ポケモン世界を歩こう - ポケモン世界を歩こう
番外!踊るポケ捜査線!〜クチバの波止場の浦島作戦〜(3)

ゼニ「・・・で、結局お前ら何がしたいんだ?」

ピカ「犯人をやっつける。」

ディグ「同じく。」

ゼニ「・・・見解がちげーようだから教えといてやる。今回の不正取引の中身は盗まれたポケモンだ。しかもトレーナーの。」

ピカ「(そういえば、巷でも強奪や盗みが多発してるってカスミが言ってた気が。)」

ゼニ「半年前からねちねちと犯行が続いて、全然尻尾が掴めなかったが、何とか海外に売られる前に身元を突き止めた。シロヤマ組。表向きは土木建築会社。だが裏ではロケット団とつるんで、そいつらが盗んだ育ちのいいポケモンを安値で買い取り、海外で高く売る。」

ディグ「うは、鬼畜の諸行。」

ピカ「尚更見過ごせないよ!盗られた方も可愛そうだよ!」

ゼニ「・・・・・まあ、そうだよな。許されねぇ。最近現れたロケット団、ポケモンを金にしか思わない下衆。」

ゼニガメは唾をはきつける。

ゼニ「で、こっちは閃光弾はもうねぇし、ピストルに対抗できねぇ。ハッキリいって何も出来やしねぇぞ。」

ピカ「警察の動きは?」

ゼニ「俺達の位置は報告した。もう来るはず『ピストルを捨てろ!おとなしく投降せよ!お前達は包囲されている!』・・・・・言った傍からだ。」

その後、トランシーバーから音が出る。

ケイト『ゼニガメ?こちらはアナタのいる建物から右後方20mの位置よ。そちらから奴らを観察できる?』

ゼニ「奴らは2階だ。前方両サイドの建物から一人ずつ窓から見えた。っつーか、さっきの説得意味あんのか?火に油注ぐなよ、相手は素人じゃねぇんだ。」

ケイト『(〜ダブランから通訳中〜)・・・アナタに言われるとはね。・・・アナタ達ポケモンには頼りにしてるの。私達人間だけだったら、今まで解決できた事件なんて無かったわ。』

ゼニ「・・・・・ま、アンタラにとっちゃ、便利な存在だよな。」

ケイト『(通訳中)・・・・・昔から変わらないわね。アナタがクチバの街中でイタズラしていた頃、私がアナタをゲットした時から・・・。』

ゼニ「人間とポケモン同士仲良しようがしまいが、どうでもよかったしな、あの頃は。」
ケイト『(通訳中)・・・・・少なくとも、私はそんな風に思った事はないわ。・・・・・見せてあげる、人間とポケモンの絆を。・・・・・絶対にポケモンを助けるわ!』

トランシーバーがプツっと切れる。

.

その刹那、銃声が響き渡る。

.

ドキュン!ドキュン!ドキュン!ドキュン!

ディグ「うぉわあ!?」

ピカ「きゃ!」

ゼニ「何だ!?」

ゼニガメは、敵に索敵されないように、ドアから少し顔をだして、通りを見た。

.

目の前の狭いアスファルトを駆け抜けるゴースとゴースト達。

上空には夕焼け空を覆い隠すような、ズバットとゴルバット達。


銃声は轟くように響くが、彼等に当たる事はない。


ゼニ「(けっ、ゴルバットの超音波で既に位置特定してやがった。そしてゴーストタイプの奴らは陽動。物理攻撃は効かないしな。夢中に下を撃ってる間に・・・。)」

ゴルバット・ズバットのエアスラッシュ!

ズババババババババババ!!

上方から風を切る音が聞こえた。

窓ガラスが割れる音と共に。

.

銃声は止んだ。

ディグ「え?何?何があった?」

ピカ「・・・?」

イマイチ状況が理解できない二匹。

.

ゼニ「・・・俺達の役目は終わりって事さ。」

.

ザ、ザーーー。

再びトランシーバーがつく。

ケイト『ゼニガメ?今のうちよ!こちらへ引き返して!』

ゼニ「おう!」


.

.

.

ゼニガメとピカチュウとディグダは、ドアを飛び出して、後方へと逃げる。

ディグ「ぎゃああ!ゴースがいっぱい!」

ピカ「あ、向こうにお巡りさんがいっぱい!」

ゼニ「仕留めたかどうか解らねぇ!速く走れ!」

とは言っても、10匹を超えるズバット達のエアスラッシュを受けたのだ。両側ふたつの建物の2階に、切り口が開いたように内装がはっきり解り、ボロボロだった。

どう考えても避けられるはずもない。人間なら尚更だ。

故に、反撃を起こす余力などないのだ。


.

.

.

.

では何故。

.

.

.

.


ゼニガメ達その場に立ち尽くしてしまったのか・・・。


.

.

.

ゴーストの黒い眼差し!

ゼニガメ・ピカチュウ・ディグダは逃げれなくなった。

ピカ「!?」

ディグ「な!?」

ゼニ「なんだと!?」


.

.

動けないわけではない。ただ、逃げ道である先へと、進むことが出来ないでいた。

ゴルバットのエアスラッシュ!

真空波がピカチュウ達に迫った!

ピカ「危ない!」

ピカチュウが庇うように風の斬撃を腹部に受けた。

ピカ「がッ・・・・・!」

うめき声をあげてピカチュウは、地面に倒れる。

ゼニ「!!・・テメェ!」

ディグ「ピカチュウ!!?」

倒れたピカチュウを背負うゼニガメ。

ゴルバット・ズバットのエアカッター!

再び風の攻撃がやってくる。

ディグ「こっち!!」

ディグダの穴を掘る!

ゼニガメ達が通れる程の穴が空き、ピカチュウとゼニガメはディグダの後を追う。

エアカッターは、衝撃音をたてて地面に衝突した。


.

.

.

.

.

地中2m程に避難し、なんとかエアカッターを凌いだ3匹。

ディグ「ピカチュウ!!大丈夫か!?」

ピカ「・・・・うぐ・・!」

ゼニ「飛行技だ、効果はいまひとつ。だが急所に当たったか・・・。コレ食え。」

ゼニガメが甲羅からオボンの実を出す。

ディグ「何それ?」

ゼニ「回復用の木の実だ。」

ゼニガメはピカチュウにオボンの実を与えた。

.

.

.

だいぶ落ち着いたピカチュウ。

ゼニ「すまねぇな、ピカチュウ。」
ピカ「ありがと、ゼニガメ。」

.

ゼニ「・・・・・。」
ピカ「・・・・・。」

.

ゼニ「・・・・・んだよ。」
ピカ「・・・くひひ、やっと名前で呼んでくれた♪」

.

ディグ「ベタベタか、君達は?」

ピカ「ほらほら妬かない妬かない。」

ゼニ「おうよ、ディグダのお陰だぜ。いい仕事すんじゃねーか。」

ディグ「え////、いや、ちょ////、お前、バカ////」

ゼニ「誰がバカだ。」

ディグ「ぐぇぇええ!締まる!締まるぅ〜〜。」

.

ピカ「・・・・それはそうと・・・さっきは・・・。」

ディグ「そ、そうだよ!なんでゴルバットやゴーストが僕らを狙ったの!?味方じゃないの?」

ゼニ「紛れもねぇ、あいつらは特攻部隊所属のポケモンだ。・・・どうなってやがる!」
.

ザザーーー・・・!

ケイト『・・ガメ!?・・ニガメ!?聞こえる!?』

地中だから電波が少し悪いようだ。

ゼニ「ああ!こっちは無事だ!どうなってやがる!?」

ケイト『(通訳中)・・・・解らないわ!奴らを仕留めたと思ったら、いきなりゴルバット達がお互いに”怪しい光”を放ち始めて、全員混乱してるの!』

ゼニ「なんだと!?」

.

.

.


実際地上では、警察が放った筈のポケモン達が、我を失ったかのように蹂躙し、百鬼夜行のような惨状が繰り広げられ、警察も収拾に手間取る。

ケイト『ゴースト達も一緒の状態なの!ボールに戻そうにも、互いに”黒い眼差し”をかけていて、ボールに戻らない!』

ゼニ「敵はどうなったんだ!」

ケイト『(通訳中)・・・・・今ガーディを現場に向かわせてる!・・・・・え!?ダブラン、テレパシーを!・・・・・・・・・・・人間はいない!?においは!?・・・・・・ポケモンの残り香がする!?』

ゼニ「はぁ!?ふざっけんな!!絶対スーツの男がピストル持ってたの目視したっつーの!おい!ガーディと繋げろ!」

ケイト『(通訳中)・・・・・ダブラン、ガーディとゼニガメのパスを繋いで。』

ゼニ「ガーディ!テメェラの鼻は飾りかゴラァ!?」

ガーディ『・・・ゼニガメか。事実だ。反対側の建物も確認したが、ポケモンの残り香しかしない。あと硝煙の臭いだな。・・・・・敵のポケモンがピストル引いていたと考えられるな。』

ゼニ「俺は見たんだよ!黒いスーツ着て窓からピストル構えてやがった!」



見間違うはずがねぇ、と試行錯誤を繰り返すゼニガメ。だが、捜査のエキスパートのガーディが嗅覚で間違う事も有り得ない。

実際にポケモンの臭いしかしないというならば、ポケモンにスーツを着せていたのか?

否、スーツにも人間の臭いはある。それが全くないのだ。

ゼニ「じゃあさっさと追跡しろ!特捜部だろがよ!」


ガーディ『・・・目の前だ。』

ゼニ「は?」

ガーディ『目の前でズバット達やゴース達が混乱で暴れてる。その計22匹のうち2匹、硝煙の臭いのするポケモンがいる。』

ゼニ「・・・はぁ?」

ケイト『(通訳中)・・・・な、何ですって!?・・・・・・・・た、確かに数が増えてる!私達が放ったのはズバット5匹とゴルバット5匹。ゴース6匹とゴースト4匹の計20匹の筈!』

.

.

.

.

ゼニ「(・・・・・・・・あぁ・・・・・そういう事か・・・。)」

.

.

ケイト『とにかく!混乱したポケモンを沈静させるわ!!その中に敵が紛れてるんでしょ!』


ゼニ「駄目だ!ケイト、ガーディを使って直ぐに奴らを捜せ!コイツらは俺が沈静させる!」


ケイト『(通訳中)・・・・・・な!?今地上に出てきたら危ないわ!互いに攻撃しあってる渦中に飛び込む気!?』


ゼニ「・・・敵のポケモンがわかったんだ。説明聞く暇があったら、身を潜めてる人間を捕まえろ!人間もピストルを使ってた!ガーディ!お前が頼りだ!」


ガーディ『・・・・・・・・一応特攻部隊も参戦しているが、ホントに大丈夫か?』


ゼニ「テメーに心配されちゃしめーだよ、こっちにゃ強ェ味方がいる。」


ガーディ『・・・フン。・・・・・”ゴルバット”と”ゴースト”から硝煙の臭いがした。・・・・・ダブラン、パスを切れ。長時間のテレパシーは堪えるはずだ。』


.

.


ケイト『・・・・ゼニガメ。』

ゼニ「・・・なあケイト、別に互いに隣り合わせで生きてくのだけが絆じゃねぇだろ。・・・・・・・背中預けられる人間、この世でアンタぐらいさ。」

プツ・・・。

ゼニガメはトランシーバーの電源を取り、受信を切断した。

.

.

.

.

.

ディグ「敵の正体が解ったっていったけど?」

ピカ「誰なの一体?人間じゃなかったの?」

ゼニ「テメーラよく考えろ。ガーディが人間の臭いがしねぇって言った地点で、そこに人間がいないのは確定事項だ。代わりにポケモンの残り香。そして奴らはゴルバットとゴースト達に”紛れて”内部撹乱を図ったんだ。」

ディグ「へ?じゃあ、もともとポケモンだったのが人間に化けてて・・・え、どゆこと?」

ピカ「たまたま敵がゴルバットやゴーストだったって事?」

ゼニ「・・・テメーラ、”メタモン”を知らねぇのか。」

ディグ・ピカ「「めたもん?」」

.

.

.





ディグ「つまり、メタモンが最初から人間に化けてたって事?ピストルをバンバン撃ってたのがそいつら?」

ピカ「メタモン達は囮だったんだ・・。」

ゼニ「囮でも厄介なのは間違いねぇ。4人組はこの敷地から逃げられねぇ、ガーディ達に任すのが得策だ。・・・この騒ぎを止めるぞ!」

ディグ「おー!!・・・でもどうやって見分けるの?一匹一匹やっつける?」

ピカ「・・・アタシなら出来るかも。」

ゼニ「ああ、ピカチュウの”かぎわける”でメタモンを見つけるぞ。その間他の奴が攻めて来るかもしれねぇ、俺とディグダは迎撃だ。」

ディグ「了解ー!まかせろぃ!」


.

.

.

.

.

.

.

.





地上では激戦が繰り広げられていた。


空を覆い尽くす程のズバットやゴルバット。

大きな工場を挟む狭い路地に溢れ返る程のゴースやゴースト。

警察のポケモンは、特殊訓練を毎日行っており、力も精神も精練されているにもかかわらず、敵の謀略にかかり、全員が混乱状態にかかるという失態に陥った。

皆、我を忘れて自分や互いにを攻撃しあい、トレーナーである警官にも及んだ。

この収拾をつけるのは至難の技だろう。ただでさえ、訓練を受けているポケモンを鎮静させるのは骨がいる。

「くそ、埒外があかない!」

「なんでボールに戻らないんだ!」

突撃用の大きな盾を構えた特攻部隊の男達は、ボールをゴーストやズバットに翳す(かざす)も、全然元に戻らない為苛立っていた。

「コリンク!スパークだ!」
「ポチエナ!かみつけ!」
「ヨーテリー!吠えるだ!」

新たにポケモンを出して増援させるも、騒動がおさまらない。

「おい!またくるぞ!怪しい光だ!」

カッ、とまばゆく白い光が部隊を照らした。慌てて盾に身を匿うも、ポケモン達には覿面(てきめん)だった。

「あっ!ヨーテリー!しっかりしろ!」

「ぐわっ!落ち着けポチエナ!俺だ!敵じゃない!」

混乱状態になった増援は瞬く間に、戦闘不能にされていく。

「これ以上ポケモンを出すな!我々でこの場を抑えるのだ!」

「しかし、この状況では!」

ズバット達のエアカッター!

特攻部隊は慌てて盾でガードした。

「・・・くっ、一旦退却するしかないのか・・・?」

何度考えても、この状況を打破できる程の策を思いつかず、立ち往生するしかなかった。

.

.

.

.

その時。

混乱状態のポケモンの渦中の中央から、コンクリートが勢いよく割れ、地面の中から3匹のポケモンが飛び出してきた。

.

.

サングラスを掛けたディグダとピカチュウ。

そして、巡査部長のパートナーのゼニガメだった。

.

.

地上に上がり、陣形を整え、戦闘態勢をとった3匹。ゼニガメが言う。

「いいかテメーラ!そのグラサン死んでも外すな!怪しい光を遮光する役目があるんだ!」

「なんで三つもサングラス持ってたか聞いていい?」

ディグダが疑問を口にする。

「諸事情だ!」

「ホント、その甲羅の中どんだけ物が入ってるワケ?まんまドラえもんじゃん!」

「うっははwwww、ドラえwwもんwwwwww至言wwwwww!」

「ぶっ殺すぞテメーラァ!?」

ツッコムピカチュウに笑うディグダ、怒鳴り散らすゼニガメ。

場違いな所でのびやかと漫才していた3匹に、攻撃が殺到する。

ズバットの翼でうつ!
ゴルバットのヘドロ爆弾!
ゴースの催眠術!
ゴーストの呪い!

多種多様な技が四方八方から襲いかかった。

「来るぞ!」

「オッケー!!」

「散!」



作戦、開始!!



.

美容室 ( 2012/03/20(火) 09:00 )