クイタランとわたし




小説トップ
クイタランとわたし
26話:ダブルバトルで燃える今日

 この国最大規模のロケット発射場を有する島にて、ランク7のジム戦を後日に控える少女クレナは、2対2のポケモンバトルに勤しんでいた。

「サニィ、イッシィ、ロックブラストだ!」

 この島には魅力が多い。
 宇宙へ飛び立つロケット。銃の歴史資料館。美しい海に、海蝕洞窟。
 そして、ポケモンバトルの変則ルールである、ダブルバトル。
 通常のポケモンバトルと言えば1対1のシングルバトルであるが、この島に設置されているポケモンジムでは2対2のダブルバトルルールを採用している。
 それ故に、この島に集まるポケモントレーナーは、皆ダブルバトルでのポケモンバトルを行っており、クレナもまた例外では無かった。
 
「ゴーマ、シャドーパンチ! おむ奈は殻にこもって!」

 対戦相手のサニーゴとゴローンから連続して放たれる岩の弾丸に対し、クレナのサマヨールは霊的エネルギーを纏った拳で弾丸を叩き落とし、オムナイトはその身を殻に隠すことでダメージを軽減する。

「おむ奈、ゴローンに水鉄砲! ゴーマもゴローンに冷凍パンチ!」

 クレナは腕を振ってターゲットを指示し、殻から身体を出したオムナイトは水鉄砲の発射態勢に入り、サマヨールもその拳に氷結エネルギーを纏うが、

「……ジュオオッ!」

 面倒だ、とばかりにサマヨールは冷凍パンチを中断し、拳を地面に叩きつける。
 同時に超局地的な「地震」が発生し、その衝撃で、サニーゴ、ゴローン、そして味方であるオムナイトがその全身を強く打ちつけた。

「ちょっと、ゴーマッ!」
「な、何だよ、無茶苦茶しやがるなぁ!」

 地震攻撃は岩タイプに効果抜群であり、サマヨールの一撃によって、技を放った本人以外は全員戦闘不能となってしまった。
 この時点でクレナの勝利が確定したが、指示を無視して味方すら巻き込むサマヨールの戦法に対し、クレナは喜ぶわけにもいかなかった。

「ゴーマ。これはシングルバトルじゃないんだよ! こんなこと続けたら、勝てるバトルも勝てなくなっちゃうよ」

 倒れたオムナイトを抱えて、クレナはサマヨールへと抗議するが、サマヨールは「勝ったのに何が悪い」とばかりの態度であり、反省の色まるで無しである。
 
「ジュオ」
『そいつが弱いからだ、と言っていますね……』

 クレナに念を送るオーベムは、サマヨールの態度にやれやれと首を振る。
 ある程度クレナ達に馴染んできたサマヨールであったが、未だその傲慢な性質は変わっていない。

「何だ。そのサマヨール、言うこと聞いてくれないのか」

 倒れたサニーゴとゴローンをボールに収納した、同じ年頃である対戦相手のトレーナーが、クレナ達の様子を覗きこむ。

「そうなんですよ」
「アレだな。舐められてるんだよ。ここは一発、ガツン! と分からせてやった方が良いぞ」
「ガツンと、って……」
「身内バトルでコテンパンにしてやるんだよ。必要なことだぜ」

 そうは言えども、サマヨールはクレナの手持ちの中でも一番の実力者である。
 彼をコテンパンにするのは中々難しいだろう。
 トレーナーの助言にうーん、と唸るクレナであったが、

「リィン!」
「ジーッ!」

 腰のボールホルダーにセットしている二つのモンスターボールが勝手に起動し、フリージオとテッカニンが現れた。

「わっ!」
「リリリィン!」

 フリージオは鈴の音を鳴らしながら、サマヨールの前へと進む。

「りじ夫」

 想いを寄せるオムナイトを傷つけられた怒りからか、フリージオはやる気である。
 今の彼ならば、サマヨールをガツン! と分からせてやることができるかもしれない。

「ジィーッ!」

 だが、そんなフリージオの顔面を、ガツン! と爪の一撃が襲った。

「リィン!?」
「ジジィーッ!」

 テッカニンがフリージオを引っ掻いたのだ。
 引っ込め、お前の出番は無いとばかりに、テッカニンはフリージオに強く鳴く。

「じ、ジーン」
「ジーッ!」

 涙目のフリージオを余所に、テッカニンは爪を構え、サマヨールと相対する。

『ジーンにとって、おむ奈は妹分ですからね。彼女、りじ夫以上にやる気ですよ』
「な、なるほど。よし、ジーン! 一緒にゴーマにガツン! と分からせてやろう!」

 テッカニンに指示を出そうと息を吸うクレナであったが、

「ジィーッ!」
「ひゃっ!」

 彼女もまた、テッカニンの怒りを含んだ鳴き声を浴びせられた。

『む、虫の言葉はわかりませんが……手出し無用ってところでしょうかね』
「待ってよ、ジーン。それじゃまるで決闘みたいじゃない。これは、あくまで身内バトル……」

 テッカニンは問答無用とサマヨールへと突っ込んでいき、サマヨールもまた、拳に氷結エネルギーを纏ってテッカニンを迎え撃つ。

「ちょっと、止めなよ!」

 二体のポケモンはクレナの指示を受け付けず、完全な私闘が始まってしまった。
 テッカニンをボールに戻そうとしても、サマヨールが黒い眼差しを使用したのか。暫くはボールへの回収ができない状況となっていた。

「り、りじ夫。何とかできない、この状況!?」
「リィイイン」

 クレナの呼び掛けに、呆然としていたフリージオは正気に戻ってバトルフィールドへと飛び込むが、ポケモンである彼はクレナの言葉を勘違いしたのか。
 
「リィイインッ!」
「ジュオッ」

 フリージオはテッカニンに加勢するかのように、サマヨールへと冷凍ビームを放ったのだった。

「いやいや、違うよりじ夫! バトルを止めて欲しいんだよ!」
「もう終わるまで見てたら良いんじゃねえの……?」 

 対戦相手のトレーナーはクレナに観戦を勧めて座り込んでいる。

「意外と、良い機会かもしれないぜ」

 サマヨールはやる気のフリージオとテッカニンに対し、「二体纏めて相手してやる」とばかりに、くいくいと指を動かしている。

「……あぁもう。どうなっても知らないんだから!」

 クレナはクイタランをボールから呼び出し、彼とオーベム、そして目を回したままのオムナイトと共に座り込んだ。

「いざとなったら一緒に止めてね、くい太」
「ぶも」

 かくして、トレーナー抜きの1対2の変則ポケモンバトルが始まったのである。
 
****

「ジィーッ!」
「リィイイッ!」

 テッカニンとフリージオは素早いポケモンである。
 彼らはサマヨールに攻撃の隙を与えまいと、その素早さを持って技を放つが、サマヨールは彼らへの対処法を有していた。

「ジュオオオッ!」

 どのように素早いポケモンであろうとも、己に追従する影からは逃れられない。
 ゴーストタイプならではの呪術か、サマヨールが拳を突き上げると同時に、フリージオとテッカニンの影から黒い拳が伸びた。

「おおっ。あれは影打ちだな。問答無用で先制攻撃する技だよ」

 だが、所詮は実態を持たない拳。
 物理攻撃への耐久力が低いフリージオとテッカニンであったが、影打ちは彼らを一撃で倒すほどの威力では無かった。

「ジィーッ!」

 影打ち攻撃を受けながらも、テッカニンはサマヨールの身体へと爪を振り下ろす。

「ジュオオッ!」

 だが、その一撃をサマヨールは両手で受け止めた。
 これぞ真剣白刃取りである。

 テッカニンは激しく鳴きながら拘束を脱しようとするが、サマヨールはテッカニンを逃がさず、そのまま両手に氷結エネルギーを集めていく。
 彼女の爪を掴んだまま、冷凍パンチで凍らせようとしているのだ。

 だがその前に、サマヨールに迫ったのは回転する結晶体である。
 
 サマヨールはテッカニンを投げ捨て、腕を交差させてガードするが、フリージオの辻斬りは彼の胴体にまで食い込んだ。

「悪タイプの技はゴーストに効果抜群。効いているぞ」

 サマヨールは押されながらも、シャドーパンチでフリージオを弾き飛ばす。
 体勢を立て直すフリージオだったが、そんな彼に強い鳴き声が浴びせられた。

「ジジィーッ!」

 助けられたというのに、テッカニンは明らかにフリージオに怒っている。
 どうやら気高い彼女は、サマヨールとの戦いに水を差されたと考えているようだった。

「リィイイイン」

 だが、今度はフリージオもひるまない。
 彼は虫の騎士の怒りの声に対し、鈴の音で返答した。

「ジェントル。りじ夫が何て言っているかわかる?」
『ゴーマ君を懲らしめたい気持ちは僕も同じ。協力しましょうジーンさん……と言っていますね』

 だが、テッカニンはフリージオの言葉を無視し、再び単独でサマヨールへと突っ込んでいく。
 サマヨールはそんなテッカニンに再び影打ちを放ち、彼女の身体を宙に弾き飛ばした。

「ジュオオオオッ」

 接近したサマヨールは、氷結エネルギーを込めた拳を直接テッカニンに叩きつけようと、腕を振りかぶる。 
 だが、彼の拳を受け止める者がいた。

「リィイ!」
「ジッ!?」

 フリージオがテッカニンとサマヨールの間に割って入り、リフレクターを展開したのである。
 だが、いくらリフレクターが張られているとはいえ、フリージオの物理耐久は低い。

「ジジッ!」

 何をしている、お前が倒れてしまうぞ、とばかりにテッカニンがフリージオに鳴くが、フリージオは叫んだ。

「リリリィ!」
『僕たちのダブルバトルを見せてやりましょう、と言っていますね』

 流石のテッカニンも、フリージオの身を呈した主張を無碍にはできなかったのか。
 
「…………」

 フリージオに守られることを受け入れた彼女は、静かに舞った。
 激情を力に変える戦陣の踊り、剣の舞を。

「ジュオオオッ!」
「リイイッ」

 遂にサマヨールはリフレクターもろとも、フリージオの身体を地に叩き落とす。
 だが、その瞬間、

「……ッ!」
「ジッ」

 攻撃力を高めたテッカニンの一撃が、サマヨールの脇腹を裂いたのであった。
 
「おおっ。お前のテッカニン、辻斬りが使えるのかよ」
「そんな技、覚えてなかったのに……もしかして、りじ夫を真似したのかな」

 効果抜群の一撃は重く、倒れるサマヨールは、呻きながら地を掴んだ。
 シングルバトルならば、決して遅れは取らない。だが、フリージオが盾となり、テッカニンが剣となった今、サマヨール単体では処理が追い付かない。

 ―こちらにも、味方がいれば……

 ふと過ぎった考えに、サマヨールは目を見開く。
 自分は今、何を考えたのだ? と。

「ジュオオオオオオッ!」

 サマヨールは認めない、とばかりに叫び、紅の目を光らせテッカニンに術を放つ。

「ジッ……!」

 サマヨールの脇腹の傷が浅くなり、代わりにテッカニンの身体に傷が増える。
 ゴーストタイプの技「痛み分け」である。

「……ジュオオオオ……!」

 まだバトルに負けたわけではない、と身を起こしたサマヨールが構える。
 だが、そんな中、

「キィッ!」
「ジュッ?」

 サマヨールの脇に、一体のポケモンが現れた。
 
「お、おむ奈!」

 目を覚まし、バトルフィールドに飛び込んだオムナイトであった。
 
「キキキィ!」
「ジ、ジュッ……?」  

 困惑するサマヨール、そしてテッカニンとフリージオを余所に、オムナイトはやる気満々で触手をうねらせている。

『お待たせゴーマ! 後は任せて! って言っていますね……』
「ひょっとして、さっきまでゴーマと組んでいたから、それがまだ続いていると思っているんじゃ」

 飛び出したオムナイトを止める間もなく、彼女は水流を上空へと放射した。
 水鉄砲では無い。それは、波だった。

「キィイイイッ!」

 彼女の小さな身体のどこから、ここまで大量の水が出てくるのか。
 これぞポケモンの不思議であるが、ともかく現実として……オムナイトは自らが生成した波に乗り、

「リィイイ!?」
「ジジィーッ!?」

 対戦相手であるフリージオとテッカニンに突撃した。

「ジ、ジュオオォ……!」

 味方である、サマヨールを巻き込みながら。

「何と言うかさぁ」
「はい」
「お前のオムナイト。将来有望だけど、ダブルバトルには出さない方が良い気がするよ」

 水技「波乗り」は見事に炸裂し、オムナイトがオムデー・ナイト・フィーバーポーズを決める。
 その一方で、波が引いたバトルフィールドには、三体の戦闘不能ポケモンが打ち上げられていた。 

「わ、私もそんな気がします……」
「……ぶもぉ」

葉穂々 ( 2017/09/03(日) 11:46 )