幽雅に舞え! - 第一章
チャンピオンの本気
一旦キンセツシティまで戻りヒマワキシティに向かったサファイア達は、一刻も早くシリアの元を目指すためさっそくジム戦に挑んだ。四天王と本気のジムリーダーにさえ勝った二人が通常のジム戦で遅れをとるはずもない。

 難なくバッジをゲットし、意気揚々とジムから出てポケモンセンターに戻る途中で。二人は意外な人物の姿を見つけることになる。
 
「ーーこうして会うのは久しぶりだね、ホウエンチャンピオン?」
「ーーそうですね、ジャックさん」
 
 二人はハッとして一旦身を隠す。何でジャックとシリアがここに?というよりも二人は何故親しげに話しているのか?という疑問が降って沸いた。
 
(ジャックはティヴィル団に協力してた・・・それじゃあ、やっぱりシリアも?)
 
 イグニスの話を聞いてから、色々とサファイアなりに考えてはいたが、やはり答えなど出なかった。直接会って真実を確かめたいという思いが募るなかでのこの出合いは果たして偶然なのだろうか。そんな考えがふと頭をよぎる。
 
「しかしいいんですか?計画は成功したようですが、あの博士とその娘は今頃牢屋の中。今後の計画に支障がでるのでは?」
「あはは、心配はご無用だよ。もうあの博士はいらない。後はいつでも最終段階に移行できる」
「・・・そうですか。ではなぜその最終段階とやらに進まないんです?」
 
 そしてチャンピオンは。衝撃の言葉を口にする。
 
「ーーもう俺にも飽きて。この世に未練はない。さっさと死にたい。そうじゃなかったのか?」
「・・・」
 
 シリアの目が悪鬼のごとくつり上がる。ジャックが千年を生きた仙人のように微笑む。サファイアの知らない二人の姿に、遠巻きに見ているだけなのに戦慄した。
 
「あはは、やっぱり君はそっちの方が似合うと思うよ。僕、初めてテレビで君を見たとき笑っちゃったよ」
「茶化すんじゃねえ」
「・・・やれやれ」
 
 問い詰めるシリアに、肩を竦めるジャック。するとジャックはーー明確に、はっきりと。隠れているはずのサファイアとルビーを見た。
 
 
「二人ともー!カクレオンみたいに隠れてないで出ておいでー!折角チャンピオンとのご対面だよー!」

 
「なっ・・・」
「最初から、バレてたみたいだね」
 
 ルビーが出ていってしまうので、それにつられてサファイアも二人の前に出る。シリアは若干驚いた顔をしたが、直ぐに取り繕った笑みを浮かべた。
 
「・・・お久しぶりですね、サファイア君。妹君。しかし立ち聞きは感心しませんよ?」
 
 その笑顔は、酷く薄っぺらにサファイアには思えた。思えてしまった。あんなに聞きたいことを考えていたのにうまく言葉が出てこない。
 口火を切ったのは、ルビーの方だった。
 
「これはこれは失礼しました兄上。ですが随分と物騒な会話が聞こえたものですから。それにーー」
 
 ルビーがサファイアを肘でつつく。サファイアは決心して、シリアを真っ直ぐ見つめて言った。
 
「シリア。俺達、イグニスに・・・シリアが戦った四天王に、話を聞いたんだ。シリアがチャンピオンになる前のこと。なったあとのこと」
「・・・!」
 
 シリアは確かに、驚いたようだった。だかそこに罪悪感や動揺といったものは感じとれず。浮かんだ笑顔はルビーが知らなかった、サファイアがよく知っている笑顔だった。
 
「・・・まさか無口な彼が口を割るとは思いませんでしたよ」
 
 認める。シリアの、本人の口からあの話は事実だと肯定される。
 
「それじゃあ・・・ホントにそうなんだな!?あんたの見せてたバトルは、自分の身を守るための嘘で俺達のことずっと・・・騙してたっていうのか!?」
「・・・」
「答えろ!答えてみろ、シリア!!」

 サファイアの目頭は熱くなっていた。自分をあんなにも魅了したシリアのバトルが本人にとって偽りでしかないなんて。彼を夢見て、目指してきた少年にとってあまりにも辛すぎる現実だった。

「まあまあ、落ち着いてよ。折角ポケモントレーナーどうしが出会ったんだ。となればやることは一つ、ねっ?」

 ジャックがサファイアとシリアに割って入り、自分のモンスターボールを取り出して見せる。あどけない笑みは、幼子のようであり、老人のようだった。サファイアとシリアが何かいう前に、さっさと仕切ってしまう。
 
「ルールはダブルバトル。ポケモンはみんな一匹ずつでいいよね。さあ出ておいで、アブソル」
「・・・ジャックさん、こうなること、分かってて私を呼び出したんですか?」
「なんのことかなぁ〜、それとシリアは折角だし君の『本気』を彼らに見せてあげなよ。そうすればあの子も納得してくれるかもしれないよ?」

 ジャックにそう言われたシリアは、サファイアとルビーにも聞こえるくらいの音ではっきりと舌打ちした。目がつり上がり、サファイアの知らない、ルビーのよく知ったシリアの表情になる。
 
「・・・結局俺はあんたの手のひらで踊ってたって訳かよ。ーー出てこいジュペッタ」
「ーーーー」
 
 シリアのエース、ジュペッタが表れる。その笑い声は今まであんなに憧れてきたのに、今は騙されていた自分を嘲笑うかのようにも聞こえた。
 
「・・・どうするサファイア君?彼らはやる気みたいだけど、別にこんな勝負受けなくたって・・・」
 
 ルビーはサファイアを気遣って言う。今のサファイアにいつも通りのバトルが出来るとは思えなかった。

「・・・俺達が勝ったら、あんた達の口から知っている事を全部話して貰うぞーー出てこい、ジュペッタ」
「サファイア君・・・」
 
 サファイアの目からは、一筋の涙がこぼれていた。だけどその目は、理性を失ってはいなかった。暴走しそうになる感情は相棒のジュペッタが抑えてくれていたからだ。
 
「ルビーも頼む。もう一度俺に付き合ってくれ」
「・・・わかったよ。でも、無理はしちゃダメだよ?」
 
 ルビーがキュウコンを出す。サファイアが出すのは勿論ジュペッタだ。そして、メガストーンを輝かせる。シリアのジュペッタもまた光輝く。
 
「「現れろ、全てを引き裂く戦慄のヒトガターーメガジュペッタ!」」
 
 同じ口上で、同じメガシンカを行う。サファイアのそれは元はシリアの模倣だったが、今ではすっかり自分のものだ。
 
「ちゃんとやる気になってくれたみたいだね。じゃあいくよ、アブソル辻斬り!」
「影分身だ!」


 弱点である悪タイプの辻斬りを、先制の影分身でかわす。構わず分身を俊敏に切り裂いていくアブソル。
 一方シリアのジュペッタとルビーのキュウコンは、お互いにすぐには仕掛けずにらみあっていた。

「・・・まさかボクが兄上と戦う日が来るとは思いませんでした」
「そりゃそうだろうな。お前はおくりび山まで旅してその後はそこで一生を終えるんだ。本来なら俺と相対する余地はねえよ」

 その言い方に、妹に対する優しさは微塵もなかった。昔の、ルビーにストレスをぶつけて射たときと何一つ変わらない声だった。思い出し、ルビーの体が僅かに震える。それを打ち払うために、ルビーは叫んだ。

「・・・キュウコン、火炎放射!」
「ジュペッタ、影分身!」
 
 9本の尾から放たれる業火が、分身によってかわされる。さらに。

「俺の本当の力を見せてやるよ・・・ジュペッタ、ナイトヘッドからの怨みだ!」
「怨み・・・?キュウコン、影分身!」
 
 シリアのジュペッタが巨大化し、キュウコンに凄まじい呪念をこめる。キュウコンは分身を作り出そうとしたが・・・一瞬のうちに立ち消えた。ルビーが驚き、キュウコンがお化けをみた子供のように震え出す。
 
「無駄だ・・・俺のナイトヘッドからの怨みは、俺のジュペッタのレベル分、お前のポケモンの技ポイントを削り取る!お前の得意技、火炎放射、影分身、鬼火、守るはもう使えない」
「そんな・・・」
「さあ終わりだ!ジュペッタ、シャドークロー!」
「キュウコン!」
 
 鋭利な影の爪が、金色の美しい毛並みを切り裂く。事実上たったの一瞬で、ルビーの戦術の核となる技を全て封印し。一撃で勝負を決めたシリアの技に、やり方に戦慄する。それはサファイアが見てきたシリアの戦いかたからは全く違っていたからだ。
 
「シリアがこんな・・・相手になにもさせずに、ただ一方的に止めを差すなんて」
 
 たとえばネビリムとの戦いでは、敢えて相手にスキルスワップと特性を使わせた戦いをすることでバトルに緊張感を産み、そして最後にスキルスワップで止めを差すというパフォーマンスを見せつけた。
 だが今のシリアは違う。相手に極力なにもさせずに封殺する、どんな相手にも勝つ為の戦術だ。あの怨みをまともに受けてしまえば、どんなポケモンだろうと取れる手段は悪あがきのみになってしまうだろう。
 
「こうなったら一撃で決めるしかない!ジュペッタ、残影無尽撃だ!!」
「ーーーー!!」
 
 イグニスとネブラとの戦いで勝負を決めたサファイア最大の必殺技。ジュペッタの影が分身し無数に増え、その影が伸び、全てを切り裂く鋭利な刃となるーー

「ジュペッタ、呪いからの怨念!」

 シリアが指示した次の瞬間。サファイアのジュペッタを巨大な『釘』が貫いて、動きが止まった。呪詛の渦巻く釘はまるでネジのようにも見える。

「怨念の効果発動。体力を零にすることで、相手の技ポイントを零にする 」
 
 本来怨念の効果は相手から受けた攻撃によって瀕死になったときに発動するものだが。シリアはあえて呪いで自身の体力を削ることで無理矢理発動し、今向かってくる技のポイントを零にした。よってサファイアのジュペッタは金縛りにあったように動けないというわけだ。そしてその間にも、呪いの効果が体力をどんどん減らしていく。
 
「ずっとシリアを目指して、四天王にも勝ったのに、こんなのって・・・」
 
 相手を封殺するためなら仲間を意図的に瀕死にするチャンピオンの真の姿に、バトルでも精神的にも叩き潰され。目の前が真っ暗にもならず、ただただ目の前の事実がサファイアを打ちのめす。
 
「残念だけど、これが現実だよ・・・辻斬り」
 
 ジャックの最後の一撃は切腹した者への介錯のように優しく残酷で。サファイアの、シリアへの憧れを全て絶ちきったーー

じゅぺっと ( 2016/08/31(水) 19:59 )