ポケモン世界を歩こう
番外!踊るポケ捜査線!〜クチバの波止場の浦島作戦〜(6)

.

・・・アイアンテールの攻撃に身を強張らせていたピカチュウ一向。

しかし、いつまで経っても、敵の攻撃の衝撃が訪れない。

ピカチュウ達は、うっすらと目を開けて確認する。

.

ゼニガメのハイドロポンプ!

急所に当たった!

効果は抜群だ!

ハガネールは倒れた。

.

「がっ・・・!!?・・・・・ぐはぁ・・・!」

ハガネールは、予想だにしない不意打ちに驚きながら、後頭部に弱点である強力な水圧を食らわされた。

ズシーーーーーーーン・・・!

やがて、大きな鋼鉄の身体は、力なく地面に倒れ伏した。

ハガネールの変身が解け、メタモンの姿に戻る。

「・・・く・・・き、貴様・・・あの高さから落ちて・・・・・死んだはず・・。」

苦し紛れに言い放つメタモン。

「てめぇ、人の事言える義理じゃねーぞゴラ。倒したかどうか確認しねーから、そういうめにあうんだよ。」

メタモンは気絶した。

.

.


「ゼ、ゼニガメーーー!!無事だったんだーーー!」

「このいいとこ取りがぁーーー!」

ピカチュウとディグダがゼニガメに駆け寄り、タックルをかました。

「がはっ・・・!・・・てめーらぁ!それが恩人に対する態度かぁ!」

「え、でもゼニガメ、始末したって、あいつらが・・・。」

「・・・ああ、そこのカモに助けて貰ってよ、何とか死なずにすんだ。」

破裂した水道管から、地上約6mほどまで噴射した水に乗り、応戦していたゼニガメ。
そこで変身していたメタモン達の策に嵌まって混乱し、頭からコンクリートの地面に落ちるスレスレの所を、猛スピードで接近して救出してくれたのがカモネギだった。

「・・・せ、拙者は、ゼニガメ殿から、ここの事態の状況を聞いたので御座る。・・・拙者も・・・、辺りのズバット達を鎮静させながら、ピカチュウ殿を、探していたので御座る・・・。」

息絶え絶えに、立ち上がり歩み寄るカモネギ。

「すまねぇな、カモネギ。そんなに疲れるまで手伝ってもらってよ。」

ゼニガメが頭をかいた。

「「((ホントは別の理由でヘロヘロになってんだって!))」」

「何か言ったで御座るか、お二方殿?」

「「いやいや別に何も。」」

.

「お、そうだ、朗報だテメーラ。」

ゼニガメの言葉が皆の視線を集めた。

「特効部隊からの連絡だ。ズバット、ゴルバット、ゴース、ゴースト、全員回収完了したぜ。」

「「おおおおぉぉ!」」

その場の全員が感嘆の意を漏らす。

.

警察のポケモン計20匹のうち、2匹敵が内部潜入を図り、味方を偽って内部から怪しい光で全体を混乱させた。

混乱により、順横無尽に攻撃をする警察のポケモンを20匹全員倒して沈静化させ、敵2匹を索敵して戦闘不能にした。これ以上ない功績だった。


残り0匹。

作戦、終了。


.

.

.

「あとは、犯人の拿捕だがコイツも時間の問題だろう。今から部隊に一旦戻るぞ。」

ゼニガメが皆をまとめる。しかしそれを遮るように、ピカチュウが発した。

「フシギダネは!?彼は無事なの!?」

焦りの表情を浮かべるピカチュウ。ディグダも、はっとする。

フシギダネをあの場に残して、どれぐらい時間がかかっただろう。

もうすでに警察がかけつけている筈だ。

でも、もしその前にフシギダネが無事でいる保障はどこにもない。

相手はエレブーにアメモース、シザリガーに相性の悪いデルビルまでいて計4匹。

今になって、なぜあの過酷な状況にフシギダネをひとり置いてきたのだろう、ピカチュウとディグダは罪悪感でいっぱいになる。

.

「・・・・・・あいつの事なんだが・・・・・。」

.

息を吐いて俯くゼニガメ。

.

目の色が変わっていくピカチュウとディグダ。

.

「応援がかけつけた時には、敵は4匹とも戦闘不能だった。フシギダネは虫の息だったらしいが・・・・・死んじゃいねぇから安心しr」

話を途中で聞くや否や、ものすごい勢いで走り去っていくピカチュウとディグダ。

さきほどの戦闘の疲れも露知らず、驚愕と後悔、そして無事を祈らんばかりの表情を隠せない2匹は、がむしゃらにフシギダネの元へ走りだした。

.

.

.

ゼニガメ side

「おいテメーラ!!・・・・・・・行っちまったか・・。」

残された俺とカモ。

「・・・フシギダネ殿は、大丈夫なので御座るか?」

「うちの衛生班が治療に当たってる。絶対大丈夫だ。致命傷でも何でも回復できるエキスパートだ。」

死んでも助けてやりたいが、俺の出来る範囲じゃねぇ。

・・・そうなんだがよ。

.

・・・・・気持ちが・・・・・いっぱいいっぱいなんだ・・・!

.

「・・・・・・・テメーラ、何でそこまで無茶が出来る・・?俺にはもう・・・・・テメーラに返せる恩なんざ・・・。」

.

フシギダネ。ディグダ。カモネギ。
そして、ピカチュウ。

潜入操作の邪魔をした一般の民間。

別に誰だろうが何だろうが関係ない。

他人は他人なんだとまくし立ててた俺だった。


しかし、敵の雷で死にかけてた俺に、”見過ごせない”という理由で、匿った筈の奴らが助けに入ってきた。

・・・っつーか、アイツラ怖くなかったのか?目の前でドンパチぶっ放してやりあってたんだぜ?

ポケモンバトルと勘違いして意気揚々としてたあの3匹にイライラしていたんだ。

.

・・・・・だが、違った。

.

アイツラ、口だけの正義じゃなかった。

.

アイツラの目が、アイツラのひとつひとつの技が、アイツラの心が、

.

俺を助けたい。

.

ヒシヒシと伝わってきたんだ。

.

普通、あの場で一人で残るなんざ誰が言えるんだよフシギダネ。

なんで、ピストルで傷負っといて、怖がってたくせに、まだ助けたいなんて言えるんだよピカチュウ。

おかしいだろ、あんな緊迫した状況で、場の空気が緩むわけねーだろディグダ。


「馬鹿だろ、いちいち見ず知らずの奴助けんのかよカモ。」

.

「・・・まあ、”助けたい”から・・・”助ける”んで御座るよ。

理由や義理、考えるのは二の次。

一番大事なのは、その一瞬自分が何を感じ取れたか。それを成し遂げれば、後々の後悔は不思議とないもので御座るよ。」

.


・・・・・愚問だったな。



「ま、億劫になっても致し方ないで御座るよ。現に、ゼニガメ殿も拙者達を助けてくれたでござる。」

「バッカが、ありゃ警察官としてのだなぁ・・・。」

「素直ではないで御座るな。」

俺とカモネギは、少しはみかむように笑った。

.

.

「・・・・・おい。」

「む?」

「・・・テメーラのトレーナー、自由奔放な性格してんだろ。」

「フフ、ほぼ当たりで御座るな。」

「やっぱりな、俺も見てみてーぜ。どうやったらあんな馬鹿共が育つんだ?・・・やっぱ、トレーナーはポケモンと似るってか?」

「拙者は・・・本日付けで仲間になった故に、新しい親についてはよく存じぬが、・・・・・目が気に入った。好きなものを全て取り入れてやろうという野心。そして、取り入れたものを死んでも守るという寛容に信念。なかなかあの若さで出来る芸当ではない。」

「目だと?」

「拙者、つまらない主人には懐かぬ性格で御座る故。」

カモネギはそう言い、空を飛ぶ。そして待機している警察の部隊の方へと飛んでいった。

.

.

「・・・・・・・・ケッ!」

から声を響かせて俺は寝転がった。

.

.

「・・・・・・・・・・。」

しばらくして、俺は立ち上がる。

「・・・・・・ケイトの所へ行くか。」

.

.

・・・・・はん、どうせ俺は素直じゃねぇよ!


.

.

.

.


ピカチュウ side

息を切らしながら走る。途中何度躓いたかわからない。

でも、彼のことで頭がいっぱいだから無理ないかな。

狭い路地を抜け、ポートの出口が左側に見えた。パトカーがたくさん。簡易天幕におまわりさんもたくさんいた。

すぐ近くにあった簡易テントに目がつく。そこには赤十字のマークがあった。病院のマーク。

アタシとディグダはそのテントに向かう。

すると、テントの中からラッキーが出てきた。看護服を着ている。

アタシはすかさず聞いた。

「すみません!ここにフシギダネは!?」

「貴方は・・・先にいた民間のポケモンですね。ご協力、本当に感謝致します。おかげさまで無事ズバット達を助ける事ができました。」

ラッキーが頭を下げる。

「質問!フシギダネは何処?」

ディグダが聞いてくれた。

「はい、この中です。すみませんが、ほかのポケモンの治療もあるので。」

ラッキーは一礼して、トテトテとその場を後にした。

.

アタシとディグダは中に入る。

「・・・!?」

「・・・ぅわ!?え?」

.

アタシとディグダが驚いた理由。

ベッドひとつおいてあるだけで、半分くらい場所をとるような狭いテントの中。

そこで真っ先に見たのは、

.

.

「・・・・・?・・・・・!?・・・・あなたたち・・・!」

・・・・・ルナがいた。

.

.

.

.

.


ルナ side

・・・・・フシギダネ達に自由行動を与えて、クチバを散策し、ポケモンセンターへ戻った。

・・・まだ、あの子達が帰ってこない。いつもなら時間を守らせてる(規則正しい生活・・・破ったらオシオキ。)から、少しおかしいと感じた。

私はカモネギをボールから出し、あの子達を探すように頼む。

ポケモンセンターのロビーのソファ待機していたら・・・。

パトカーが玄関の前に止まった。中から警察官が二人、ロビーに入ってきて、受付の看護婦さんに1分くらい事情聴取している。

・・・何かあった・・・?

そう思ったら・・・。

『ルナ様、ルナ様、恐れ入りますが、至急受付までお越し下さいませ。』

・・・・・・・私・・・何かした・・?

手に汗かいたのは気のせい・・・だと信じたい。

「・・・私がルナです。」

受付の近くにいたから、すぐにかけつけた。

「ああ、どうも、こちらクチバ警察です。えっと、貴方はフシギダネをお持ちですか?」

・・・・・・・わざわざ人を呼び出してポケモン交換・・・?

「・・・はい。・・・でも今はいなくて・・・。」

「こちらの写真を確認して頂けますか?」

一人の警察官が、携帯用の小型のコンピュータを取りだし、ボタンを操作して画面を映し、私に見せた。

「・・・・!!!?」

・・・その写真は、確かに私のフシギダネが写っていた。

・・・・でも・・・・どうして・・!

「・・・なんですかこの大怪我は!?」

ロビー全体に響くだろう、私は声を張り上げた。

「落ち着いて、フシギダネは現地で治療を行っています。もう一度問いますが、貴方のフシギダネですね。」

警察官の顔が真剣になる。

・・・私はとりあえず落ち着いた。

「・・・はい。」

.

.

.



・・・そして、パトカーで同伴して貰って、現地に着いた。

・・・・・工場?・・波止場?・・ポート?

結構高いフェンスがそびえ立ち、かなり広い敷地である工場を囲う。

私達は中に入る。

.

・・・・・一言でいうなら、”百鬼夜行”。

.

コウモリやオバケが、右前方奥の工場の密集地にて飛び交っている。

眺めているのもつかの間、私が案内されたのは、小さなテントだった。

中に入る。

.

・・・・・ベッドに俯せ、包帯が至る処に巻かれ、点滴の管が数本つけられている・・・・・フシギダネがいた。

「・・フシギダネ!!」

私はダッシュでベッドの側に近づき、フシギダネの顔を見た。

顔の殆どが包帯によって隠れていて、唯一見えるのは右目だけだった。

.

・・・・・・・・・・・・。

「・・・・・・・・・・・・。」

フシギダネは、苦しそうに息をしていた。

時折、フシギダネの蕾から出てくる花粉は、私の鼻孔を刺激し、痛みを感じる。

「・・・・・・誰が・・・・こんなこと・・・。」

握りこぶしがギリギリと震える。

.

「あなたがルナさんですね。」

・・・後ろを振り返ると、婦人警官が入ってきた。

「・・・はい。」

「私はクチバ警官巡査部長のケイトです。」
・・・・・警官というか、結構重役だった。

私は、頭(かぶり)を横に振り、寝ているフシギダネに向ける。

「・・・・・一体何が。」

「今から説明します。」

ケイトと名乗る巡査部長が・・・テントの幕を閉め、フシギダネの側に寄り、目をフシギダネから動かさずに話し始めた。

「この子は、とても勇敢な子です・・・。」

.

.

.

.




不正売買取締法違反。

・・・・・・巷のポケモンが盗まれているというカスミの話は本当だった。

.

私は、ケイトさんから事件の内容から現在の状況まで、事細かく、解りやすく話してくれた。


・・・この子達の事も。


・・・・・ピカチュウも、ディグダも、まだ巻き込まれている・・・。

その話を聞いた瞬間私はテントから出ようとしたけど、すぐにケイトに取り押さえられた。・・・・・・さすが警察官。


.

.

「私には、ダブランというイッシュ地方に生息するエスパーポケモンを所持しています。私のダブランは、ポケモンの言葉を通訳して私にテレパシーで伝える能力があるの。・・・・・・・・フシギダネの事も、ピカチュウの事も、ディグダの事も、ゼニガメから聞いているわ。あ、ゼニガメは私のパートナー。今その子達と一緒に行動してるの。・・・・・・・あなたのポケモン達は、私のゼニガメを助けてくれたのよ。巻き込まれたなんて言い方、私は願い下げです。」


・・・・・・この子達が・・?


「私達が応援に来るまでに、相手のポケモンを足止めして時間を稼いでくれたのが、フシギダネだったのよ。」

.

・・・・・・体中は大火傷で、切り傷や筋肉の炎症も、内出血もひどかったらしい。

.

「私はゼニガメに言いました。『民間のポケモンを危険に晒すな!』って。そしたらゼニガメ、『俺を助けたいって言って全然聞かないんだ』って。・・・今でも奥の工場の路地でゼニガメの為に闘ってくれてるの。」

.

・・・・・・・・ピカチュウ、ディグダ、・・・・・フシギダネ・・・・。

.

私は、側にいるフシギダネの頭を優しく撫でる。


すると、ケイトさんの無線機から声が響く。

「はい、・・・・・・・了解!すぐに!」

ケイトさんは、素早くテントから出ていく。

「ルナさん!」

テントの出口から顔を覗かせるケイトさん。

.

「あなたのポケモンも盗まれたポケモンも、全て助けます!その為の警察よ!・・・・・・信じて!」

.

・・・・・足音が遠ざかる。

・・・・・・・遠くでは、バトルの撃音が聞こえる。

・・・・・辺りでは、サイレンの音に、警察官の雑踏が聞こえる。

.

・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・私は、自分の頬を叩いた。

.

「・・・・・・・・信じる・・・・。」

.

フシギダネの頭を、怪我に響かないように優しく撫でつづけた・・・。



.

.

.

.




ピカチュウ side

.

.

・・・・・ルナ。

ディグダも驚いてる。

だって、フシギダネがいるっていうからテントに入ったら、ルナがいたんだもん・・。

・・・あ、そっか、多分ゼニガメが言ってた、ケイトって人が呼んでくれたんだ。

.

「・・・・・あなたたち・・。」

ルナがぽつりという。

・・・まあ、心配かけちゃったしね〜。

.

あ!フシギダネは!?

アタシは近くにあったベッドに登る。


.

.

.




そこには・・・・・・。

.

体が少ししか見えないぐらい、たくさんの包帯で巻かれたフシギダネ・・・・・・。

点滴がついてる・・・・・・。

苦しそうに身震している・・・・・・。

.

.

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・うっ・・・ぐす・・・・・・・うぅぅ・・。」

.

アタシは歯を食いしばって泣いた。

どうしてこんなめに・・・・。

全部・・・・アタシが弱いからだ・・・。

自分の弱さにひたすら嫌気がさし、泣きつづけた。

.

「・・・・・ピカチュウ・・・大丈夫。」

・・・え?

ルナが優しく囁く。

「・・・・・フシギダネは・・・元気だから・・・。」

・・・?・・・?

訳がわからないまま、アタシはルナの手につかまり、フシギダネの側に置かれた。

改めてフシギダネの顔を見る。

右目以外、包帯しかない。

・・・・・こんなになってまで、アタシ達を・・・・。

また、ぐずりだしてしまう。

.

.

「・・・・・るせぇな、ビービー泣きやがって。」

「!?」

「おお!死亡フラグをへし折ったかコイツー!」

ディグダが何が言ってるけどムシ!
え、今、ウソ!?

フシギダネの右目がキョロッと動き、アタシの目を貫いた。

.

「・・・・・・よかった。・・・無事か、ピカチュウ。」

.

フシギダネの表情はわからないけど、きっと笑っている。

.

・・・アタシはなんとかこらえて、右手でゴシゴシ瞼(まぶた)をこする。

.

「ちゃんと恩返ししてもらったよ!」

.

「・・・何をだ?」

.

「ともだちになった!」


.

.

.

.

.


ディグダ side

テントの中で、僕とピカチュウはルナから手当てを受けた。

っつっても、ルナが持参してるスプレーの傷薬と包帯で、やってもらってるんだけどね。

・・・ルナ、包帯の使い方上手いな。手際もいいし、だれかに教わってたのかな。


.

.

.


ピカチュウと僕はあっというまに包帯に包(くる)まれた。

へへへ、男の勲章だ。僕だって立派に戦ったんだしな。
ありがとう、ルナ。

.

ポト。

.

ルナが、手に持っていた包帯テープを落とした。

にもかかわらず、全然拾わない。

っち、しょーがねーな♪

僕は落ちた包帯テープを頭に乗せ、ルナに渡してあげようと顔を見上げた。

.

.

・・・・・・・・・・ありゃ、

.

.

・・・・・・・ルナ、なんで泣いてるの?

.

.

.

ドゴ!バキ!

「「いったぁ!?」」

.

何かと思えば、ルナがピカチュウと僕にゲンコツ!?

なにゆえ!?僕達ケガ人だぞー!

っつーか、なんで僕だけ横殴りなんだよ!

めっちゃ痛ぇーーーー!

包帯テープ飛んでったじゃん!



.

.



・・・・・?

・・・ルナがピカチュウと僕を手で撫でた。

.

・・・・・次は抱きしめてきた。

.

.

.


「・・・!!・・・う・・うっ・・うううううぅ〜〜〜〜〜〜・・・・!!」

.

.

・・・初めてみたよ、ルナが泣くところ。

・・・腕の力が強くなった。

.

.

「・・・ぅぅうううう〜〜〜・・・・!・・・・・・ぐす・・・!・・・・バカ・・・!・・・・・心配かけて・・・!」

.

・・・怒ってたんだな・・・ごめんね、ルナ。

・・・・・ちぇ、ちょっと無神経だったかな?

ん?あーあ、ピカチュウのやつ、もらい泣きしてやんの。

・・・へ?僕?
僕は泣かないよ〜、男だもん、ドヤ。

・・・・・・・ルナ、ずっと抱きしめてるな〜。

・・・ルナって、無感情かと思いきや、以外に脆いな。・・・多分ギャップの効果だね。

.

・・・・もしかしたら、僕達はこの場にいないかもしれなかったんだ。

それを想像して、怖くなったのかな、ルナ。

・・・・・・ん?・・今までのルナなら、自分で僕らを探しに来るよな?


じゃあ、ずっとここで待ってたって事?

僕らが帰るのを信じて?

あのルナが?

さっきまで僕ら、何度も死にかけたよ?


.

.

.


・・・信じてくれてるって・・・・・なんだかいいな。

いつも暖かいし、勇気が沸いてくるしね。

.

.

.

.

「(・・・早く兄貴達に逢いたいな・・・・・。)」



 

■筆者メッセージ
どうも、美容室です。

実は前話の(5)までが、ストックのあった作品であり、今回の(6)は既に自己執筆モードに入りました。

徹マンで6時間か・・・、死にそう。しかも仕事間近・・・。



正直、読者の皆様のご感想が、自分のエネルギー源になります!どんなことでも構わいません!ご感想をお待ちしt

シャワーズ「作者様、ごきげんよう。貴方という方は、また性懲りもなく感想を寄せようとしましたね。どの面下げてそんな事をおっしゃるのですか?理解不能です。自分の立場はお分かりです?貴方は今だに感想貰える身分ではありませんよ。強いていうならば足軽程度です。足軽ごときが神様である読者様に物言いですか。凄いですね、下剋上ですね、拍手2回差し上げます(パンパン)。いい加減見苦しいので、作者様は当分メッセージ欄での立ち入りを禁じさせて頂きます。異論は認可致しません。逆らえば噛み付きますから。他人様に縋ることなく、自分の力で連載を続けるからこそ美学というものでは?矮小な脳でも解りやすかったでしょう?さっさと仕事に行きなさい。」



シャワーズ「皆様方、今後作者様が頻発した場合、速やかに私に伝えて下さい。・・・駆逐致しますので♪」


 
美容室 ( 2012/03/22(木) 04:57 )