第一章
TEA BREAK3
……この世界で「ポケ」という通貨の使用が始まったのは今から数百年、古くとも千年ほど前にすぎないと言われている。当時は地域ごとのまとまりが強く、生活に必要な物資は自給自足が当たり前であったために「ポケ」はなかなか普及しなかった。

 私がこの本を通して主張するのは、「ポケ」は300年前の「大戦争」を契機として世界の共通通貨となったという点である。「大戦争」による物資の不足とポケモンの活動範囲の飛躍的拡大が交易を必要とし、交易の拡大がポケの普及を必要としたのである。今や歴史の1ページに成り下がった「大戦争」は、現在の我々の生活にいまなお多大な影響を与え続けているのだ。

 ポケの普及は周知の通り、ポケモンの間に経済的格差を生んだ。商人としての才能をあらわしたカクレオン族のようにたちまち裕福になった者もいれば、都市の片隅で貧しく暮らすポケモンたちもいる。

 格差は対立をもたらす。
 私がただ恐れるのは、再びあの悪夢を、大きな過ちをポケモンたちが繰り返すことである。……(以下略)

(「経済史」チャーレム・著より抜粋)


レギュラス ( 2013/04/21(日) 12:23 )