クイタランとわたし




小説トップ
クイタランとわたし
13話:絶滅種との対面

 化石研究所支部の待合室にて、新人トレーナークレナはポケモン達と共に時間を過ごしていた。

『このジェントル、人間のテクノロジィには驚愕するばかりです』
「うん。何というか……緊張しちゃう」

 化石からの絶滅種ポケモンの復元。
 研究所職員に化石を渡し、指定された時間に受け取りに来たクレナであったが、工程に時間がかかっているらしく、彼女は案内された応接室で待機しているのであった。

『緊張ですか』
「うん。だってさ……よくよく考えてみれば、やっぱり良くないことのような気がしてさ」

 好奇心でマニアから化石を受け取り、研究所に化石の復元を依頼してしまったクレナであったが、彼女は今頃になって不安感に包まれていた。
 化石からの復元。屍からの再生。
 それは、死と生を逆転させる行為であり、生命の操作を意味している。
 果たしてそれは、少女の好奇心一つで行って良いものだったのだろうか……?

『確かに、クレナ様が不安に思うのも仕方がないことかもしれませんね』

 クレナにウォーターサーバーから汲んだ水を差し出すオーベムは、同意するように頷いた。

『死とは、本来絶対的なものですから』
「ジェントル」

 言葉を交わす前に亡くなってしまった、憧れの人間の紳士のことを思い出したのだろうか。
 彼は小さくピィと鳴いた。
 
「ぶ」
「ピヒィ?」
「ぶもっ」
「ピヒャッ!」

 そんなオーベムの頭部を、クイタランは愛想悪く小突く。

「ジェントル、くい太何て言ってるの?」
『……「生まれてくるものを恐れてどうする」だそうです』
「ぶも」
『「笑顔で迎えてやれ」だそうです……意見は正しいですが、自分の無愛想な顔を見てから言ってほしいものですね!』

 クイタランは、クレナの顔を見つめている。
 彼なりにクレナの不安をほぐそうとしているのだろうが、相変わらずのジト目と無愛想さである。
 それが妙に可笑しく、クレナはつい吹き出してしまった。

「あははっ」
「ぶも?」
「ははは。そうだよね。そうだよね、くい太」

 クレナはクイタランに背中に腕を回し、身体を預ける。
 炎ポケモンのクイタランの身体は熱がこもって温かく、クレナの不安をかき消してくれる。

「……くい太、今度シャワーしようね。ちょっと臭いよ」
「ぶ」

 苦手な単語に反応し、クイタランが顔をしかめたそのとき、館内放送が入った。


//番号札21番でお待ちのクレナイ・クレナさん。化石の復元が完了しましたので、受付までお越し下さい//


「よし、じゃあ会いに行こうか、化石ポケモンに!」





 化石研究所職員の仕事は化石からポケモンを蘇らせ、ボールに収めるまでである。
 受け取りは実に事務的で、化石ポケモン入りのモンスターボールを渡されるのみであった。
 
「以降の責任は一切負いかねる、だってさ。やっぱり、いきなり襲われることもあるんだろうね」

 クレナは水場のある公園に訪れ、両手で化石ポケモン入りのモンスターボールを包んでいた。
 化石から復元されたのは「オムナイト」という水ポケモンであるということは職員から聞いていたため、水のある場所にやってきたのだ。

「ジィー」
「ぶもん」
「ピィ」

 クレナとボールを見つめるのは、彼女のポケモン達である。
 化石ポケモンを笑顔で迎えると心に決めたクレナであったが、やはり念には念を入れ、襲われた場合即座に対応できるように、手持ちの全員を外に出したのである。

「よし、開けるよ」

 開閉スイッチを押そうとするクレナであったが、スイッチに指先を触れては引っ込め、触れては引っ込めを繰り返している。
 この期に及んで、クレナは緊張しているのだ。

「ジィー!」

 そんなクレナを見かねたのはテッカニンである。
 せっかちな彼女は、クレナを急かすように旋回をした。

「じ、ジーン。ちょっとまって、今直ぐ押すから」
「ジィーッ!」
「わぎゃ!」

 テッカニンはクレナの背中に張り付き、その勢いでクレナの指先はボールのスイッチを深く押し込んでしまった。

「わわわわわわわ」

 ボールが開くが、同時に、体勢を崩したクレナの身体は前方へと倒れていく。
 倒れるクレナを受け止めようとクイタランが走り、オーベムがサイキックを使うが、

「ピー!……ヘクショッ」
 
 間の悪いことに、オーベムは念力を発動させようとした瞬間に「くしゃみ」をしてしまい、念力のベクトルを狂わせ、自分へと向けてしまった。
 慌てたオーベムは身体の制御が不能となり、ロケットのようにクイタランへと突っ込んでいく。
 
「ピヒャーッ!」
「ぶもぉっ!?」

 背中からオーベムの「ロケット頭突き」を受けたクイタランは、オーベム共々派手に転倒してしまった。
 もはやクレナを支える者はなく、哀れ彼女の顔は泥まみれ……



「キィ」



 ……とはならなかった。


 ぐるりとした大きな巻き貝。つぶらな瞳。ぬるぬるぐちょぐちょの触手。


 絶滅種である渦巻きポケモン「オムナイト」が、クレナの顔面を受け止めたのであった。

「ぐ、ぐちょぐちょ……だ」
「キィ!」

 オムナイトはクレナの顔を覗き込み、触手の一本を掲げてうねらせる。

「じぇ、ジェントル……なんて言っているか、わかる?」
『……え、えぇと。「やあ! 元気?」と言っていますね』

 泥まみれは免れたが、粘液まみれ。

「たはは……」

 元気な挨拶とうねうね動く触手に包まれながら、クレナは苦笑いをした。

葉穂々 ( 2016/12/03(土) 17:58 )