ポケモン世界を歩こう - ポケモン世界を歩こう
トキワの森
トキワの森

私は早く試し撃ちがしたくて、ソワソワしていた。

・・・だけど、持ち弾が1つしかないから、一発で本番ということになる。

傷薬を買いすぎて、モンスターボールを買うお金がなかった・・・。だから、グリーンから貰ったボールしかない。

「・・・フシギダネ。どんな子がいい・・・?」

フシギダネに振る。

「ダ〜ネ〜・・・。」

とりあえず、トキワの森の散策を開始。

森中を歩き回り、虫取り少年複数からバトルを申し込まれ、連続かみつくで勝利。

草むらから出てくるのは、キャタピーやビードル・・・。

「・・・虫はいらない・・かも。」

「フシ。」

でも、ポッポはグリーンが持ってたし、コラッタは可愛くないし・・・。

「・・・やっぱり、フシギダネが一番・・・。」

私はフシギダネの頭を撫でる。毎回この動作をすると、気持ち良さそうに喉をならす。オマケに、あまりの気持ち良さに無意識に出す葉っぱのアロマセラピーに癒される。

これが、私達の癒しの時間・・・。

ガサ・・、ガサ・・、

なにかの足音が聞こえる。振り向くとそこには・・・。

「ピッカッチュウ!!」

野生のピカチュウが現れた。



私は、この森で芋虫系しか目にしてないから、一瞬、余りの可愛さにギャップを感じ、認識するのに時間がかかった。

「・・・・・・・・・かわいい・・。」

ピカチュウは、フサフサの頭をなびかせながら、甘い香りのするフシギダネに近づいていく。

2足でトコトコゆっくり歩く動作が、一つ一つ可愛らしい。

ピカチュウは、フシギダネの背中に乗っかり、香りを堪能し始めた。

「・・・・・ダネ・・。」

フシギダネは重そうな顔をする。でも、嫌そうな顔はしていない。・・・ひょっとして・・・。

「・・フシギダネ・・・。・・・意外とそっちの部類・・・・?」

「ダネフシ!?」

慌てて否定するフシギダネ。・・・でももう遅い。
・・・意地っ張りでクール装っても、母性的な所がでてる・・・。

「・・・・誰にも言わないから・・・、大丈夫・・。」

「ダネ!ダネダネ〜!」

・・・フシギダネは一人でいるとき、ポケモンの赤ちゃんや、無邪気な子供を見るとき、表情が一瞬緩む。
私はそれを偶然見た。数日前ポケモンセンターで・・・・・。

数分後・・・。

「スー・・・スー・・・。」

ピカチュウはフシギダネを枕にして、気持ち良さそうに眠っている。

野生のポケモンの割には、意外と警戒心が低いようだ。

私は、このチャンスをものにしない訳が無い。
背中に背負った銃をピカチュウに構える・・・!

「ダネェ!!?」

・・・予想外。・・・フシギダネが間に割り込み、ピカチュウを庇っている。私に対して、怒るようにほえている。

「・・・・・・・・・・どうして・・?」

「ダネ!!」

・・・・・・フシギダネの言いたいことは解った。相手は気持ち良さそうに寝ている。なのに銃を突き付け・・、もとい、・・手持ちに加えようとする行為がおこがましく思うのだろう。

それよりも、フシギダネの母性愛からなる優しさ故、無抵抗のピカチュウには干渉せず、そのままにしてあげたいのが、フシギダネの要望だろう。

・・・でも、私も簡単には引き下がらない・・・・・。

「・・・その子、トレーナーの私達に躊躇いもなく近づいてきた・・・。・・・人間に慣れていて、野生には慣れていない証拠・・・。・・・・・この森で飢えたり、食べられたりする前に、私達が守らないと・・・・・。」

「ダネ・・!」

う〜ん・・・。もう少し押そう・・。

「・・・フシギダネは、ピカチュウと一緒にいたくないの・・・?・・・ピカチュウ・・・嫌い?」

「・・・(ブンブン)」

「・・・このまま置いてきぼりにしたら、他のトレーナーにとられる・・・・・。・・・けど、今その子は・・・フシギダネに懐いてる・・・。」

「・・・・ダネェ・・。」

・・・よし、後一息。

「・・・フシギダネはその子を・・・守りたい?」

「・・・フシ!」

「・・・・・うん・・。今でも、・・私からピカチュウを守ってる・・・。・・・・・大切?」

「・・・・・・・・フシ!」

「・・・?・・・大切なものを守りたいなら・・・側にいないと・・・。・・・・・・・・・・・フシギダネ、ここに残る・・・?」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ダ・・ネ・・・・?」

フシギダネの顔が段々と青ざめていくのがわかる。

私は銃を下ろす・・・。

「・・・フシギダネは、優しいから・・・きっとその子を守れる・・・。」

・・・私はさっきから何を言ってるの?

「・・・私の事は、心配しないで。・・・元々、気まぐれではじめた・・・旅だし・・。」

・・・何真っ当な事言ってるの・・・!
そんな事言い出したら・・・、
取り返しがつかなく・・・・・・。

「・・・私、無理矢理ゲットしようとして・・・・おこがましかった・・・?」

・・・まって、まって・・・!
最初はフシギダネを説得する形で話したのに・・・!

「・・・私、真剣に庇ってるフシギダネに・・・風流につけ込んで・・・騙そうとしたの・・・・・。」

・・・・・わたしは・・・、なにをいってるの・・・?

さっきから、フシギダネの返事が無い。

「・・・たまに・・・様子見に来る・・・。・・・・・元気でね・・・。」

・・・いいかげんにして・・・・・!!
私がフシギダネを要らないなんて言い方・・・・・!!

恐る恐るフシギダネを見た・・・。

途方にくれた、淋しそうな、俯いた姿。
こんなフシギダネの顔、見たことがない。

・・・さっきまでの穏やかな時間が、嘘のよう・・・。

もう・・・やり直せないの・・・?

気づいたら私はフシギダネに背を向けて歩いていた。

「ダネ!?」

・・・・・ほら、呼んでる・・。
あんなに酷い事言っても、まだ呼んでくれてる・・・。

・・・振り向いてあげないの・・・・・?

「ダネェーーーー!!」

・・・・・なに、してるの・・・、わたし・・・・・・・。

ピカチュウの取り合いで、意見の仲違い。たった、それだけのこと・・・。

私は、・・・ただ、・・・ただ、

「大切なものを守りたいなら側にいないと・・・・・・ここに残る?」

あの一言で歯止めが壊れてしまった・・・。

今思い返せば、ピカチュウに対する嫉妬だったと思う。

真面目なフシギダネの意見ぐしに遠慮したんだと思う。

きっと、フシギダネは首を振って、否定してくれるのを期待した。お互いの仲を確認したかった・・・。

・・・でも、・・・・・もう、・・・・・・・・・。

「ダァーーネェェェ・・・・!!・・・ッッェ・・・!!」



・・・・・あのフシギダネが・・・・・泣いてる・・・・・?



フシギダネ side

・・・・・・・・。

ルナは、帰ってこなかった・


・・・ホントは、ルナと一緒に旅がしたい。けど、ピカチュウも一緒に旅することも出来た筈だ。

オレが、あんな態度とったからか?

このピカチュウはまだ小さい。誰かが面倒みてあげなきゃならない。

ルナが銃を構えるのを見て、自然に体が動いてた。
このオレが、初めて身をていした。
このオレが、初めて主人に逆らった。

話し合いの中で、何度か言い返せない事があったが・・・。

・・・・・・ルナァ・・。

・・・オレ・・・ホントは強くないんだよぉ・・。

今まで強がってばかりで、クールに装ってたけど・・・。

ホントはルナと、・・・旅が・・・したいんだよぉ。

初めてだよ・・あんなに泣いたの・・!

初めてなんだよ・・ルナのような、芯の強つて、優しいヤツ・・・・!!

・・・初めてなんだよぉ!!・・・・・別れた瞬間、こんなにも苦しいの・・・・・!!

帰って来いよぉ・・・





シャーーーーーーーーー



・・・・・・(!?)



シャーーーーーーーーー・・・。



・・・・・(ジョウロの・・・み・・ず?)










ルナ side

・・・。

遠回りして、フシギダネに気づかれないように、茂みのなかを通って、フシギダネの後ろに来ている。今私は、茂みのなかで隠れているから、フシギダネは気づいていない。





・・・フシギダネにひどいことしたのに、今更出ていけない葛藤が残っている。

・・・・・私、フシギダネにわがままいってばかりだ・・・。

そんな私をフシギダネは、素っ気なく、クールに、受け止めてくれた。
バトルも強いし、弱気を見せないし。

フシギダネは大人なんだなって・・・思ってた・・・・・。


でも・・・・・、


フシギダネは真面目だから、自分の意志を曲げれない。
フシギダネは優しいから、ピカチュウのような、か弱いポケモンを放っておけない子なんだ・・・。
フシギダネは・・・、私が背中を向けたばかりに・・・・・、どれだけ苦しんだだろう・・・・・。

あの子は、手の裏を返して、私の所へ戻ってこれるような子じゃないんだ。

私の言葉を全部呑んでくれた上、我慢してまで、義理を貫く子なんだ。

・・・・・・・あんなに、泣いてまで・・・。

私の頭の中で感情が渦巻く、目の中、鼻先が熱い。
声を抑えようとするたび、顎がガクガク震える・・・。

もう、無理・・・・・!!



私は、ジョウロで、フシギダネに水を上げている。

ビクッと身体を震わせ、その子は固まったまま動かない。

私は、水を最後の一滴まで水をやり続けた・・・。

ピト・・・ピト・・・・・・・ピト。

私はジョウロを投げ、後ろからその子を力一杯抱きしめる。

「・・・嘘。」

目を閉じて言った。

「さっきの・・・嘘・・。・・・冗談・・。真に受けちゃ・・、ダメ・・。」

体が水でビシャビシャに濡れたけど気にしない。

「・・・嘘・・だから・・・。」

・・・フシギダネが勢いよく正面を向いた。その子の顔・・・一瞬だけ・・、一瞬だけ見れたけど・・・・・、

・・・凄い泣き崩れてた・・・・・、ホント・・・・・ようやくわかった・・・。

フシギダネの力が強すぎて、私は仰向けに倒れてしまう。


この子の重みを感じる。


この子の温もりが伝わる。


この子の悦びが・・・。


・・・今、水に濡れててよかった・・・。


・・・・・泣いていた言い訳・・・できるもんね・・・・。


「・・・っっ・・・!!・・・うぅ・・!!・・・っ、・・っ・・うぐ・・・、・・・!・・っ・・・えっ・・・!!」





「・・・ねえ。」


「ダネ?」


「・・・ピカチュウ、・・あなたが誘った・・・。・・・”甘い香り”で。」


「ダ!?」


「誘っておいて・・・・・用が済んだら・・・・・ポイ・・?」


「グ!!・・・・ダ、ネ・・!」


「・・・・・・この、種馬。」


「ダネぐは!!?(吐血)」





ピカチュウを手に入れた。

「ピッカッチュウーー!!」

「フシ〜・・・。」

「・・・満更でも・・、ないんじゃない・・・?」

「・・・(プイ)」

「ピッカー!」






美容室 ( 2012/03/19(月) 18:03 )