第二章
TEA BREAK12
……ポケモンはポケを稼ぐために様々な仕事を始めた。多くは自分の能力を生かした仕事に就いた。素早く飛べる鳥ポケモンなら手紙や荷物の配達を、怪力を誇る“闘”ポケモンは橋や家を作る工事を、“超”ポケモンは超能力を活かし占いをする、といったように。“悪”属性のポケモンはどのような仕事に就いたかというと、意外なことに警察への就職が多かった(といっても仕事にありついたごく一部の幸運な少数の中での話だが)のである。一度犯罪に手を染めた者が改心したという場合も一部にあったが、“悪”属性は潜入捜査に適任だったのである。また、ヘルガーやグラエナは持ち前の優れた嗅覚をもって活躍した。
 しかし、一部は集団で仕事を分担し、複雑な仕事を始めた。サラリーポケモンと呼ばれる集団の登場である。……(以下略)

(「ポケモン就職事情」キリキザン・著より抜粋)


レギュラス ( 2013/08/28(水) 11:56 )