ポケモン不思議のダンジョン〜時の降る雨空-闇夜の蜃気楼〜
















小説トップ
三章 感情は、心の盾
彼女は言った-51
「何してたの。遅かったじゃない」
 部屋に帰ると、少しの間眠っていたのか、眠たそうな眼をしたアカネが眼を擦る。毛布を体にかけているあたり、本当に眠っていたのだろう。
 本当は何の話をしてきたのか分かっている癖に、それをあえて言わないのは、やはりアカネだからだろうか。強がって、感情を表に出そうとしない。言葉に出そうとしないのは、やはりアカネだからだろう、か。
「……何よ、睨んでないで、質問してんだから答えなさいよ」
「アカネ、さっきアカネが言ったことで、父さんたちからすごく言及されてね、」
「へえ、あっそ」
 そう言って、また自分のベッドに横になろうとする、質問したのは、自分の癖に。それを見て、僕は思わず、ベッドに使われている藁を蹴り飛ばした。
「ちょっと、何すんのよ」
「ちょっとは僕の話もまじめに聞いてよ!」
「何なのよ、言いたいことがあるならはっきり言いなさいよ!!」
「逆切れやめてくれる!?」
「はいはい分かった分かった!で、何なの?」
 アカネは座りなおすと、腕を組んで僕を睨みつけた。目が仄かに、赤い。だけれど、その時の僕はそんな事はあまり気にせずに、アカネに言葉をぶつけた。
「……やっぱり、話さなきゃなって思った。アカネの気持ちは変わってないの?」
「何が?」
「……アカネは、今でも、探検隊の仕事をするのはあまり良くないと思ってるの?」
「良くないも何も、どっちにしろ仕事しないと生きていけないじゃない」
「そういう意味じゃなくて、僕の事全然信じてくれてないの!?」
「……私、結構前にあんたに言おうとしてたことがあるの。寝る前に、「私は、あんたの事」、って言ったでしょ?あんた、聞く前に寝ちゃったけどね」
「……言ってたような気がするけど」
「じゃあ、今言うから、良く聞いてくれる?」
「……うん」
 緊張した。何を言われるのか、分からなかった。前に言おうとしたことだから、なんだか、なんだろう。頭の中で煮えくりかえっていたものが覚めていくのを感じる。緊張の所為か、手足が少し震え始めた。
「……私は、あんたの事……」



『仲間だなんて、思ってないから』

ミシャル ( 2015/02/01(日) 13:37 )