ポケモン不思議のダンジョン〜時の降る雨空-闇夜の蜃気楼〜
















小説トップ
五章 悪意と罠
subconscious‐74
放った火の粉が、濃度の高いガスによって大きく膨らんでいく。
嗚呼、やってしまった。
あれが一体どれほどまでに膨らみ、どれほどまでの破壊力を持っているか、私には分からない。
成す術もない。時間もない。
頭の中ではこれだけの事を考えられるのに、ただ体を伏せていることしか出来ないのだから。
何も聞こえない。

頭の中で、何故か同じ言葉ばかりが巡り巡って繰り返された。
私が考えているのかどうかすらも分からない、どうしてそう思っているのかすらも理解できない。

『消えろ』


『消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ』

『消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ
 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ』


『消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ 消えろ』

あれが消えてしまえば あいつ 私は、おまえ、は助かる、と。
正確には聞き取れない。頭の中でその言葉の破片を組み立てようとしたその瞬間に

視界の全てが赤く染まった

目が、熱い


■筆者メッセージ
ちょっと怖い
ミシャル ( 2015/11/10(火) 22:01 )