闇に願いを、光に祈りを - 第一章 『悪夢』の旅
第二幕 かつての仲間
私はその島に別れを告げることにした。

幸い島には漂着したお金があったので、それを使って必要最低限なものを買った。

(さすがに服は一着しかなかったので買ったが)

マップ、きずぐすり、バッグ、そして―モンスターボール。

背中に汗がにじむ。

だが、私が目覚めたということは、おそらく他の

ポケモンも目覚めているだろう。

そして―主の喪失感から―凶暴化、

つまり野生化していることもありえなくないので、

私は主のように、トレーナーになることにした。

帽子を被り、船へと歩き出す。
______________________________________

航海中は特に何もなかった。

ただ…ひとつ気にかけることがあった。

極力気配を殺し、普通に乗船していた私に声をかけてきたものがいた。

それだけならまだしも、そいつらはかつて主が滅ぼした組織だった。

正体がばれないうちに《ダークホール》で眠らせたが。

奴らは連携していたので、おそらく私がポケモンということはわかっているようだ。

これから注意しなければならない。

それともう一つ。

私の正体を見抜いたものがいた。

確か――名前は『N』だったか。

彼は先ほどのやつらのように邪気すら発していなかったものの、

私を最初から信頼して近づいてきたのだ。

話を聞くと、どうやら《イッシュ》という遠い地方からやってきたという。

彼とは鉱山の島で別れたが、不思議な少年だ(青年というべきか)。

主と同じような空気を出している。

人に興味を持ったのは、主と会ったとき以来だったか。

______________________________________

ブオオオオオオ!…

汽笛の音で目が覚めた。

ついた様だ。

ここは、二つに分かれた街だ。

運河をはさみ、西側はジムや図書館、ポケモンセンターなどがあり、

東側には住宅地や、ショップなどがある。

はずなのだが…

人がいない。

まるで私が全員を眠らしたかのように―過去にあったが―

音がない。

普段ならにぎわうはずの図書館やジムにも人はいない。

「…おい、そこのアンタ!」

「?なんだ…?お前は…」

「いいからこっちに来い!…」

そのジムリーダー…たしかトウガンといったか…は、?マークが出ている私を

ポケモンセンターに引き込んだ。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

「アンタ、なんであんなとこを一人で歩いているんだ?

外は今第一級非常事態宣言(だいいっきゅうひじょうじたいせんげん)が発表されているんだぞ。」

ポケモンセンターの中は、騒がしかった。

バトルしているもの、笑っているもの、笑いすぎて呼吸困難をおこし

ラッキーとジョーイさんに運ばれているものなど、

混沌としていた。

「本当に第一級非常事態宣言(だいいっきゅうひじょうじたいせんげん)なのか?」

「ああ…だが、楽しく行くのが俺たちのしんじょうだ!なあ野郎ども!」

おうよ!、とか、そうだそうだ!、とか聞こえる。

「…それで、原因は何なんだ?」

「それについてはな…どこの馬の骨とも知らない、

あんたにはおしえられんなあ…」

数人の気配が変わったか。

「では…教えてもらえるようにしようか。」

「ほう…俺がジムリーダーとしてもか?」

さらに数人。殺気も混じっているな。

「ココロを信じて歩む…私はそれに従うまでだ。」



静寂(せいじゃく)が支配している…



「…なかなかいい目じゃないか。ようし!いいだろう。気に入った。

野郎ども、こいつは今から俺たちの家族だ!」

拍手が起こる。

「え…決断速いし、家族って…」

「まま、とりあえず食えよ。」

差し出されたのは熱々のおにぎり。

「いや、そこまでして貰う気は」

グウウウウ…

確かに最近干したものしか食べてなかったしな。

主も『食べることは大事なんだ』といっていたし…

結局おにぎりだけでなく、いろいろ食べた。

______________________________________

ゆるさない…私はあの時誓ったはずなのに。

なんで…なんで…あの時…私たちを裏切ったの…

月の模様が書かれた衣を着た女性。それはポケモンの姿になる。

来る月は河をも砕く。

一撃で船は沈み、奥深くへといざなわれる。

______________________________________

私がここに来て、一時間はたった。

そろそろ行こうか、そう思うと

ズドオオオオオオオオオオン!

とてつもない音がした。

一気に周りのトレーナーたちの緊張が高まる。

「おまえら…準備はできたか。行くぞ!」

トウガンの一声で士気が上がる。

「「「「ウオオオオオオオオオオ!!!」」」」

彼らは何をしようとしているのか。

周りに見つからないよう…―見つかっても眠らせたけれど―

こっそり外へ出た。

______________________________________

そこでは、ポケモンたちが必死に守っているところだった。

空より《サイコカッター》が降り注ぐ。

「トリデプス、てっぺき!」

「ゴローンはロックブラスト!

ハガネールはりゅうのいかりで叩き落せ!」

この感じ…まさか、やつなのか?しかし奴はこんなことをしないはず…

それはこちらを見下ろす。そして、

「その髪…その目…あなた…ダークライ?」

「貴様…クレセリア…!」

まさか…やつ―クレセリア―第一級非常事態宣言(だいいっきゅうひじょうじたいせんげん)の原因だったのか!?

夜桜 ( 2013/01/26(土) 15:01 )