ポケモン世界を歩こう
ハナダシティ(4)
カスミはアズマオウを繰り出した。

私はフシギダネを出す。

「つつく攻撃!」

「・・・かわして。」

アズマオウの突撃を難なくかわすフシギダネ。

「・・・タネマシンガン。」

「水に潜って!」

宿り木の種が含まれたフシギダネの銃弾を、アズマオウは水に飛び込んで回避する。

ここのフィールドは、プールサイドが足場になっていて、すぐ隣には大きなプールがあり、反対のサイドは壁になっている。

地上戦となると、移動範囲が限られてしまう・・・。

「こっちの番よ!アズマオウ、水の波動!」
アズマオウの口から水の衝撃波を受けるフシギダネ。

ダメージは小さいが、とてつもなく早い。

「・・・ヘリコプターで防いで。」

フシギダネは、蔓を螺旋状に構え、防御壁をつくる。

「アズマオウ!水の波動!」

構わず攻撃を続けるアズマオウ。

それを防御するフシギダネ。

(・・・・相手は水に入る事でスピードに特化している。・・・相手のだいたいの戦法は、自前のスピードを生かして遠距離攻撃を加えながら、隙を見つけて体当たり・・・・かな?

・・・何にしても、一度捕らえない限り、攻撃を与えることは難しい相手・・・・。)

「アズマオウ!角で突く!」

アズマオウは、泳ぎのスピードを生かし、水から勢いよく飛び出し、フシギダネを狙い撃つ。

「・・・ジャングルーム。」

フシギダネは、幾数もの蔦や蔓を出し、正面に向ける。

アズマオウが突撃する瞬間、大量の植物の蔦や蔓が増殖し、衝撃をクッションのように吸収する。

オマケに、相手の身動きを封じる効果もあるから一石二鳥・・・。

「止められた!?」

「・・・タネマシンガン!」

至近距離でのタネマシンガンで一気に勝負をつける・・・。

「水の波動!!」

次の瞬間、爆撃音が響き渡る。

あの状況で、すかさずカスミは相殺させた。・・・・さすがプロ・・・・。

フシギダネとアズマオウは互いにダメージを負った。

アズマオウはプールへ逃げ込み、再び水の波動を撃ち続けた。

フシギダネは反射的にヘリコプターでガードする。

「・・・フシギダネ、そのまま引きつける。」

「さて、うまくいくかしら?」

余裕の表情を浮かべるカスミ。

・・・?

攻防が続く最中、フシギダネに異変が起こる。
フシギダネが目を回し、フラフラし始めた。

「・・・!?」

「混乱状態にかかったわね!行くわよアズマオウ!」

・・・混乱?
状態異常のひとつ・・?
・・・私は、毒や麻痺や眠り等なら治せるが、混乱を治す薬は持っていない。

フシギダネは自分を攻撃し始めた。

「・・・くっ・・!」

すかさず傷薬で回復させる。

「アズマオウ!つつく!」

アズマオウの攻撃が命中する。
効果は抜群だ。

傷薬を使ってなかったら、やられていた・・・。

フシギダネはまだ混乱から治らない。
自分を攻撃しつづけている。

「・・・落ち着いて・・!」

「もう一度よ!」

早い動きで接近するアズマオウ。

一方フシギダネは、指示の有無に関係なく、突然蕾から花粉を出した。

何かと思い、目を見張っていたが、接近してきたアズマオウが粉に触れた途端、突然アズマオウは倒れた。

「!?・・アズマオウ!しっかり!」

アズマオウは目を回し、フラフラして動きが不安定。
フシギダネと同じ状態・・・。

私は、フシギダネと初めて会った時の事を思い出した。

『フシギダネは、感情を花粉で表現するのじゃ。』

オーキドさんは、確かにそういった。

フシギダネは、混乱状態になったことで、相手を混乱状態にする花粉を作り出した・・・・。

相手は陸地・・。チャンスは今・・・!

「・・・稲妻落とし!」

「ジタバタよ!」

フシギダネは、なんとか私の指示を聞き入れ、蔓を伸ばしてアズマオウを捕らえる。

アズマオウはジタバタを繰り返し、蔓から逃れようとする。
かなりの力・・・。・・・でも・・・。

「・・・フシギダネの蔓から抜けたのは・・・・今まで誰もいない・・・・。」

フシギダネの跳躍。
アズマオウを空中に投げ上げ、回旋。
そのまま、アズマオウの顔面を下方に向け、硬いプールサイドに叩きつけた・・・!

効果は抜群だ。

アズマオウは倒れた。

「ウソ・・・!?」

カスミは驚きを隠せずにいた。
アズマオウをボールに戻し、真剣な顔つきに戻る。

フシギダネは、混乱が治ったみたい・・・。

「やってくれるじゃないルナ!でも、それまでよ!」

カスミはシャワーズを繰り出した。

「相性の悪い相手には、それなりの対処を持つのは当たり前なのよ!」

シャワーズの冷凍ビーム!

「ダネェーーー!?」

フシギダネは倒れた。

私はフシギダネをボールに戻す。

「・・・・・・・おつかれ。」

相手はシャワーズ、体力がずば抜けて高く、簡単には倒せない相手・・・。

・・・でも・・。




私はピカチュウを出した。

「ピカアアアァァァ!!!」

凄まじい気合い・・・・。
電気袋からスパークが弾けている。

「油断大敵。シャワーズ!光の壁!」

シャワーズは、特殊防御を高めようと結界を張ろうとする。

「・・・電光石火!」

・・・させない・・・!
ピカチュウの素早い攻撃が当たり、怯むシャワーズ。光の壁を発動できなかった。

「・・・電磁波!」

ピカチュウは、シャワーズに電磁波を発する。

「水に逃げるのよ!」

電磁波を回避するシャワーズはプールに飛び込む。

ピカチュウは後を追うが、シャワーズの姿が見当たらない・・・。
水面の上から探してみても、泳いでいる気配さえ感じない・・・。

「フフ、シャワーズは水に溶けて身体を隠すポケモンなの。肉眼で見つけるのは不可能よ!シャワーズ!水の波動!」

突然、予測もしない方向から、水弾がピカチュウを襲う。

それを奇跡的にかわすピカチュウ。

「マグレにしちゃ、よくかわしたわね!でも、奇跡はそんなに起きないわよ!」

「・・・・・・電気ショック!」

「ピッカアアアーーー!!」

バチィ!!!!

ピカチュウから発せられた電撃が、プールを通電する。突然、プール全体の水面から蒸気がたちこもり、あちこちに幾つもの水しぶきが弾ける。

「な!・・・なんて威力・・。」

「・・・水は・・・電気を・・よく通す。」
水中に溶けているシャワーズも、ピカチュウの電撃に耐えられないだろう・・・。

・・・あの子の首につけているネックレス。あれは電気玉を元につくってある。トキワの森で拾ったものを、入院している間に加工して、アクセサリにした・・・。

あのアイテムは、ピカチュウの電気の威力を膨大に高めることができる・・・。

たかが電気ショックでも、威力が倍増している為、喰らえばひとたまりもないだろう。

「・・・甘いわね。」

・・・?

「さっき言わなかった?シャワーズは水に溶けて姿を隠すって。正確にいえば、身体を水に擬態させるのよね。

プールに逃げ込んだのは、ピカチュウをプールの方向に注意を寄せる為よ!」

・・・・・・・!?

「・・・ピカチュウ・・後ろ!」

「シャーーーーズ!」

ピカチュウの背後には、いないはずのシャワーズが突進してきていた。

「シャワーズ!波乗り!」

シャワーズは、体内から大量の水を排出し、ピカチュウに覆いかぶさるように、水とともにのしかかり、ピカチュウを飲み込んだ・・・!

(・・・!!・・・シャワーズがプールに入ってから攻撃した水の波動・・・。あの瞬間から・・・シャワーズはすでにプールから出ていた・・・!・・・自分を、水の波動という技自体に擬態して・・・!)

私は、カスミに尋ねた。

「・・・ピカチュウがプールに電気を流すのは・・・・・予想済み?」

「当然よ!だから敢えて居るフリをしてあげたのよ!」

・・・さすがプロだ。

自分のポケモンに合った戦い方。
何度も重ねてきた知恵や経験が、強さを物語っている・・・・。

「生半可のポケモンなら、私の水ポケモンには敵わないわ!」

・・・なら、私達は、その強さにどう補うのか・・・。

「・・・ピカチュウ・・電磁波!」

ザバァ!!

プールからピカチュウが飛び出し、奇想天外の不意打ちに驚いているシャワーズに電磁波を浴びせる。

・・・そう。
・・・・・・護ることで、・・・強くなる・・・!

自由を、仲間を、日常を
自分が生きる為に賭けている覚悟を・・・!

シャワーズは麻痺状態になった。

「ウソ!?今の波乗りが効いてない!?シャワーズの最高の技なのに!」

カスミは困惑している。

「・・・・・波乗りを喰らったのは・・・・影分身。」

「影分身!?いつそんな指示したのよ!そんなそぶり一度も無かったわ!」

「・・・バトルの時に・・・・・癖つけてるから・・・。因みに・・・電光石火のすぐ後・・。」

「・・・!!・・・シャワーズのレベルを見くびらない事ね!シャワーズ!アクアテール!」

シャワーズは、水の尻尾でピカチュウを薙ぎ払う。

スカッ・・・!

「これも分身!?」

ドカ!!

「シャーーーズ!?」

ピカチュウは、背後からシャワーズの後頭部に電光石火で攻撃した。

その衝撃の強さに、シャワーズはプールサイドに屈伏した。

「・・・・あと、言い忘れてた。」

「ピカァ!!」

ピカチュウは、倒れているシャワーズの胸倉を掴んで無理矢理起こす。

「・・・・私のピカチュウには特性があって・・・。」

「ピ〜〜〜〜カ〜〜〜〜・・・・・!!」

ピカチュウの身体から、凄まじく電圧が上昇する。今にもシャワーズが感電する勢いで、電気がバチバチと音を立てる。


「・・・・好きな人(フシギダネ)を傷つけられたら・・・・


私でも、手がつけられないくらい・・・


・・・バーサク化するから・・・。」


「ヂュヴヴゥゥウ〜〜〜〜〜!!!! 」

バリバリバリバリバリバリ!!
ビリビリビリビリビリビリ!!






ピカチュウは10万Vを覚えた。

シャワーズは倒れた。





美容室 ( 2012/03/19(月) 18:32 )