有害な正しさ
有害な正しさ(改稿版)
 藍黒色の体をした小さなスバメの、鳴き声が急に聞こえなくなった。かと思うと今度は、慌ただしく羽を動かす音が耳に入ってきた。その方角を見た。二匹のキャタピーが、木の枝をのそのそと歩いていた。二匹は安堵した様子だった。枝は左右に結構揺れていた。芋虫二匹分の体重で折れてしまいそうだ。体中青色の蔓で全身覆われたモンジャラが、歩きながらこっちを一瞥してきた。何も言わず、そそくさと通り過ぎていった。あの生物が何を考えていたのか。それは分からない。知ったことではない。
 少々強い風が吹いた。青々とした葉を生やした木々が、指揮者に合わせるが如く一斉にざわめく。木々の影が合わさって、昔見た巨大なドラゴンポケモンの影のように、うねうねと不気味に変化していた。子供みたいに元気すぎる太陽の日差しが、木々の隙間をかいくぐって地上まで行き届く。抜けるような空は雲一つすら汚点を披露しない。極めて良好なお天気だ。
 しかし、眩しい光の精力を頂戴しても、私の心は一切晴れない。それどころか、徐々に雲量が増していく。雲量が増加するのに比例して、現在進行形で描いている絵は、徐々に歪んで見えていく。すると必然的に筆が止まる。これはまずい状況だ。私は自分で自分の絵を、絶対的にすごいという実感がないと進めていくことができない。
とりあえず、思いのままに筆を駆けさせてみる。心を無にする。指先に集中。するとなんとか、進んできた。出張していた集中力が、次第に帰宅してきた。
この絵を描き始めて、もう三週間も経っている。そろそろ終わりにしたい。別に早く完成させないといけないとか、そういう縛りプレイはしてない。けれどなんとなく、急かされている感じがするから。
 私は、今描いている絵と似たようなものしか、描画することができなくなった。違う種類を描こうとしても、体や手の感覚が思い起こせなくなった。それは、傍から見て不都合なことだ。私も最近は、不都合だと思えてきた。けれども昔は、不都合だとは思わなかった。何故なら、これが正しい絵だと考えていたから。それ以外は、全て偽物だと考えていたから。私はこの思想を崇拝していたせいで、現在色々と酷い目に合っている。でもそれも、全て自業自得だけれど。
 それなりに順調。悪くない進捗具合だ。ところがである。その快調なリズムを、たやすく崩す事案が発生する。不意に、急に、前触れもなく、私を罵倒する幾多の声が聞こえてきたのだ。下手くそ。もっと早く進めろ。こんなの描いて誰が喜ぶ。罵倒する声は容赦なく増殖していく。時折笑い声がセットで飛んでくる。反射的に耳を塞いだ。ところが、それらはゆうゆうと両手をすり抜ける。頭をしっちゃかめっちゃかにしてくる。鳥肌が立って、顔が真っ青になり、勝手に体がぶるぶると震える。ああまたか。周囲には誰もいない。けれど聞こえてくる。いったいどこから。原因が未だに不明だ。かつては罵倒する声がしたら、周りに必ず誰かはいたのに。
 ああ、もう駄目だ。これが聞こえてくると、もう駄目だ。逃げるように近くの川に走る。ドーブルは尻尾を筆として扱う。その尻尾を水に濡らした。絵の具が残るとパサパサになるから念入りに洗う。戻ってきて、絵も絵立てもその他諸々の道具も全て片付けた。これ以上続けることはできない。罵倒する声はまだ聞こえる。
 帰ろうとして立ち上がる。他のドーブル達とは思いっきり離れた所に、私はぽつんと住んでいる。そこは食べ物があまりない。日差しもあまり当たらない。けれども危険な場所ではないから、安心して暮らすことはできる。天敵が襲ってくることもないし、人間が迷いこんでくることもほとんどない。後はただまあ、他のポケモン達がかわいそうな目で見てきて鬱陶しいのが嫌だ。  
 立ち上がったそのとき、首にぶら下げていた白い鈴が、透き通った音を響かせた。この鈴の音を聞いた私は、さっきまでの、頭がかき乱されるほどの恐怖を忘れていた。正体不明の罵倒する声の主などどこかへ放り投げられた。すっきりする。気持ちがいい。どんなに堕ちた感情でも綺麗に洗われ、心は生まれたての状態に戻っていくかのよう。体が重力に引っ張られずに、どんどん上に昇っていくかのよう。癒される。幸せになる。理由は分からない。ブラジーボかもしれない。
 どっちにしろ、私はこの鈴を捨てない。というか、たとえ心が透き通らなかったとしても、私がこの鈴を捨てることはない。捨てたりしたら、あの人と完璧に離れ離れになってしまう。
 あの人はもう、この世にはいない。もう一度会いたい。けれどもそれは無理な願い。私はあの人が大好きだった。本当に良い人だった。確かにそうだった。だから、あんなことにならなくても、絶対にいい人である筈だった。
 あの人の魂はまだこの鈴とともにある、なんてユートピアなことを口走っても、全然恥ずかしくなんかない。
 



 あの人とは、昔の私のトレーナーのことだ。捕まったその日から、この人はいい人だと実感していた。よく見ると、目が透き通っていたから。尊敬する今は亡きお父さんに、目が透き通っている人間に悪い人はいない、その人になら捕まっても大丈夫だと、子供のときに幾度となく言い聞かせられていて、それをいつまでも信じきっていたから。数日経って、信じて良かったと感じた。お父さんも、この人も。主人はこの日、白い鈴をくれたのだ。紐にくくり付けて、首にぶら下げてくれた。するとどうだろう。心が自然と透き通っていったのだ。そして、こんな鈴をくれた主人を、更に更に好きになった。この人にずっとついていこう。心からそう感じた。マスターは優しかった。ダメージを追って瀕死状態になっていたとき、なんとマスターは一日も経たないうちに回復してくれた。私がバトルで全然勝てないときには、思いっきり怒ってくれた。私がやけどをおったときは、治るまで見守ってくれた。好きになる要素なら、いくらでもあった。
 好きになれば恩返しをしたくなるのは、至極当然のことだろう。でも私はバトルが弱い。ついこの間、お前をバトルで活躍させるのは諦めるわ、と言われたばかりだ。かと言って主人は、コンテストはやらない。じゃあどうすれば。そうだ私はドーブルだ。絵を描いて喜ばせればいい。そう結論が出た。
 私は、主人の嗜好を徹底的に調べた。明るいものが好きなのか、暗いものが好きなのか。シンプルなものが好きなのか。少し気をてらったものが好きなのか。風景が好きなのか。人物が好きなのか。何を善だと思っているのか。何を正義だと思っているのか。ボールから出ているときはもちろん、ボールの中からも注意深く観察した。ボールの中からだと外の世界が見えにくく、更には声が聞こえなくのだけれど、なんとか推測したり想像で補ったりして、だいたいこうじゃないかという仮説を立て、その仮説が正当であるか地道に確かめた。
 全ては主人を喜ばせるため、必死だった。
 長い間の努力の成果もあり、主人の嗜好がだいたい分かった。早速主人の嗜好に従い、絵をたくさん描いた。
 私が絵を見せにいくと、主人は必ず喜んでくれた。心が安らぐといってくれた。だから私も嬉しくなって、思わず飛び跳ねたくなった。もっと頑張って描いた。主人が嫌いな思想に対する風刺も、若干訳が分からないながらも、少し取り入れてみた。主人はくすっと笑って、よくやったと褒めてくれた。
 また主人を絵の中で、「いじる」ということもやってみた。主人は顔のホクロが大きすぎることにコンプレクスを抱いていると聞いた。そこで、主人の似顔絵を描くときに、わざと右のホクロを大げさに印したのだ。それを見た主人はばかやろうと言って怒った。けれども笑っていた。その笑顔は成功を表していた。
 しばらくたって、私の中に変化が訪れた。絵を描くことよりも、主人が喜んでくれることの方が、楽しいと感じるようになったのだ。私はもはや、主人が喜ぶ以外のものを制作することに、価値を見いだせなくなっていた。
 楽しい日々は、あっという間に過ぎていった。私が絵を描く。主人が喜ぶ。そんな単純な日々がずっと続いていくことを願った。
 しかし、そんな幸せな日々は、一瞬にして崩れることになる。
 ある日突然、主人は交通事故で死んだ。
 ボールの外から大きな音がしたかと思うと、突然視界は傾いた。何事だろうとボールから出てみた。眼前には、あまりにも衝撃的すぎる光景があった。私は悲鳴すらあげられなかった。主人が血だらけで横たわっていたのだ。隣にはトラックが一台止まっていた。周りには人が集まっていた。女の人の悲鳴が聞こえてきた。私は状況を一生懸命読もうとした。そして、結論に至る寸前のところで思考を止めた。絶対に考えたくもない事態が発生している。考えたくもないことというより、絶対に起こってはいけないことが起きている。主人の血がコンクリートを伝って、私の足を濡らした。その真っ赤な鮮血を、ただぼーっと眺めていた。心が空虚になっていた。パトカーのサイレンが鳴っていた。それからは、覚えていない。鈴が血で染まっていたので、恐らく仰向けに倒れたのだろう。
 これは夢であると、勝手に結論づけた。その後私は、主人の実家で暮らすことになった。そこには主人はいなかった。三日経ってもいなかった。五日経ってもいなかった。そこで初めて実感した。主人は死んだのだと。もう会いたくても会えないのだと。絵を描いても喜んでくれる人がいないと。その事実は、胸の中に容赦なくなだれ込んだ。ながれこんだ事実は、五臓六腑をしっちゃかめっちゃか。最終的に心底に沈み込んだ。私の暴走の確かな火種となった。私は主人の実家で暴れまわった。いろいろなものを壊した。花瓶を何個か割った。その割った破片で指から血が出た。それでも私は構わず暴走。頭の中は空っぽだった。今度はテレビを叩きながら落とす。次はガラスを……、そのとき主人の親が慌てて喰い止めた。ボールの中に入れられた私は、そこでようやく我に帰った。酷く申し訳ない気持ちが胸に膨張した。延々と泣いた。死にたくなった。もう取り返しなど付かない。



 
 その翌日、黙って主人の親の家を出て行った。主人の親だって悲しんでいる筈なのに、ここまで迷惑をかけたらここにいる資格なんてない。それに、面倒を見てもらう義理なんてない。私は主人のポケモンであって、主人の親は無関係なんだ。
 その間、ドーブルという珍しいポケモンを捕まえようとしてきた人間がいたけれど、なんとか全速力で走って逃げてきた。わざと捕まる手もあったけれど、主人より良い人はいないだろうし、外れたら酷いから止めておいた。
 歩いて丸一日かかった。元いた草むらに帰ったのだ。戻ってきた私を見て仲間は喜んでいた。誰かから、人間に捕まって逃げてくるなんてやるなと褒められた。別の誰かからは、これから色々教えてあげるから心配しないでねと言われた。私の心は晴れる筈もなかった。
 野生に帰ってからも、絵は描き続けていた。他にやることがないし、それに絵画することを止めてしまったら、主人との思い出が消え去ってしまう気がしたから。首にぶら下げたこの鈴と、私の中に染み込んだ絵の感覚しか、主人の匂いが残っているものはもうない。
 どのみち、これ以外の絵はもう作れない。描き方を忘れてしまったから。私はもう、主人が喜ぶ絵しか、描けなくなってしまった。更に、いつの間にか、私の価値観も変わっていた。この種の絵が、一番いいと考え始めてきた。これが正しい絵の姿だ。何故なら、あの神様のような主人が喜んでくれてたから、だから絶対に正しい。そして、それ以外の絵は劣っている。
 暴走するようなことはなかったけれど、私の心は平穏ではなかった。時折、あの事故の記憶が思い起こされた。私は激しく悶絶し、頭を抱えて座り込んだ。特に、首にぶら下げていた、血がべっとりついた鈴に目が移ると、色と匂いつきで鮮明に思い出してしまう。この鈴は、捨ててしまった方がいいと悟った。川へと向かった。首から外して手に鈴を握りしめた。そのまま投げようとしたけれど、後寸での所で思いとどまった。主人の形見とも言えるべき鈴を、捨てるなんてできなかった。号泣しながら私は、愚かな行為をしようとしたことを恥じた。自分で自分の頭を殴った。
 だたもう、逃げるように絵をひたすら描いた。描くことに没頭している間は、少しは落ち着くことができた。主人のことを一番思い出すときなのに、不思議と心は安定した。そんな私を仲間たちは訝しがった。そして話しかけてきた。そんなに必死になってどうするのと。何かあるなら相談してよと。私は何も答えなかった。いいから話してみて、彼らのうちの一匹が、眩しい笑顔を浮かべて言った。彼らは優しかった。冷たく突っぱねても、差し伸べられた手を払いのけても、誰も怒らなかった。結局、彼らの優しさに溺れた。涙を流した。正直に告白した。
 仲間たちは、一生懸命励ましてくれた。大丈夫、主人がいなくても私達がいる。主人のことは辛いだろうが、もう忘れた方がいい。困ったことがあったら助けてやる。私の絵を褒めてくれたりもした。自分の絵を褒められると、主人のことを賞賛しているような感じでとても嬉しかった。 
 出張していた元気が、次第に帰宅してきた。事故のことを思い出すことも少なくなった。たまに記憶が蘇っても、悶絶するようなことにはならなくなった。みんなは、私がだんだん笑えてきたことを嬉しく思っていた。嬉しく思っている仲間を見て、私はいっそう嬉しく思った。
 仲間と楽しく暮らすことは、確かな心の安定に繋がっていった。どんどん話せる仲間が増えていった。彼らと川に入って楽しく遊んだ。彼らと人間のトレーナーを馬鹿にした。最近食べ物があまり取れないことを愚痴りあった。
 幸せな日々を過ごしていた。主人といたときと同じくらい幸福に包まれていた。
 しかし、そんな幸せな日々は、またしても一瞬にして崩れることとなる。




 美しい紅葉の衣を着た枝に、一匹のトランセルがくっついていたけれど、先ほど美しい蝶へと姿を変えて、大空へと飛び立っていった。この辺のトランセルは、みんな進化を終えたようだ。川でニョロモが二匹泳いでいた。二匹は、どっちが早く泳げるか競争しているようだ。水しぶきがこちらまで飛んできて、少し冷たくて鬱陶しかった。キノコポケモンのパラセクトが、急用があるのか知らないが、走ってどこかへ向かおうとしていた。胞子をまき散らさないようにするべく、なるべく左右に揺れないように注意していた。私の横を通り過ぎるとき、少しだけ鼻がむずむずしたけれど、特に影響はないようだ。   
 少々強い風が吹いた。この時期の風は少し寒い。風に吹かれ落葉が何枚か飛ばされた。空中を漂う落ち葉は風に進路を操られ、やがて地面に着陸し、そのまま一箇所に集結を余儀なくされる。本日の天気はよろしくなかった。どんよりとした鉛色の重い雲が、橙色のカンバスいっぱいに膨張している。
 冬になれば食べ物があまり取れなくなるので、今のうちの集めておく必要があるから、探して歩いていたのだけれど、もう他のドーブルや別のポケモン達に先を越されていて、私はギリギリ足りる程度しか拾うことができず、もう少し残しておけよという不満を抱きながら、けれど仲間から少しずつ貰えばいいかと考えながら家路を歩いていた、そのときのことだった。自分より年下の、また顔が少しあどけないオスのドーブルが描いている所を発見した。年下のドーブルは、背後から見られていることに気がつかず、ただ黙々と描画し続けていた。私の存在になど見向きもしない。私は彼のことを存知していない。ただいつも独りでいたことは知っていた。独りでご飯を食べ独りで寝ていた。けれども、別に嫌われているというわけでもなかった。恐らく、独りでいるのは本人の希望なのだろう。そんな彼のことを少々気になっていたのだ。それにしても、仲間はよくそんな態度でも嫌ったりしないものだ。
 彼が描いている絵をじっと見た。今まで他人の絵はあまり見なかった。自分の絵に没頭していたし、見られると恥ずかしいっていう者も多かったからだ。
彼はまだ私の存在に気がつかない。私はその絵を更によく観察した。彼の絵はものすごく巧かった。色のバランスやら背景のバランスやらとても丁寧だった。けれども、私はその絵の、ある一点のみ気になった。その一点のみが胸に引っかかり、自分の中に、今まで経験したことのない感情が渦巻いた。渦巻いた感情は、次第に膨れ上がっていき、猛獣のように暴れだした。猛獣に唸り声を上げ、五臓六腑をめちゃくちゃに噛みちぎった。 
 その一点は、主人の好きなものとは、正反対だった。そして、その一点が正反対なせいで、絵全体が正反対に思えてきた。この頃の私は、極地に達していた。すなわち、主人が好きな絵が、正しい絵の姿だという認識ががっちり固定されていた。だからその絵に必然的な怒りを感じた。怒りは息つく暇もなくすぐに、極端な思考を生み出した。

 こんなのは絵じゃない。
 
 近づいた。文句を言った。言い放った。こんな絵は、おかしいと。冗談じゃないと。もっと真面目に描けと。こんなものは全然、心に響かないと。時折暴言に近いことも織り交ぜて、私は散々に、ひたすらに、とにかく罵倒して罵倒した。相手の反論を怒鳴り声で遮った。散々に、ひたすらに、とにかく「正しいこと」を伝えた。
 とうとう相手の堪忍袋の尾が切れた。彼は私から見て「逆ギレ」をしてきた。こっちに向かって攻撃してきた。口から青白い炎を吐いてきた。攻撃がくると分かっていたので、とっさに避けることができた。炎は地面に衝突し爆発が起こった。土煙が晴れると地面が大きく抉られていた。この威力を見た時点で降参しておかない私は、今思えば相当冷静さを欠いていた。
 私は非常に呆れ返った。「敵」を睨みつけた。こいつは手を出さないと分からないのか。少々距離を取り戦闘態勢に入った。
 相手はオスとはいえ、結構年下。簡単に勝てるだろう。そう思っていた。
 でも、甘かった。相手の力量を推し量らずに、戦いを挑むのは愚かだった。
 自分より遥かに強い技を、相手は多く持っていた。「スケッチ」というドーブル特有の技を用いて、火炎放射やハイドロポンプなどを使えるようになっていた。また、レベルも相当高かったのだろう。さっきの青白い炎は龍の怒りのという技で、これはレベルが高いほど威力が上がる技らしいから。彼の猛攻を私は避けきれず、あっという間にHPがゼロになった。少々オーバーキルを喰らわされた。私は絵を描くことにほとんどの努力値を降っていて、勝てるわけがなかったのだ。
 朦朧としている意識の中、最後に見えたのは相手が走って去っていく背中だった。




 ところが、これで終わりではなかった。みじめな思いをして、オーバーキルを喰らわされて、これで終了とはいかなかった。
 彼は、仲間に一連を話したのだ。あいつが急に文句を言った。偏見を押し付けてきた。挙句の果てには攻撃してきた。彼の話には少しだけ嘘も混ざっていた。こっちから攻撃したことにしていた。
 私は徐々に嫌われていった。いつも一緒に遊んでいた友達も、徐々に離れていった。近づいて話しかけようとしたら、何も言わずに去っていった。こうも変貌してしまうなんて。しかもこんなに早く。
 私は、攻撃してきたのは向こうからだと事実を叫んだ。早く伝えなくてはと必死だった。これ以上噂が広まってはいけない。とりあえず、事実はちゃんとはっきりさせなければ。けれどもそれは「言い訳」としかみなされず、完全に逆効果になった。何を言っても耳を傾けてくれず、鼻で笑って逃げられた。何故私を信用しないのか。あんなに楽しく会話していたのに。結局上辺だけの付き合いだったのか。何故あいつの方を信用するのか。あいつはいつも独りでいたのに。力が強いからだろうか。
 そしていつしか、見方は誰もいなくなった。完璧な独りぼっちになってしまった。
 それだけではなかった。絵を描いていると、誰からは必ず笑ってくるようになった。平気で馬鹿にしてきた。構わず無視をしたけど、心の中では悔しくて泣いていた。私の絵を否定されると、主人のことを否定されているような気がして、それが一番辛かった。それが一番悔しかった。
 自分に言い聞かせる。主人は良い人だった。良い人が私の絵を誉めてくれた。ということはその絵は、正しい。間違ってなんかいない。
 
 

 ヨルノズクが首を傾けながら、鳴き声を上げ夜の訪れを告げた。前歯を尖らせたコラッタが二匹、家路を急いでいた。ガルーラが一匹前を通り過ぎた。袋の中の子供が私を見てきた。親が見ちゃいけませんと言わんばかりに、子供の目を両手で覆った。
 少々強い風が吹いた。冬の風は寒い。空気を切り裂く冷風は、肌の上を容赦なく駆けていった。ため息をつくと、息が真っ白に染まっていた。息は冷風に立ち交じり、遥か遠くに飛ばされた。
 雨がぽつぽつと降り始めた。雨つぶは樹の枝や葉に落下し、不愉快な音を協和させた。しかし、空が涙をこぼし始めても、それにつられて私が泣くことなどない。絶対にない。
……なんて強がりで自分を鼓舞しても無駄だった。止めどなくあぶれてくる雫を止めてくれる者は、誰もいなかった。
 雨が強くならないうちに帰ろう。絵も絵立てもその他諸々の全道具も全て片付けた。近くの川に走る。尻尾を水に濡らした。絵の具が残るとパサパサになるから念入りに洗った。
 立ち上がったとき、どこからか唸っているような声で悪口が聞こえてきた。下手くそ。もっと早く進めろ。こんなの描いて誰が喜ぶ。反射的に耳を塞ぐ。すると聞こえなくなった。誰だろうと振り返る。そこには誰もいない。背筋が凍る思いをした。帰ろうと思っていた場所には、もう帰らないと決めた。あそこに行けばもっと悪口を言われる。これ以上聞くのが怖い。今日この日、みんなと違う場所に住むことを決意した。
 そして歩き始めた。誰もいない所へと向かった。日の当たらない所へと向かった。じめじめした所へと向かった。

 首にぶら下げた、安らぎの鈴がちりんと鳴った。
 


逆行 ( 2014/03/25(火) 00:21 )