クイタランとわたし




小説トップ
クイタランとわたし
29話:トップトレーナーになった日
「ストーン、ナックル、バランス、ダイナモ、ヒート、フェザー、マインド……そして、レイン」
「…………」
「ジムバッジ、確かに確認しました。ランク8昇格、そして今季ポケモンリーグの出場権獲得おめでとう、クレナイ・クレナさん!」

 ポケモンセンター職員は、クレナにバッジケースとトレーナーカードを返却する。
 緑から紫色へと更新されたトレーナーカードは、クレナはもはやビギナーなどではなく、トップトレーナーの一人になったことを証明していた。

「私は、本当に八個集めちゃったんだ、ジムバッジ」
「ぶも」
「ゆ、夢じゃないよね?」

 クレナはクイタランを振り返るが、帰ってくるのは相変わらずのジト目ばかり。
 夢が覚める気配もなく、どうやら夢ではないようだった。

「信じられないなぁ……」

 トレーナーカード更新手続きを終えた職員に礼を言い、ポケモンセンター内の宿泊室へと戻るクレナ。
 窓を見ると、既に日は落ち、星が瞬いていた。

「この街の月夜も、これで見収めだね」
「ぶもぉ」
 
 クレーターの街には数週間におよぶ滞在となったが、それも今日で終わり。
 名残惜しさは残るが、トレーナー修行推進制度を利用した無料連泊期間は限界に迫っている。
 後は、明日に予約している、港町行きのポケモンフライトタクシーを待つのみであった。

「バッジはちゃんと八つある。トレーナーカードも色が変わっている……」

 部屋に戻っても落ち着かないクレナは、バッジケースの中身を再確認し、更新されたトレーナーカードを財布から取り出して、その裏表を眺める。
 最後のジム戦を制したのは数時間前だが、彼女の頭は未だに冷めず、熱をもった状態だった。

「私、勝てたんだよね。あのジムリーダーに」
「…………」
「本当に、夢じゃないよね?」
「ぶもぉ」
「現実だよね?」

 クイタランは落ちつけと言わんばかりに、クレナの腕に触れた。

「ぶも」
「……うん。そうだよね。最後はくい太が、決めてくれたもんね」



 ポケモンリーグ出場を賭けた最後のジム戦は、厳しい戦いだった。
 初戦勝利など適わず、クレナは負けて、負けて、負けて、負け続け、連敗記録は最初のジム戦を上回ってしまった。

 油断したわけではない。
 無策で挑んだわけでもない。

 単純に、ジムリーダーが強かったのである。

 プロの中でも「トッププロ」だけが就くことができるジムリーダーは、チャレンジャーのランクによって、使用ポケモンを変更する。
 彼らはジム戦で、プロ公式戦でのフルメンバーを使用することは決して無いのだが……それでもランク8戦ともなれば、チャレンジャーは、ジムリーダーの「本気」の片鱗に挑むことになる。
 即ち、トッププロとして使用しているポケモンの一体が、切り札として繰り出されるのだ。

 そして、この街のジムリーダーが、ランク8戦の切り札として使用しているのは、水の龍キングドラ。
 水とドラゴンの二つのタイプを有するキングドラは、水のフィールドを縦横無尽に駆け巡り、嵐を呼び、クレナのポケモン達を次々に倒していったのだった。

 ポケモンバトルの祭典、ポケモンリーグはトップトレーナーのみが立つことが許される場。 
 その壇上に上がるためには、プロのポケモンを打ち破らなければならない。


 ―駄目だ、勝てない……!―

 
 数時間前も、クレナは前回、前々回、前々前回の挑戦と同じように、キングドラの前に窮地に陥っていた。
 戦えるポケモンは残り一体、クイタランのみ。
 テッカニンの技「日本晴れ」で、バトルフィールドを水タイプが不利な状況へと変えることには成功したが、いくら水技の威力が減少すると言っても、クイタランは水に弱い炎タイプである。 
 そして、キングドラは炎への強い耐性を持つポケモンであり、まともにやり合っては、とても勝ち目は無い。

 だが、召喚されたクイタランは、不安を隠せないクレナを振り返り、いつものジト目と共に一言鳴いた。

 ―ぶも―

 嵐を纏うキングドラへと相対する彼の背に、恐れは無い。
 クレナは己が握り締める、クイタランのモンスターボールを見る。
 相棒の証が、エースシンボルのコーデシールが、強い日差しに照らされて煌めいていた。

 ―さぁ、決着の時です!―

 ジムリーダーの指示と同時に、キングドラのハイドロポンプがクイタランを襲う。
   
 ―くい太ぁ!―

 弱気を振り払い、クレナは、クイタランに技を指示する。

 私たちは、弱くない。 
 ここで勝って、証明してみせる!
 
 クレナの意志と呼応するかのように、強い日差しを浴びるクイタランは両腕を突き出し、そして放った。
 水の大砲を撃ち抜く、巨大な光の束を。



「…………」

 それが、数時間前のこと。
 クレナのクイタランは、水しぶきを全身に浴びながらも見事キングドラを下し、勝利の栄誉と八個目のジムバッジをクレナに与えたのであった。 

「あ、そうそう。バッジ八個獲得したトレーナーは、ポケモン協会のホームページに名前が載るんだってさ」
「ぶもぉ」
「どれどれ……?」

 ベッドに腰掛けたクレナはポケナビを操作し、ポケモン協会ホームページへとアクセスする。
 該当ページを開き、スクロールしていくと……最下層に、「クレナイ・クレナ」の名前が確かに刻まれていた。

「載ってる載ってる」

 にやにやしてしまうクレナだったが、彼女はふと思い立ち、ページ内検索をかける。

「…………」

 キザクラ・レモー。
 リストの中腹付近に、ライバルの名はあった。
 登録日を見ると、どうやら彼女は最後にクレナと会った後、間もなく八個目のジムバッジを入手したらしい。

「いよいよだね、くい太」
「ぶ」
「ポケモンリーグだよ。私たち、最高峰の大会に出るんだよ」
「…………」
「とにかく、凄いことなんだよ。出られるだけでも名誉な大会なんだよ?」

 クレナはクイタランに、自分達が如何に凄いことを成し遂げたかを伝えようとするが、言葉のわからないクイタランに伝わるはずもない。
 彼はいつものように、クレナにジト目を送るのみである。

「信じられないな。数ヵ月前まで、私はポケモンリーグなんて、テレビの向こう側の存在だと思っていたのに」

 クレナは思い返す。

 実況と共に放送される、ポケモンリーグの生中継。
 台所でテレビを眺める、母の寂しげな後ろ姿。

 母は、何を想って試合を見ているのか。
 その背を見るのが、クレナは溜まらなく辛かった。
 
 だが、今度は違う。
 次のポケモンリーグの中継で母が観ることになるのは、去ってしまった父の幻影では無い。


「ねぇ、くい太。笑っちゃうよね。ポケモンバトルが嫌いだった私が、ポケモンリーグに出るなんて」
「ぶ?」
「多分、去年の私に話したら、ひっくり返ってるよ」

 そんな中、クレナのポケナビに着信が入る。

「あっ。電話……母さんだ」

 クレナはポケナビの受話ボタンを押す。
 同時にTV電話モードへと切り替わり、ポケナビの液晶に、クレナの母親の姿が映し出された。

『クレナ。元気?』
「母さん」
『ポケモン協会のホームページ。見ちゃったんだけど』
「うん。今日8個目を手に入れたんだ。私、今季ポケモンリーグに出るよ」
『凄い。おめでとう、クレナ! それにしても……まさか、貴方がポケモンリーグに参加するだなんて、流石に思わなかった』
「へへへ、実は、私も……!」

 クレナの母の声に反応したのか。
 クイタランが、画面を覗きこむ。

『くい太』
「ぶもぉ」
『相変わらず、元気そうね』
「今日のジム戦は、くい太のお陰で勝てたんだよ」
『えぇ? でも確かあのジムって、水タイプ専門でしょう? 炎タイプのくい太でどうやって』
「それがね……」

 クレナはよくぞ聞いてくれましたとばかりに、今日のジム戦の試合内容を語る。
 母親はその言葉に耳を傾けながら、娘の嬉しそうな表情を見つめた。

『…………』

 かつて、彼女の夫のユウゾウも、そんな顔をしていた。 
 彼は、諦めきれないポケモンマスターへの夢と、勝利への執着で、いつしかそんな笑顔など見せなくなってしまったが……
 クレナの表情は、旅に出たあの日と変わらない。
 とても良い笑顔だった。

『へぇ。クイタランは器用な種族だとは聞いていたけれど……そんな大技が使えるのね』
「…………」
『ねぇ、くい太』

 母親は、画面に見切れているクイタランへと呼びかける。
 呼ばれたクイタランは、ポケナビへとその顔を近づけ、クレナはその身を引いた。

『クレナを助けてくれてありがとう、くい太』
「…………」
『……どうか、ポケモンリーグでも、この子を支えてあげて』
「ぶも」

「あはは。くい太は、母さんの言葉がわかるのかな?」

 母親の頼みに返答するかのように鳴いたクイタランの顔を、クレナは覗きこむ。

「……くい太?」

 クイタランは、ただ見つめていた。
 画面越しの、クレナの母親の瞳を。彼にとって大切なものが、そこにあるかのように。
 
「…………」
「どうしたの、くい太?」
「……………………」

 クイタランは画面から視線を放し、クレナの脇で寝そべった。
 どうやら、もう電話は十分らしい。

「どうしたんだろ、くい太」
『くい太は、私に約束してくれたのよ』
「へ?」
『うふふ。なんてね……! ところでクレナ、一度家に帰ってくるの?』
「ごめんね母さん。ポケモンリーグ開催まであまり期間は空いていないし、シダケには戻らない。リーグにはミナモの船便で行くよ」
『そっか。わかった。私、応援しているわ』
「うん。また電話するね」

 クレナは電話を切り、脇で寝そべるクイタランを見下ろす。

「ねぇ、くい太」
「ぶも」
「あのさ」
「……ぶ」
「私、やっぱり旅に出て良かったよ」
「…………」
「母さんだけじゃない。大舞台で、「クイタランと私」の強さ、あのアイアントとレモーに見せてあげなきゃね!」
「ぶもぉ」


 画して、見事バッジ八個を獲得し、トップトレーナーの一人となったクレナイ・クレナ。

 彼女が挑むは、ライバルが待つ真剣勝負の大舞台……ポケモンバトルの殿堂ポケモンリーグ。
 「未来のポケモンマスター」の打倒を胸に、クレナは相棒達と共に、当地方ポケモンリーグ開催地である、花が咲き誇る南国の島を目指すのであった。

葉穂々 ( 2017/12/03(日) 13:16 )