ポケモン世界を歩こう
番外!踊るポケ捜査線!〜クチバの波止場の浦島作戦〜(2)






ゼニ「くそ!どこ行きやがった!?」

.

.

前方には廃工場。左には海。右側には広めのアスファルトがあり、40m先には出口がある。この出口以外はこのポートから出れる事はできない。鉄条網が張り巡らされてあり、ポケモンでさえ侵入を拒む。

ディグ「出口を出たっていう事は?」

ゼニ「ありえねぇ。人間の足はそんなに速くねぇ。」

ピカ「・・・人の気配がする・・・・・こっち!」

ピカチュウが先導し、正面の通りへと向かう。ゼニガメとディグダは後を追った。

道路が狭くなり、左側には建物が2つ、右側にはひとつ。夕焼け空のせいで昼間のような明るさはない。影が静寂を支配する。

ピカチュウが止まった。

ピカ「・・・あれ?・・・足音が聞こえなくなった?」

ゼニ「隠れたか?だがもうすぐ増援がくるんだぞ?」

ディグ「この敷地内ってさ、出口以外に出れるところってあるの?」

ゼニ「ねぇ。高さ2.8mフェンス登って鉄条網で串刺しにならない限りはな。」

ディグ「出口で待ち伏せした方がいいんじゃなi」
ドキュン!!

「「「!!?」」」

.

.

銃声。

.

.

やがてこだまが消え。

.

.

緊張が走る。

.

.

ピカチュウの頬に細い赤線ができた。

ゼニ「隠れろぉ!!」

ドキュン!!ドキュン!!

3匹は慌てて左後ろにある建物の入口へと全力で駆け出した。

ドキュン!!ドキュン!!

弾を弾く音が増える度に、3匹の感情は焦燥と恐怖へと変わる。

逃げ道であるドアの前へきた。

ゼニ「どいてろ!」

ゼニガメのロケット頭突き!

錆びれたドアは音を立ててへしゃげる。一気に駆け込んだ。


.

.

.

.


ピカ「はっ・・はっ・・はっ・・!」

震えが暫く止まらなかった。

ディグ「ピカチュウ、大丈夫?痛い?」

ピカ「ううん、ちょっと掠っただけ、痛くないよ。」

ゼニ「・・・待ち伏せかよ、上等じゃねぇか。迎え討ってやる!・・・・・と言いたいところだが、テメーラ、先に逃げな。」

ピカ「・・・・・今更そんなこと言わない!」

ディグ「そうだよ、君一人でどうにかできるの?」
ゼニ「五月蝿ぇ!この馬鹿!」

突然張り裂けるような怒号に、ピカチュウとディグダはたじろぐ。

ゼニ「遊びじゃねぇんだぞ、コッチはマジでやってんだ!一般人のテメーラが首突っ込むのも限度があらぁ!」

ディグ「ぉお、怖。」

ピカ「じ、じゃあこのまま引き下がれって言うの!?女の子の顔に傷つけられて、黙っていられるもんですか!」

ゼニ「その傷でテメーは死ぬとこだったんだぞゴラァ!!」

ピカ「・・ぅ。」

ゼニ「頼むからもう止めてくれ!ディグダ、お前の穴を掘るでピカチュウとこの敷地から脱出しろ。フシギダネも責任持って俺が連れて帰る。俺の事は心配すんな、どっちみちすぐに増援が来るから一気にカタつけれる。もうすぐここは戦場になるんだよ!」

ゼニガメの必死な力説を聞いていたディグダとピカチュウ。

自分本意で乱暴な彼にも、警察としての誇りがあるんだな、と感じていた。

『ザ・・ザー・・・ゼニガメ?・・こちらケイト。奴らは敷地内?』

ゼニ「ああ!(向こうからは『ゼニ!』と聞こえている。)」

ケイト『こちらは既に突入態勢はとれてる。ネズミ一匹逃がしゃしないわ!』

ゼニ「解った!奴らは銃を持ってる!敵は4人!車は壊した!民間人のポケモンもいる!現在地は中央の建物1階!(『ゼニゼニゼニ、ゼニガーメゼーニガメゼニ!ゼーニーゼーニガメゼニガー!』)」

ケイト『ダブラン!テレパシーお願い!・・・・・・・!・・・・了解!ゼニガメ、あなたは民間のポケモンを保護!直ぐに突入するわ!』


プツッ、とトランシーバーが消えたかと思えば、ウーーーウーーーとサイレンの音が響き渡った。

ディグ「わ、ビックリした!」

.

.

.

ゼニ「・・・・・いよいよ緊急事態だぜ。敵がどうでるか・・・。」

ピカ「・・・・・アタシ達は、どうなる?」

ゼニ「・・・・・・・・保護しろって言われちゃ、しょうがねぇだろうが。ここにいろ。」

.

ピカ「・・・味方が助けにくるまでここで?・・・じっと待ってるの?」

.

パシィン!

.

ゼニ「いい加減にしろ馬鹿!」

.

ゼニガメの平手打ちがピカチュウの頬に命中する。

ゼニ「まだそんな事言ってんのか!?何かテメー!命より意地張ってピストルで殺されてーのかよ!」

ピカチュウは泣きじゃくり始めた。

ピカ「だっで・・!!フシギダネは今でも戦っでるんだよ!!4対1にもかかわらず!!そんな危ない橋渡ってまで、アタシに託してくれたの!!・・・何でなのかアンタにわかる!?・・・アタシもディグダもフシギダネも!アンタの事助けたいって思ったからよ!!」

銃弾で掠れた反対側の頬、今打たれて赤くなった頬に手を当てるピカチュウ。

ゼニ「だからもうすぐ終わるんだろが!!四の五の言ってでしゃばっても意味あんのか!?ねぇだろが!!助けてくれた事にはスゲー感謝してる!マジで嬉しいよ!だからテメーラには無事でいて欲しいんだよ!!」

ピカ「・・・でも!・・でも!!

・・・・・・・・・それじゃあ何の為に、フシギダネは、アタシは、

・・・・・・ぅあああああん・・・悔しいよぉ・・・・・。」

.

大粒の涙を流して泣くピカチュウ。

ゼニガメはため息をつきながら、ガキが・・・、と呟く。

.

.

.

.

色々な面で板挟みとなっているディグダは、二人が口論している間、しかめっ面でずっと考えていた。

やがて真顔に戻り、ゼニガメに言った。


.

ディグ「っつーかさ、ゼニガメ、貸し多いよね?」
.


ゼニ「・・・・んだとぉ?」

ディグ「だってさ、僕らが助けなけりゃ、君今頃エレブーに炭クズにされてたよ。」

ゼニ「・・・・・ノーカンだ。本来なら初見の地点で公務執行妨害だ。見張りの邪魔したからな。」

ディグ「でも僕車壊したよ。しかも2台。」

ゼニ「・・・・・。」

ディグ「オマケに、ピカチュウの嗅覚と聴覚がなかったら、敵の位置分かんなかったじゃん。何て報告するつもりだった?見失いましたって?」

ゼニ「・・・・・ぐ。」

ピカチュウは既に泣き止んでいる。

ディグ「しかも警察ともあろう者が、民間のポケモンをバトルさせといえ放置とかWW。保護できてねーじゃん。命令無視だ無視。」

甲斐性なし、えらそーに、ノロマ、ハゲ等スラスラと軽快に罵倒の文句を連発するディグダ。

.

.

ディグ「・・・が・・・ぎ・・・・・・ぃいい加減にしやがれぇえ糞モグラァァア!!」

ぎゃぁあああああ!!!

.

怒りにプルプル震えていたゼニガメも、堪忍袋の緒が切れ、調子づいてるディグダにのしかかり、はたく、頭突き、水鉄砲の応酬。

断末魔の叫びが部屋に響いた。

ピカ「ちょっと!加減って言葉知らないの!?パート2!!」

ゼニ「うっさいわ!・・・こんな惨めな思いは初めてだ。」

延びているディグダに蹴りを入れ、ガクッとうなだれるゼニガメ。

.

ピカ「・・・ねぇ、ゼニガメ。」

ピカチュウは涙で濡れた瞳を拭い取り、ゼニガメの瞳を見る。

ピカ「ゼニガメは・・・いい警察官だよ。とっても立派、自信持っていいよ。」

ゼニ「・・・・・・・。」

.

ピカ「でもさ、警察以前にアンタ亀でしょ!!亀なら亀らしく助けられたら恩返ししなさいよ!!」

.

ゼニガメは大きく息を吸い込み、深くため息をついた。

.

ゼニ「誰がうまい事言えといったあああぁぁぁ!!!」

良い場面・・・。なんて一言も言わせない。いや、させない。

ゼニ「どいつもこいつも!俺を舐めてんじゃねーぞゴラァ!」

ディグ「警察官が逆ギレかー!?こりゃ駄目だー!!」

ゼニ「るせぇ!」

ディグ「がふっ!?」

ピカ「まどろっこしいわね!男のくせに貸しのひとつも返せないの!?」

ディグ「そーだそーだ!」

ゼニ「あ”あ”あ”ぁぁぁ〜〜〜!!五月蝿ェ五月蝿エェ!バーカバーカ!もう勝手にしやがれ!俺ァもう知らんからな!」

ゼニガメは壁に頭を打ち始めた。

.

.

.

ピカ「(・・・ディグダ、ありがと。)」

ディグ「(貸しひとつ、だからね♪)」

二匹は向かい合い、軽く舌を出してはみかんだ。



.




美容室 ( 2012/03/20(火) 08:49 )