クイタランとわたし




小説トップ
クイタランとわたし
19話:不思議な結晶ポケモン
 伝説のポケモン「レジアイス」と勘違いして、結晶ポケモン「フリージオ」を捕獲した少女クレナ。
 その誤解は解けたが、フリージオは不思議が一杯の生き物であり……クレナは彼と共に過ごすことで、ポケモンの奥深さを目の当たりにすることになった。



 ―クレナ・メモ:フリージオの食生活―

「え、肉食?」

 クレナがまず驚いたのは、フリージオの食生活である。
 「巨大な氷の結晶」と形容できる身体を持つフリージオだが、その生命の維持に必要なものは、水、そして肉であるというのだ。
 
「どうやって食べるんだろう」

 クレナはポケモンセンター職員からのアドバイスを受け、購入したケンタロスの切り身をフリージオに差し出したところ、フリージオは器用に氷の鎖で肉を絡め取り、口元へと運んだ。
 
 この氷のボディの中に、胃袋があるのだろうか?
 排泄はするのだろうか?

 そんなことを考えていたクレナであったが、フリージオはやがて、口元から凍りついた物体を取りだした。

「なるほど。食虫植物みたいなものなんだね」

 それは、養分が吸い尽くされ、カラカラのカサカサになった肉の残骸であった。

 後に読んだ資料によると、野生のフリージオは、獲物を氷の鎖で仕留めた後に、鋭利な氷の身体を利用し、食べやすいサイズに切り取って捕食するとのことであった。
 フリージオの身体が冷たい氷でできているのも、鋭利な身体を持っているのも、それは彼らの種族が生きるための「進化」であったのだと、クレナは悟った。
 


 ―クレナ・メモ:フリージオとのスキンシップ―

 氷の身体を持つフリージオに直接触ってしまっては、霜焼けは免れない。
 特にフリージオの身体から伸びる氷の鎖は、マイナス100℃に至るのだ。

「そりゃあ、こうなるよね……」

 うっかりフリージオに素手で触れて痛い目に遭ってしまったクレナは、トレーナーショップへと立ち寄った。
 氷タイプのポケモンは、少なからず身体に氷で出来た部位を持つ種族が多い。
 氷タイプポケモン用のグッズコーナーへ向かうと、そこにはクレナの予想通り、スノーグローブが用意されていた。

 氷ポケモン専用グローブはクレナのお財布泣かせの値段であったが、背に腹は代えられない。
 覚悟を決めて、好きな色である紅のグローブを購入したクレナは、改めてフリージオと向き合った。 

「りじ夫、今度は大丈夫だよ」

 グローブを着用したクレナは、「りじ夫(お)」という安易な名前を与えられたフリージオに手を伸ばし、ちょん、とその身体に指先で触れる。
 だが、フリージオはリィン、と美しい鈴の音で鳴き、その身をよじった。

「ありゃ?」
『ふぅむ。どうやら彼は、照れ屋さんなようですね』

 様子を見ていたオーベムの念が、クレナに送られる。

「照れ屋さん……」 
「リリィン……」

 フリージオは、氷の鎖を揺らしながら、恥ずかしそうに鳴いた。



 ―クレナ・メモ:消えたフリージオ―

 それは、正しく熱戦だった。

 「炎の抜け道」と呼ばれる、歩いているだけで汗が出る洞窟で挑まれたポケモン勝負に、クレナはフリージオを繰り出した。
 対戦相手はクレナと同じくバッジを4つ保持しているトレーナーであるらしく、彼が呼び出した「バクーダ」は、強力な炎技を操るポケモンであった。
 熱気と冷気のぶつかり合い。
 相性の悪い戦いであったが、勝利したのは、クレナのフリージオであった。

「やった、流石りじ夫!」

 バクーダが倒れ込み、クレナは立ちこめる水蒸気の中、フリージオへと賞賛を送る。

「リィイイイン」

 フリージオの声も嬉しそうに応えるが、水蒸気が晴れたとき、そこにフリージオの姿は無かった。

「あれ。りじ夫?」

 きょろきょろと周囲を見回すも、どこにもフリージオは見当たらない。

「え? あれ?」

 氷タイプのシンボルマークが貼られたボールを確認するも、当然のごとく空である。

「どうしたんだ?」
「あの、その、フリージオが見当たらなくて」

 手持ちを総動員させて探すが、フリージオは見つからない。
 対戦相手のトレーナーも一緒に探してくれたが、どこにもフリージオの姿は見当たらない……

「まさか。と、溶けちゃったんじゃ……」
「い、いやいや。そんな後味悪いこと言うなよ。アイツ、俺のバクーダの炎技にも耐えてたじゃないか」

 ここにいても仕方が無い。
 一先ず、近くの街まで行って、ポケモンセンター職員に相談しよう。

 そうトレーナーに諭された涙目のクレナは、彼と共に洞窟の出口に向かった。
 熱い洞窟を抜けた途端、涼しい風がクレナを包む。

「リィン」
「あ」

 涼しい風は冷たい風へと代わる。
 行方不明のフリージオが、もじもじとクレナの前に現れたのだ。

「り、りじ夫〜!」
「何だ何だ、どこから出てきたんだ!?」

 フリージオに手を伸ばすクレナと、突如現れたフリージオに仰天するトレーナー。
 フリージオの失踪と、突然の出現。
 ポケモンセンターに辿りついた彼らが職員に尋ねたところ、職員はにこやかに回答をした。

「フリージオはね。体温が上がると、水蒸気となって姿を消して……体温が下がると、また元の氷のボディに戻るのよ」 
「ええっ。で、ですけど、バトル中は水蒸気にはなりませんでしたよ?」
「うーん……気合いの問題じゃないかしら?」

 水蒸気になったり、氷になったり。
 フリージオはどこまで不思議な生命体なのだろうか。
 出会ったトレーナーと共に、「ふーむ」と息をつくクレナであった。


 
***



「これで五体目。旅も賑やかになったなぁ」

 名物の温泉饅頭を食べながらベンチに座るクレナは、目の間で寛ぐ五体のポケモンを見渡す。

 クイタランの、くい太。
 オーベムの、ジェントル。
 テッカニンの、ジーン。
 オムナイトの、おむ奈。
 そしてフリージオの、りじ夫。

 ポケモンリーグで勝ち進むと、六体のポケモンを使用したフルバトルルールでの試合となる。
 クレナとしては、後一匹、ポケモンを捕まえたいと考えていた。

「それにしても。りじ夫、君には性別が無いって本当?」
「リィイイ?」

 クイタラン、オーベムはオス。そして、テッカニンとオムナイトはメスである。
 だが、ポケモン図鑑によると、フリージオの種族には、雄雌の違いがどこにも無いとのことであった。

「キィ!」
「リリッ……」

 そんな中、オムナイトがフリージオへとフレンドリーに挨拶をする。
 フリージオは驚いて「くるり」と一回転をし、もじもじと氷の鎖を揺らす。

「ピピィ?」
「リ、リィ」
「ピピピピィ?」
「リリィン!」

 その様子を見ていたオーベムは彼に声をかけるが、フリージオは氷の鎖でオーベムを軽く突き、威嚇した。
 
「どうしたのジェントル」
『ふふふ。どうやら、彼は……』
「?」
『おむ奈のことが気になっている様子です』

 紳士たるオーベムは、案外この類の話が好きであったのか。
 オムナイトを「ちらりちらり」と見つめるフリージオの姿に、オーベムはピフフと笑った。

「……ふむふむ」

 クレナが改めてフリージオとオムナイトを観察すると、確かに、フリージオはオムナイトのことが気になっている様子であった。
 だが一方で、オムナイトの少女は誰にでもフレンドリーな個体であり……特に脈はなさそうであった。

「うん。正解だった」
「ぶも?」

 なんのこっちゃと視線を送るクイタランに構わず、クレナは一人満足し、うんうんと頷いた。

「やっぱり、「りじ夫」にして良かったよ。名前」



 フリージオの、りじ夫。
 生き物とはかけ離れた身体を持つ彼であるが……彼は、確固とした心ある生命体であり。
 ちょっと照れ屋な、ポケットモンスターなのであった。 

葉穂々 ( 2017/03/25(土) 09:36 )