第一章 2人の出会い チームヒノゴロズ結成
07
ケケッ!毒ガス攻撃!!       ブシュ〜!!       毒ガスが俺達に向かって飛んで来る。俺はその攻撃をかわすことができたがゴロは、その攻撃を喰らってしまった。       うぐぅ!ゴホッゴホ!!       大丈夫かゴロ!!       どうやらこれ以上戦うのはとても厳しそうだ。       大丈夫・・・・僕のことは気にしないでヒノは、ドガースを・・・・ってあれ?ヒノ・・・・手に持っている種は何?       そういえば種を拾っていた。すっかり忘れてた。       ここに来る途中に拾ってたんだ。       ナイスだよ!ヒノ!それは爆裂の種という道具だよ!それをドガースに向かって投げるんだ!!       わかった。       そして俺は爆裂の種を投げた。       ピュ〜ドカン!ドカドカドカーーーン!!!!!       ぐへっ!!       バタン       マヌケな鳴き声をして倒れるドガース。それは俺達の勝利を意味していた。そして・・・・       ピュ〜ポト       ゴロの大切にしていた宝物が落ちてきた。       あ!!それは!!       ほい。       俺はゴロに宝物を渡した。       うわ〜!!ありがとうヒノ!!君がいてくれて本当に助かったよ!さあ、早くここから出よう!       そして俺達は、出口に向かって歩きだした。

■筆者メッセージ
今回も読んでくださり本当にありがとうございます。次回は、海岸に戻り少し会話。
リザードン ( 2014/07/03(木) 18:13 )