赤い色のロコン
赤い色のロコン
 あなたはひとりぼっちじゃない

 味方はきっと近くにいる。

 哀しいことなんて何もない

 いつかきっと 居場所が見つかる

 青い空の下には 幸せになれる所がある

 
 送り火山の隣にある、うっそうとした森の中で、一匹のロコンが歩いていました。
 六つにわれた尻尾をゆらし、がくがくする足を懸命に動かし、踏んだ落葉の悲鳴を晒させつつ、表情を曇らせてうつむき、ときおり深いため息を吐き、ただひたすらに、一つのことを考えておりました。これから、嫌なことが起こる。どうしたらそれを、回避できるか。もしくは、被害を抑えられるか。それについて、考えていました。しかし、一向に結論が出ません。彼の思考は、ぐるぐると同じ所を回るだけ。   
 ロコンが進んでいる、文字通りのけもの道。そこには、いあいぎりでは切れない太木が、所せましと立ち並んでおりました。木々はたくさんの葉を身にまとい、ひざしが降りてくるのを防いでおり、森の内部は夜とみまがうほど、とても暗くなっていました。まるでロコンの心情を、表しているかのようでした。それでは、ときおりどこからか風がふき、葉が一斉にざわめくのは、ふるえる彼の心の投影でしょうか。
 ふいに背後から、落葉の悲鳴が聞こえてきました。どうやら二種類あるようで、そしてちょっとずつ近づいてきて、ロコンは体をびくっとさせました。でも振り向くことはしません。予想がついていたからです。諦めがついていたからです。それでも、恐怖心は依然としてあるどころか、どんどん増幅する一方なので、彼はくるりと巻いた頭毛の下に汗を浮かべ、さらには小走りになっていました。森の入り口側から、冷たい風がふきました。枝に張りついた葉はどよめいて、落ち葉は何枚か飛ばされました。  
 次のことです。ロコンの体は、逆さまの状態で宙に浮いていました。
 後ろから現れたのは、二匹のロコン。彼と共通の種族です。ですがこの二匹、彼とは明らかな違いがあります。彼は体の色が赤いのに対し、翻って二匹は黄色いのです。
 ロコン達はくすくすと笑いつつ、赤いロコン――ここから区別するために”赤いロコン”と表記しますー―を追い抜かし、先へ行ってしまいました。
 彼は倒れた状況のまま、深くため息を吐きました。もう何回やられたことか。彼は歩行しているとき、必ず後側から体あたりされます。 
 独り残された赤いロコンは、少しの間ぽつんと横になっていました。地面の中から追い出され、ありかを間違えた木の根の上にです。



 森を抜けると、そこには草原がありました。
 草原は、気持ちが良さそうな所です。黄色いタンポポや、青いヤグルマギク、赤いヒナゲシ、そして名もなき雑草も、赤茶けた地面を豊かに飾っています。心地良い風が度々吹き、生き物の頬を優しくなでます。森の中とは正反対で、まぶしい太陽のひざしが、まっすぐ地上まで行き届いています。そして草原にちょうど良い温度を与え、かつ暖かい雰囲気も作り出します。草原の中心にある長い川には、綺麗な水が止めどなく流れています。水は光の粒子を反射させ、きらきらと輝きを放っています。
 草原には、多くのポケモンがいます。キリンリキの群れがずらりと横に並び、長い首を下に曲げ体を若干引きながら、おいしそうに川で水を飲んでいます。イルミーゼとバルビートが仲良く手をつなぎ、互いにちょいと頬を赤らめながら、無邪気に低空を旋回しています。草原の奥の方では、ジグザグマ達が太い枝を、走りながらけり草で作った籠に入れて遊んでいます。彼らはジグザグにしか動けないので、少々やりづらそうでしたが、その遊びはとても楽しそうです。
 ポケモン達の様子から分かるように、ここは大変暮らしやすいところでした。まさしく、楽園と言うべき場所なのでしょう。
 けれども彼にとって、赤いロコンにとって、ここは地獄とも言うべき場所でした。
 曇らせた表情のまま草原に辿り着き、彼は虚ろな目で空を見上げていました。そしていつの間にか、六匹のロコン達に囲まれており、どこにも逃げ場がなくなっていました。ロコン達は、誰とも目を合わさないように下を向いている異端者を見て、おなかの底から声を出して笑い、ひどく興奮して尻尾をゆらしていました。 
 笑い声がぴたりと止み、つかの間の静寂が走った後、ロコンの中で最も目つきの鋭い一匹が、赤いロコンの後ろ足をおもい切りけりあげました。けられた標的は悲鳴を上げてその場に倒れ、苦痛に顔を歪め涙目になりました。そしてそれから黄色い化け物(モンスター)達が、一瞬の休息の暇も与えずに、おおよそ可愛らしい外見に似つかわしくない行為を、次から次へと順番にしてきました。後方から鋭利な歯で強くかみついたり、遠くから助走をつけて体あたりしたり、正面から鋼鉄のごとく硬くした尾を振り回したりしてきました。また、特に何もせず囃し立てている者もいました。
 赤いロコンはやり返したりせず、もう止めてという懇願さえもすることはなく、迫りくる猛攻を懸命に耐え続けているだけでした。けれども、心の中では必死に抵抗を試みてはいました。
 しばらく時間が経過した後です。”のどか”な草原の端っこで、本当の意味での瀕死に近い狐が、小さく横たわっています。もう周りに、ロコン達はいません。彼独りです。彼の体はひどいありさまでした。かみつかれた傷口からは、今もなお血がふき出していました。顔にはあちこち痣があり、毛並はぼろぼろになっていました。



 赤い色のロコンは、ずっとロコン達に、いじめられてきました。
 しかもそれは、次第にひどくなりました。始めは悪口だけでした。いつの間にか、体に傷がつくものに変っていました。その傷は、徐々にみにくくなっていきました。彼は死ぬことができません。ポケモンの自然治癒能力は、人間のそれとは比べものにならず、生生しい傷あとを伴った体も、まぶたを閉じて一夜横になれば、ほとんど再生されているからです。
 彼はもともと、ここに生息していませんでした。最初、人間に飼われていたのです。卵のときから人間に育てられ、そして楽しく暮らしていました。主人は良い人でした。少なくとも赤いロコンには、良い人に映っていました。彼は良い人間のもとで、すくすくと成長していきました。
 でしたがあるとき、壊れました。彼は、主人に捨てられてしまいました。主人はバトルで勝てない彼のことを、必要ないと見定めたのです。赤いロコンは臆病でした。だからバトルで勇気を出して、攻撃していくことが中々できず、迷っている間にやられてしまうのです。彼の勝率はすこぶる低く、足でまといにしかなりませんでした。

「今までありがとう」

「ごめんな。強くしてやれなくて」

「お前はもう自由なんだよ」

 主人は捨てて行く際、きわめて優しい口調でそう言い残しました。うわべだけの綺麗ごと達は、それでも彼の胸に響きました。彼は主人の背中を見ながら、一歩も動きませんでした。彼は主人のことを、恨んではいけないと勘えていました。誰かが幸せになるためには、誰かが哀を味わうしかない。主人がバトルで勝っていくためには、自分がいなくなるしかない。それは、紛れもない真理。不変の事実。正しいこと。そして自分には、他者を哀しませることができない。勇気がない。実力がない。だから、仕方がない。そうやって自分に言い聞かせ、己を納得させようとしました。けれども、駄目でした。涙が次々と溢れてきました。どうしても納得がいきませんでした。
主人は良い人でした。少なくとも赤いロコンには、良い人に映っていました。今では彼は少しだけ、主人のことを恨んでいました。
 主人が見えなくなった後、彼はあてもなく歩きました。どこか住める所がないか。お腹を空かせながら、懸命に探しました。そうして辿り着いたのが、ここでした。この草原には、たくさん食べ物があります。木々が豊かな実をつけるからです。そして何より、気持ちの良い草原。紛れもない天国だと感じました。ここで暮らし始めました。ところが、一夜明けたあるとき、出会ってしまいました。自分と色が違う同種族に。最初は、彼らとそれなりに仲良く暮らし、森の外には天敵がいるので気をつけた方がいいことや、冬になると木の実が取れないので貯蓄した方がいいことなどを、教えてもらったりしていました。しかし、次第にロコン達とは溝ができてきて、そしていつしか、ほとんど話さなくなりました。赤いロコンは、そのことで胸にわかだまりを残し、気持ち悪さと寂しさに耐えきれず、意を決して、彼らに話しかけようとしました。そのときです。自分のみまがうことなき陰口を、はっきりと耳に入れてしまいました。その翌日。いじめは始まりました。ロコン達は、もう影では喋りません。聞かれてしまったなら仕方がない。開き直って、そばで直接話すようになりました。
 ここは本来、彼がいるべき空間ではないのです。地面から飛び出した木の根よろしく、居場所を完全に間違えたのでした。赤いロコンは自分の、赤い色の身体に、強い憎悪の念を抱きました。普通だったら、身体の色が正常だったら、大多数と同一の色なら、いじめられずに、済むのだろうか。こんな地獄のような日々を、避けて通れるのだろうか。

 なぜ自分は、他と違うのだろう。



 次第に広がる色違いの溝。徐々にひどくなっていくいじめ。彼はもう、おかしくなりそうでした。この森から脱出しようとすれば、彼らが逃がさんとしてくるし、対抗しようとするにも、六匹相手にかなうわけがない。どうしようもないという諦めの気持ちに、彼は支配されていきました。胸の奥深くに巣食った虚無の感情。それがふくれ上がるほどに死にたくなり、でも死にたくなるだけでした。
 そんなときでした。彼の他にもう一匹、赤いロコンが現れたのです。人間に捨てられたか、それともはぐれたのか、その詳細は分かりませんが、とにかくこの草原に住まうようになり、そして彼と同じように、ロコン達にいじめられるようになりました。
 赤いロコンと共通の立場であったセレン――同一の色の彼と区別をつけるために、名前で呼びます。この名前は人間に貰ったものです――は、唯一の友達であり味方になりました。必然的に、そうなるのでしょう。痛めつけられている間は、被害が均等になるようにかばい合い、痛めつけられ終わった後は、二匹で傷をなめ合ってきました。絶望的状況のなかで真の友情を培い、なんとか支え合って辛い日々を乗り越えてきました。

――大丈夫。私がついているから。

――ほら泣かないで。男の子でしょ。

――いつかきっと希望があるから。諦めちゃだめ。

――必ず幸せになれる日が来るから

 セレンは、赤いロコンをいつも励ましていました。セレンは良く、青い空を指さしながら彼に諭しました。あの青い空は、いつもつながっている。そして、みんな青い空の下にいる。私達の味方だって、他のどこかに必ずいる。すぐ近くにはいなくても、絶対にいる。だから君は孤独じゃない。セレンの励ましのおかげで、彼は生きてこれたと言っても、過言ではないです。彼は時々セレンのことを説教がましく感じるも、大切な存在だと感じました。
 セレンは、赤いロコンのことだけを大事だと考えていました。同色である彼のことだけが、好きだったのです。セレンはよく一緒の色だから一緒に頑張ろうと述べていました。彼はそのことに、やや引っ掛かりを感じつつも、何も言わずにっこり笑って頷いていました。変に指摘して嫌われたくなかったからです。そして、彼女が度々口にする、ロコン達への陰口を聞いてあげていました。あいつら気持ち悪い。体の色が黄ばんでいるし、心も黄ばんでいるね。早く掃除した方がいいね。私達にも映っちゃう。彼女は何かに憑かれたかのように、まん丸くした目を大きく開け、そのようなことを延々と話し続けました。笑うところはかなり大袈裟に笑いました。
 同色である二匹は、紛れもなく仲良しでした。赤いロコンは彼女の心の裏を知り尽くしてもなお、一緒にいて励まし合うことを止めませんでした。 
 ところがでした。セレンはある日突然、いなくなってしまいました。
 逃げようとすれば、ロコン達が追いかけてくるでしょうし、仮に上手く逃げられても、この辺はここ以外に食べ物がないので、飢え死にしてしまうかもしれません。それに、天敵だっているのです。セレンはそのことを、分かっていたはずです。いったい、どうしてでしょうか。逃げるにしても、彼を誘って行うはずです。
 セレンは今日まで帰ってきません。赤いロコンはひどく落ち込みましたが、でもまたいつか会えると、そう信じることにしました。信じないとやっていけないからです。きっとまた会える。その日がくる。それまで耐え続けよう。ひたすら自分に言い聞かせました。 



 この日は黒ずんだ雲が、空全体をすっぽり覆っていました。雲は今にも涙を零しそうで、草原にいるポケモン達に不安を捧げました。
今日も赤いロコンは、草原へと向かいます。森の中で待機すれば、奴らは勝手に襲ってくるし、ねぐらから食べ物をとられる危険もあります。だから、行くしかないのです。
 草原にたどり着きました。いつもの通り囲まれて、いつもの通りいじめられました。ですが、彼の様子が、赤い身体の彼の様子が、いつもと少し違っていました。身体の震えの性質が、何かの破裂前を想起させるものに変っていました。赤いロコンの胸の奥底に、燃え盛った怒りが沸いていました。ちょっと反撃してやろうかという妄想を、具現化してみたいという心意気が、ちょっとずつめばえてきたのです。もう我慢の限界でした。セレンがいなくなってから、ずっと独りで堪えていたのです。やってしまおうか。なんで自分だけが、こんな目に合わないといけないの。みんな傷つけばいい。ぐちゃぐちゃにしたい。彼は理性を失いました。そして――
 とつじょ炎が現れました。草花が皮膚を焦がされ、一斉に悲鳴を上げだしました。
 遂に攻撃を開始しました。たくさんの炎を吐きました。特性が貰い火のロコンには、炎技は全く効かない。そんなことにも気がつかず、一心不乱に赤い焦元を吹き出しました。
 彼の繰り出した技、それは火炎放射なのか、はたまた大文字なのか、ひょっとしたらただの火の粉なのか、よく分かりません。とにかくそれはとてつももない大きさで、小さな狐の身体から出されたものとは想像もつかないものでした。血の色を連想させるくすんだ赤い色の炎は、束の間そこにとどまっていたかと思うと、すぐさま周りに拡散していき、草原の一角を真っ赤に染め上げました。 
 ポケモン達はあわてふためき、すぐに逃げ出しました。炎はどんどんふくれ上がっていきました。みんなの天国は、次第に地獄へと変わっていきます。このままでは、森全体が燃えてしまう。誰もが危惧したそのときでした。天が味方をしてくれました。雨が降ってきたのです。すぐに炎が消し去りました。焼け焦げた箇所はわずかで済みました。
 ロコン達はもう、赤いロコンをいじめるのを止めました。彼の内に秘められた、恐るべき力。それを目の当たりにしたからです。ところがその変わり、ここから追い出すことを決めました。復讐される危険があるからです。ロコン達は、あいつは森を意図的に燃やそうとしたと、他の種族のポケモン達に噂を巻き始めました。あのときの恐怖が身に染みていたポケモン達は、何も躊躇することはありませんでした。赤いロコンはほとんど全員から責められました。すぐに出て行けと。
 赤いロコンは、とても喜んでいました。これでもう、いじめられることはない。勇気を出して反撃して良かったと感取しました。罪を乗せられたのは、少々腑に落ちませんでしたが。
 空はまたしても曇っていました。彼の心は対照的に晴れ渡っていました。



 とは言え、これからどうしよう。食べ物など、森の外にはありません。運の悪いことに、今は冬の時期です。木の実を何個か持ってきましたが、すぐ尽きてしまうでしょう。また、天敵の存在も気になります。このあたりには、多くのリングマが生息しているという話も聞いています。
 絶望的。
 生き残れる可能性は低い。本人もそれを自覚していました。けれども、彼はなぜか笑っていました。そして突然走り始めました。赤いロコンはとうとう吹っ切れました。彼はいじめられて反撃したとき、そのときに既に死を覚悟していたのです。だから、もう何も怖くありません。死んでもともとだと考えられるようになりました。そして、色々な所を見てみたい。狭い森の中から抜け出した彼は、そんな思いも抱くようになりました。
 ただひたすら、己が感じるままに走り、走り、坂道を登って行き、いつの間にか、周りの景色が大幅に変わっていることに気がつきました。彼はいったん足を止めて、落ち着いて辺りを見回しました。
 そこは、とても不気味な墓地でした。整った長方形の黒い石が、だいたい等間隔で置かれています。その石には、何やら文字が書いてあります。かたわらには、枯れて黒くなった花を入れたビンが倒れています。湿った地面の上では、絡み合った汚らしい雑草がひしめき合っています。時折冷やかな風が吹き、いっそう不気味さを引き立てます。
 しかし、赤いロコンはここを気にいっていました。こここそが、本当の自分のありかだ。本能がそう告げていました。理由は分からない。とにかく、自分の肌に適している。自分は昔、ここにいたような気さえする。優しいノスタルジーが彼を包み込み、心を癒していきました。こんな気味の悪い空間が、面白いくらいに居心地がいい。
 気持ちいい。
 ここにいると落ち着く。
 薄黒ずんだ空を見上げつつ、赤いロコンは微笑んでいました。これからどうやって生きていくかなど、もうどうでもよくなりました。明るい感情だけが彼を支配し、それ以外の思考回路は封印されていました。とにかく、ずっとここに居たい。気持ちがいい。それだけ。
 コーゥン。
 それは、聞き覚えのある声でした。もしかしたらと予想している間に、別の声も続けざまに聞こえてきました。その方角に振り向くと、何やら遠くの方に、赤いかたまりが見えました。ちょっとずつ近づいて、よく見てみました。赤いかたまりが徐々に形を成していきます。やがてその正体が判明すると、彼は驚愕の事実に目を見開きました。そこには、何十、何百という数のロコンが集まっていたのです。そしてその中心に、あの行方不明になっていたセレンが、微笑みながら立っていたのです。
 たくさんのロコン達。彼らは皆、身体の色が統一されていました。
 赤でした。
 
 あなたはひとりぼっちじゃない

 味方はきっと近くにいる。

 哀しいことなんて何もない

 いつかきっと 居場所が見つかる

 青い空の下には 幸せになれる所がある



 ザァ――――――――――。
 雨が降ってきました。炎タイプは水が苦手です。すぐにロコン達は雨を避けようとして、墓地の奥の方へと行ってしまいました。セレンはこっちを見てきた後、早くあなたも防げる所に行きなよと目で合図し、走り去っていきました。みんなと方角に。
 彼は独り、そこに取り残されていました。しばらくの間呆然としていましたが、早く自分も雨を防がなくてはと我に帰り、屋根のある箇所を探しに急いで走りました。そのときです。さっきまでロコン達がいたちょうど真ん中辺り、そこで黄色い身体をしたロコンが、傷だらけで倒れているのを見つけました。
 ロコン――もう彼を”赤いロコン”と呼ぶ必要はないでしょう――は悟りました。ここにいる黄色いロコンも、きっと自分と同様だったんだと。色が違う共通の種族にいじめられ、毎日辛い思いをしてそれに耐えてきた。
 ここは送り火山の頂上。ロコン本来の生息地です。
 彼はずっと、自分が色違いだと誤解していました。本当は違ったのです。黄色い方が色違いで、赤い方が普通だったのです。そして今、発見しました。ここでは数多のロコン達が、一匹の黄色いロコンをいじめているという、悲惨な事実を。
 結局、その真実はどこへ行っても不変だったのです。周りと違う者は迫害され、深い哀を味わう。誰かが犠牲になり、不幸な目に合わないといけない。そしてその犠牲のもとで、皆が喜び合える。笑顔になれる。青い空の下で幸せになれるのは、決して全員なわけではない。
 友達であり唯一の味方だったセレン。彼女はしょせん、口だけでした。セレンはこれまで、この黄色いロコンがいじめられていても、恐らく無視していたのでしょう。下手したら、加害側だったのかもしれません。後で知ることになるのですが、セレンは、あの草原に偶然迷い込んだロコンと出会い、その者についてきてここまでやってきたのでした。彼のことなど気にも止めずに。つまるところ、彼女は同一の色の仲間と、一緒にいられれば良かったのです。同じ赤い仲間さえ、哀しくなければ良かったのです。幸せだったら良かったのです。
 確かにここは、赤い色の者にとって、幸福になれる場所ではありました。
 ここにいれば、ひとりぼっちではありません。
 共通の色の、味方がいます。
 哀しい思いなんて、しなくて済みます。
 自分の居場所があります。
 幸せになれる所です。 
 ロコンは先ほど、この墓地は落ち着くと感じていました。彼は本能的に察していたのです。ここなら自分は、笑ってすごせるということを。
ところがロコンは、自分が幸せに包まれる道を選びませんでした。幸福のイスは目の前に運ばれてきたのに、それに座ることを拒否しました。どうしようもない現実を目のあたりにし、ロコンはここで、ある決心をしたのです。誰かが喜べば、誰かが哀しむようになっている。全員が幸せになるなんて、ありえない。それはどうしようもなく正しいこと。仕方のないこと。しかし、それでも。それでも自分は、納得がいかない。それでは心が落ち着かない。だから自分は、もがき続けよう。たとえ不可能なことだとしても、誰も哀しまないように行動すること自体は、絶対に間違っていることなんかじゃない。
 なぜそんなふうに決心できるのか。もうロコンには、恐れるものなどないからです。あのとき命がけで、勇気を出して炎を吐いたからです。何事にも負けない、強い自身がついたのでした。後はもう、やりたいようにできる。  
 大量の雨を降らす黒く汚れた雲から、とつじょして大きな鳴き声を上げつつ、一本の黄色い線が突き出しました。その線は一瞬の間に地上に届き、拡散し回りに飛び散っていきました。
 ロコンは倒れている黄色いロコンの所まで行きました。ゆっくりと持ち上げ背中に乗せました。すぐさま雨の防げる箇所へと急ぎました。

 絶対に負けないから。

 青い空を突き破っていくから。


逆行 ( 2013/09/14(土) 19:28 )