んでいます……空間が! スタジアムの!//
//放ちました。素早さを逆転させる、エスパータイプの大技トリックルームを! これは、レモー選手のドータクン!//

「トリックルーム……!?」
「ドータクンは鋼とエスパーの複合タイプのポケモン。「搦め手」が得意なのは、そっちばかりじゃないのよクレナ」

 トリックルームが発動した今、バトルフィールドの素早さ関係は逆転している。
 実況までもがおかしくなる摩訶不思議空間の中、鈍重な動きから一転し、テッカニン並みの速度と化したドータクンは、オムスターの水流から脱出し、彼女の背後に回り込んだ。

「さぁ、これからが本番よ! セイドー、ジャイロボールッ!」

 ドータクンは高速回転しながら突っ込んでくる。
 鋼の巨大な身体が高速で迫る。そんな冗談のような光景の中、動きを鈍らされたオムスターは反転が間に合わない。

「棘キャノン!」

 クレナはオムスターに迎撃を指示するが、破れかぶれで放たれた棘キャノンはジャイロボール、否、キャノンボールと言うべき鋼の塊に容易く弾かれる。回避できる速度ではなく、ドータクンに突っ込まれたオムスターは空高く跳ねあげ

られ、成す術なく落下した。

「キィ……」

 雨は上がり、オムスターのひび割れた巨大な巻貝から、へたりと全ての触手が伸びきってしまった。

//オムスター戦闘不能! 脅威の速度とその威力! ジャイロボールが決まったぁ!//
//自らの鈍重さを長所へと変えました! トリックルームで、恐るべきドータクン!//

 このトリックルームの状況下では、どんなポケモンでもドータクンに先手を取られ、あの質量攻撃を叩きつけられてしまう。

「……あのトリックルームを解除しないと」

 鋼タイプには、鈍重なポケモンが多い。
 ドータクンの放ったトリックルームは、レモーの鋼ポケモン達のサポートを兼ねている筈である。何にせよこの試合、トリックルームを破らない限り、クレナに勝機は無い。

「ここは、君しかいない!」

 クレナはエスパーシンボルのついたモンスターボールを手に取り、投擲した。

「頼んだよ、ジェントル!」
「ピィイイッ」

 召喚されたオーベムはふわりとバトルフィールドに降り立ち、クレナに念を送る。

『ワタシにお任せください、クレナ様!』
「何が来ても同じこと! セイドー、ヘビーボンバー!」
 
 レモーが指示を出すと同時に、ドータクンがオーベムの上空に移動し、落下する。

「ジェントル、トリックルーム!」

 だが、ドータクンのボディに押しつぶされる寸前、オーベムは攻撃から脱出した。
 オーベムが放ったトリックルームが、既に展開されていたドータクンのトリックルーム空間を逆転させ、素早さを元の関係へと戻したのだ。

//大技の大技返し! これは、エスパー対エスパーの対決だぁ!//
「もう一度逆転させるのよ、セイドー! トリックルーム!」

 トリックルームは大技であり、即座の連続使用は困難な技である。故に、オーベムは暫くトリックルームを放つことはできない。
 再び空間をねじ曲げ、逆転空間で今度こそオーベムを仕留めようとしたドータクンであったが、トリックルーム発動のために集中させた念が四散してしまった。

「……!?」

 ドータクンは困惑した。

 ―失敗する筈が無い。
 ―ドーミラーの頃から鍛え続けてきた技なのだから。
 ―それなのに、何故?

「……ピィイイッ!」
「!」

 その答えは、直ぐに分かった。

//ドータクン、トリックルームを発動できません!//
//これは金縛りではありません! オーベム、ドータクンのトリックルームを「封印」しています!//

 オーベムが放った妨害の念が、ドータクンのトリックルームの念を阻害しているのだ。

「セイドー……ここで引いたら、あのオーベムはどこまでも掻き乱してくる」
「グォオオン……」
「ここで倒すのよ。通せん坊!」

 ドータクンは再び上空に移動し、オーベム目掛けて落下をする。
 トリックルームに続き、ドータクンの技を封印した直後であるためか、息切れして動きの鈍ったオーベムに、ドータクンの銅鐸ボディがすっぽり覆いかぶさった。

「ジェントル!」
「これなら速度も関係ない。やりなさい、セイドー!」

 ドータクンは己のボディを両腕で激しく叩いて金属音を放つ。
 逃れる術の無い鋼の閉所空間で、脳を破壊するほどの金属音に苛まれるオーベムは絶叫して悶える。

「ピギャアアアアアアッ!」

 半狂乱でサイコショックの弾丸を乱射するオーベムだったが、ドータクンの鉄壁のボディには通用せず、拷問攻撃は止まらない。
 
 ―お前はここで終わりだ、ブレインポケモン。
 ―レモーお嬢の道は、私が守る。

 攻撃の念は何も通じず、オーベムはドータクンのボディを叩くが、ただ腕に痛みが伝わるのみである。

『……クレナ様っ……!』
  
 闇と大音量の中、オーベムは悲鳴を上げながらも、念を纏った腕で、ドータクンを叩き続ける。
 
『ワタシは……!』
『貴方を、絶対に……! 勝たせてみせる……!』

 やがて、体内でオーベムの動きが止まり、念の動きも停止したことを確認したドータクンは、胴体を打ち鳴らすのを止め、ゆっくりと上昇する。
 ずるりと崩れ落ちるように現れたのは、失神してしまったオーベムの姿であった。

「じぇ、ジェントル!」
//オーベム戦闘不能! な、何と言う恐ろしい戦法でしょうか!//

 クレナはオーベムを回収光線でモンスターボールに戻し、そのボールを両手で握りしめる。

//ドータクン、そのボディの特質を利用し、オーベムを体内へ封じ込み、戦闘不能へと追い込みました!//
//恐るべき鉄壁の要塞を前に、クレナ選手、巻き返しはなるか!?//
 
「…………」

 トリックルーム封じには成功したが、ドータクンは鋼の強度とエスパーの搦め手を操る強敵である。

「ありがとう、ジェントル」

 クレナはオーベムの入ったボールをカウンターに戻し、電光掲示板に視線を向ける。
 電光掲示板には、クレナとレモーの六体のポケモンの枠が表示されている。レモーは、今場に出ているドータクンを含めて残り五体。それに対して、クレナは残り三体であった。

「私は勝つよ。このバトル、必ず勝ってみせる」

 ズボンで手汗を拭ったクレナは、四体目のポケモンが入ったボールを手に取り、バトルフィールドへと投擲した。

「行けっ、ゴーマ!」
「ギュオオオオッ」

 召喚されたヨノワールは、バトルフィールドに降り立ち、ドータクンを黒い眼差しで見据えた。

//クレナ選手の四体目は、手づかみポケモンのヨノワールだぁ!//

「セイドー、ヘビーボンバー!」

 ドータクンはヨノワールを押し潰すべく、空中から降下するが、攻撃を避けたヨノワールは、その拳に霊的エネルギーを集中させた。

「シャドーパンチッ!」

 クレナの指示と共に、ヨノワールが霊的エネルギーを纏った拳をドータクンへと叩きこむ。

「ドータクンは、鋼タイプの中でも特に硬いポケモンよ。そんな攻撃は……」

 迎撃を指示しようとしたレモーだったが、彼女は目を見開いた。

「え?」
「グォオオンッ!」

 ドータクンの巨体が、鋼の身体が、ヨノワールの拳に圧されているのだ。
 
//ヨノワール、猛攻!//
//何という光景でしょうか! 格闘ポケモンでも突破が困難なドータクンのボディを、その拳で凹ませています!//
//いや、これは……!?//

 観客はざわめく。
 一方的に打ちのめされるドータクンは、まるで鋼の硬さを失ったかのようであった。

「……まさか、あのオーベム……!」

 レモーは気がついた。
 この異常事態は、先ほど倒したオーベムが、ドータクンの身体に技を施したことで引き起こされたものであると。

//ドータクン、防御力が著しくダウンしております!//

 術者と対象者、二者の防御力を平均化するエスパー技・ガードシェア。
 クレナの指示が届かぬ中で、オーベムは独断で技を行使し、ドータクンを弱体化させていたのだ。
 トリックルームが使えず、防御力も失ってしまったこの状況では、ドータクンはもはやサンドバッグである。

「交代よ、セイドー!」

 レモーはボールの回収光線でドータクンを回収しようとするが、それは敵わなかった。

「グォオ……!?」
「ギュオオオッ」

 ヨノワールの瞳の呪術により、ボールの回収光線が乱されてしまったのだ。

「ジェントルが作ったこのチャンス……絶対逃がさない」
//ドータクン! ヨノワールの黒い眼差しに妨害され、交代することができません!//
「決めるよ、ゴーマ!」

 ヨノワールは、大きな両手を堅く握りしめる。

「爆裂パンチ!」
「ギュオオオオーッ!」 

 ドータクンはサイキックを放って抵抗するが、全身全霊の力を集めたヨノワールのフィニッシュブローは念を突き破り、ドータクンのボディに直撃した。

「グォオオォッ!」
「セイドー!」

 鋼を砕き、エスパータイプの精神力さえ粉砕する、格闘攻撃・爆裂パンチ。
 弱体化したドータクンはこの一撃に耐えられず、バトルフィールドの端にまで吹き飛ばされ、昏倒してしまった。
 
//爆裂パンチが決まったぁ! ドータクン、戦闘不能です!//
//てづかみポケモン・ヨノワール! その巨大な両腕から繰り出される格闘攻撃は、凄まじい威力です!//

「……あのオーベム。最後まで邪魔をしてくれたわね」

 倒されたドータクンをボールに回収したレモーは、ドータクン入りのボールを労わる様に撫で、バトルスタンドに戻す。

「でも、クレナ。サポート役が居ない状況で……私の四体の鋼ポケモン達に勝てるかしら?」

 三体目の入ったボールを手に取ったレモーは、バトルフィールドに投擲する。

「行きなさい、ズール!」

 小柄な身体。
 つぶらな瞳。
 醜悪で、凶悪で、巨大な、大顎。

「グブァアアアア!」
 
 ボールから召喚されたポケモンは、大顎を振りまわし、咆哮する。

//レモー選手の三番手は、ホウエン名物、あざむきポケモン・クチートだぁ!//
「ギュ……」
//クチート、ヨノワールを威嚇しています!//

 クチートは、鋼の牙を有する大顎を激しく打ち鳴らし、威圧されたヨノワールは一歩後退した。

「恐ろしいでしょう? クチートの鋼の大顎は、大岩もを砕くんだから……」
「ゴーマ! 惑わされないで。本体はあんなに可愛いんだから!」
 
 クチートは、その可愛さと厳つさのギャップから、少女達の間で人気を博しているポケモンである。
 かつてクレナは、レモーに学生鞄につけたクチートキーホルダーを見せられ、教えられたことがある。
 「クチートの大顎は実は角で、本当の顔は可愛いこっちなの!」と。

「確かにクチートは可愛いけれど。鋼ポケモンの中でも、取り分け凶暴な種族なのよ」

 激しく打ち鳴らされる大顎の金属音に被さる様に、レモーの指示が飛ぶ。

「じゃれつくのよ、ズール!」
「グバァアッ!」

 クチートはヨノワールの身体に飛びかかる。
 キュートな瞳がヨノワールを見つめ、小さなおててが縋りつき、そして、醜悪な大顎が、霊の肉を引きちぎらんと噛みついた。

「ギュオオオオオオッ!」

 血を流し、苦痛に呻くヨノワールは、クチートを引き剥がそうとするが、クチートの牙は深くヨノワールの身体に食い込んでおり、外すことが出来ない。

「ゴーマ、鬼火!」

 外せないならば、相手から外さざるを得ない状況に持ち込む他ない。
 ヨノワールは手のひらに霊的エネルギーを集めて高熱状態にし、じゃれつくクチートに押し付ける。 

「グギャッ!」

 高熱に耐えきれず、クチートは拘束を解き、ヨノワールから距離を取る。
 好機を得たヨノワールは、追撃のシャドーパンチを放つが、

「鉄壁!」

 ヨノワールの拳は、大顎によって妨げられた。
 クチートは、硬質化させた自らの大顎を盾代わりにしたのだ。

「ギュオオアッ!」
「グバァアハハハッ……!」

 拳を傷めたヨノワールが呻く中、クチートはキュートな顔で醜悪に笑い、盾にした大顎を振り上げた。
 「不意打ち」の一撃はヨノワールの顔面を打ち上げ、ヨノワールは天を見る。

「さぁ、決めるわよズール!」
「グァバアッ!」
「アイアンヘッドッ!」
 
 レモーの指示と同時に、大顎をばねのようにしてクチートは宙を舞い、上空から勢いよく鋼の大顎を振り下ろす。
 対抗の術も間に合わず、ヨノワールの頭部にアイアンヘッドが直撃し、そのまま彼はフィールドに叩きつけられてしまった。

//クチート! フィールドを叩き割らんばかりの、アイアンヘッドを決めたぁ!//
「ゴーマッ!」

 クレナはヨノワールに呼びかける。
 
「ギ…ギュオッ……!」

 ダメージは重いが、ヨノワールはまだ戦闘不能には陥っていない。
 クチートの大顎に叩きつけられているヨノワールの腕は、まだ動いているのだ。

「グバァッハハ」

 クチートが大顎の下のヨノワールを嘲笑う中、ヨノワールは、両腕に力を込める。

「……ググァバ?」

 抑えつけている大顎が、押し戻される。
 クチートが目を見開いたその時、ヨノワールはバトルフィールドに拳を打ちつけ、局地的な地震を引き起こした。

「グァアアッ!?」

 激しい地震により、バランスを崩したクチートが仰向けに転倒する。
 そして、彼女の視界には、上空には、両腕に炎を纏ったてづかみポケモンの姿があった。
  
「ゴーマ! 炎のパンチッ!」
「ズール! 噛み砕けぇっ!」

 クチートは転倒しつつも、巨大な大顎を振り上げ、迫るヨノワールの腕に食らいつく。
 ヨノワールの片腕をその大顎に捕らえたクチートだったが、ヨノワールの攻撃は止まらない。彼は健在な腕で、炎を帯びた拳をクチートの本体に叩きこんだのだ。

「グバァアアアアッ!」
「ギュオオォッ!」

 身体を焼かれるクチートは大顎に力を込めるが、大顎に捕えた腕もまた炎を帯びており、鋼の牙が溶けていく。
 熱に耐えられなかったクチートは大顎を開き、解放されたヨノワールは、その大顎を両腕で掴んだ。

「あっ……」
「地球投げっ!」

 ヨノワールはクチートを捕えたまま天井近くまで上昇し、回転をする。

 一回二回三回四回転。

「グ、グバァアッ」

 五回六回七回八回転!

「ギュオオオオオーッ!」

 勢いを付けたヨノワールは急降下し、クチートをバトルフィールドへと叩き落とす。

「グ……グ……グバッ……」

 落下したクチートは大顎を支えに立ち上がろうとするが、彼女はずるりと倒れ、そのまま気絶してしまった。

//地球投げが決まったぁ―! クチート、戦闘不能です! //
//ヨノワールの二体抜きにより、両選手、残りポケモンはお互い三体となりました!//

「やったぁ! 凄いぞゴーマ!」
「……ギュ」

 クレナの賞賛に対し、素直では無いヨノワールはクレナを振りかえらずに、腕を組んでプイと顔をそむける。

「……追い込んだと思っても、すぐに巻き返されたわね」

 一方で、クチートをボールに回収したレモーは、試合前のクレナの言葉を思い返していた。


 ―今日、「ライバルの壁」は厚いぞってことを教えてあげるんだから―


「クレナ。私は本気で思っているの」
「私は、貴方に……」

 レモーは四体目のポケモンの入ったボールを手に取り、握り締めた。

「……絶対に、負けたくないって……!」

葉穂々 ( 2019/09/16(月) 04:09 )