緋色の声紋
  • 境界なきかつをぶし

  • 我儘な少年、宗太はある日祖父母の畑で牡欒をくすねようとするも、牡欒が頭に堕ちてしまう。
    再び目を覚ますと、突然周りのポケモン達の声が聞こえるようになってしまうのだが──。

    近くて遠い夏のある日、少年は愛猫と共に駆ける。