ポケモン不思議のダンジョン ヒノとゴロ2人の冒険 - 第一章 2人の出会い チームヒノゴロズ結成
09
〜ギルド入口〜       はぁ、はぁ、や、やっと着いた。       この俺ヒノは、とても疲れていた。人間からポケモンになったばかりだというのに慣れないバトルをし、そしてギルドまで走らされたのだ。疲れないほうがおかしい。       あ、ヒノあれ!あの穴が怖くて。       よく見ると穴に網が張ってある。多分どんなポケモンが乗っても落ちないようになっているんだろうけどもなんか不気味だ。       じゃ乗るよ。       ゴロが緊張した様子で穴に向かって足を進めた。       ポケモン発見!ポケモン発見!       誰の足型?誰の足型?       足型はミズゴロウ!足型はミズゴロウ!       ひゃあ!!!!でも頑張らないと。       よし。そばにもう1匹いるな。お前も乗れ。       多分、ヒノのこと言っているんだと思うよ。       わかった。       そして俺は穴の上に乗った。       ポケモン発見!ポケモン発見!       誰の足型?誰の足型?       足型は足型はえ〜と・・・・多分ヒノアラシ!多分ヒノアラシ!       なんじゃい多分って!!!!しっかりしろーい!!!!       だって〜全然見かけないポケモンなんだもん。       一応合っているのだけどなあ。       そんなことを思いながら俺は穴の上に立っていた。そしてしばらくして       まぁ確かにこの辺ではヒノアラシは見かけないが怪しい人物ではなさそうだ。入るがいい。       ガガガガガガガ!       そして入口が開いた。       うわ〜!!緊張しているせいかとても驚くよ!まぁとにかく入って行こう!       そして俺達は、プクリンのギルドに入って行った。

■筆者メッセージ
今回も読んでくださり本当にありがとうございます。次回は、ヒノ達がチームを結成します。
リザードン ( 2014/07/13(日) 13:35 )