ポケモン不思議のダンジョン〜時の降る雨空-闇夜の蜃気楼〜
















小説トップ
三章 感情は、心の盾
告白-55
 しばらくぷんすかぷんすか怒っていたが、だんだんそれは虚しさに変わってきた。足音や物音がするたびに、ちらりと部屋の入口の方を見た。ぼくは、アカネが帰ってくるのを待ち望んでいた。それは、もう帰ってこないのではないかという恐怖があったかもしれない。
 ザッ、ザッ、と。また足音が聞こえる。この荒い足音は、駄目だ、ちょっと良くわからない。
 少しため息をつき、先ほど蹴飛ばした藁を、前の位置に戻そうとした瞬間、部屋の扉がガチャ!と大きな音を立てて開いた。
 それは、他の誰でも無くアカネだった。目が仄かに赤くなっており、毛が湿っている感じがした。ふと、不安になる。もうしかして、泣いていたのではないかと。
「あの、アカネ、あの……」
「…………ッ」
 小さく唸ると、アカネは僕の腕を掴み、そのまま僕を部屋の外に連れ出した。力はそんなに強くないのに、自然と体がアカネの方に動く。
 そして、向かった先は、母さんと父さんが泊まっている部屋だった。
 アカネは、ノックもせずにその部屋の扉を開けると、そのまま僕の腕を掴んで入っていく。飛び込んできたのは、驚いた顔の父さんと母さんの顔だった。どうせまた二匹でイチャイチャしてたんだろ。僕が目を細めると、二匹は驚いた顔を、真剣な顔に戻す。
「……お二人に、話が、あります」
 涙声だった。やっぱり、泣いてたんだ。ぼくがあんなことをしなければ、ふと後悔が襲ってくるが、もう遅かった。
 しかし、気付く。アカネは、僕の腕を離していなかった。ずっと掴んだまま、離していない。そうしたいなら、そうしたらいいと思い、僕は何も言わずに、アカネが言うことを聞いていた。
「……伝説の、救助隊の話と、キュウコン伝説、聞きました」
 それを聞いた瞬間、背筋に冷や汗のような物が伝った気がした。そして、今からアカネが何をしようとしているのかも、察しが付く。
「アカネ、それは!」
「いいの……もう、いいの」
 父さんと母さんは、ただ黙って、僕たちの方を見ていた。話を真剣に聞こうとする志が見える。それを感じたのか、アカネは、小さな声で話し始めた。
「……サラさん」
「何かしら?」
「……私も、ある意味貴女と同じです」
「……」
「私は、あなたと同じ、元人間です。人間の頃の記憶も、ありません」
 沈黙が響く。誰も喋ろうとしなかったが、ただアカネは、俯いていた。何を考えているのか、サッパリわからなくて。ただ、もしかしたら、あの空白の時間、アカネは何かに苦しんだのかもしれないと言う不安が、頭を支配していた。
 暫くして、母さんが一言、小さな声で言った。
「ガリュウとカイトは、少しクロッカスの部屋へ行っててくれる?私、ちょっとアカネちゃんと話をするから」


ミシャル ( 2015/02/02(月) 17:53 )