ポケモン世界を歩こう - ポケモン世界を歩こう
ハナダシティ(3)
私はハナダに戻ってきた。

クチバシティのパーティのチケットを貰ったとはいえ、余り気が進まない。
元々、私は人がたくさん集まる所が苦手で、人とワイワイ賑わう事は好きではない・・・。

でも、持っておいて損はない筈。

私達は、次の街に向けて出発した。



「ピカ!」

・・・ピカチュウが怒っている・・?

・・・あ・・そうか、プールに連れていく約束だった・・・・。



歩くこと数十分、私達はハナダジムに到着し、中に入る。

そこには、大きな競泳プールがあった。

「・・・ピカピ・・。」

「・・・・・遊ぶ所じゃ・・・ないようね・・。」

ポケモンジム故、屈指のトレーナー達がプールで修業をしている。

特に用は無いため、帰ろうとすると、一人の女の子が引き止めた。

「ちょっとアンタ!」

競泳水着を纏った、オレンジ髪の女の子が近づいて来た。

「挑戦者でしょ!?何こんなところで突っ立ってんのよ?」

「・・・見学。」

「・・・・ふ〜ん。見たカンジ、トレーナーの様だけど、このジムに何か用?」

カリカリしながら、少女が問い掛ける。

「・・・ここが遊泳プールだと聞いて・・・、・・・この子が楽しみにしてたから・・・。」

私はピカチュウに目を向ける。

すると、ピカチュウに気づいたその少女が一変。

「あ〜!ピカチュウだ〜!可愛い!」

少女は、ピカチュウを抱き上げる。
・・・本来、見知らぬ者に対して警戒心の高いピカチュウは、抱かれるのを嫌がるもの。

でも、私のピカチュウは特別。・・・誰にでも甘える。

「ピッカー♪」

「ウフフ、懐かれた〜!」

先程までしかめっ面だったのが、可愛いポケモンを見た途端、そこら辺の普通の女の子の様に笑顔を見せる・・・。




「遊泳プールだったら、地下にあるわ。案内するけど、ピカチュウだけ?」

「・・・・あと、この子も。」

私はポケットからボールを出した。

ボールを投げ、非常食をだす。

「ガアアアアア!」

「・・!?」

その少女の目つきが変わった・・・。

品定めをするように、私の非常食をじっくり観察している。

「・・・良いギャラドスじゃない。並のトレーナーじゃ、ここまで育てられないわよ。」

その少女は私に太鼓判を押した。

「・・・ジムリーダーとして、アンタみたいな強いトレーナーを目の前に、何もしない訳にはいかないわ!・・・ポケモンセンターで回復は済ませてるんでしょうね!?」
「・・・・・・(コク)」

・・・なんで頷いたんだろ・・・。
少し後悔した・・。

「見学なんて固いこと言わない!今すぐにでも手合わせしてあげるわよ!」



こうして、私は無理矢理、ジム戦をさせられるハメになり、バトルフィールドに引きずられてしまった・・・・。

「・・・ピカ。」

「・・・・・これが終わったら、プールに入れるから・・・・・・・多分。」


ルナの手持ち

フシギダネ Lv23

ピカチュウ Lv18

ディグダ Lv23

ギャラドス Lv26

打って変わり、ここのジムリーダーとバトルすることに・・・。

「紹介が遅れたわ。私は水ポケモンを愛する世界の美少女!名はカスミ!」

「・・・・・・・・散歩大好きルナです。」
何も思いつかなかった・・・。

「アンタは、何かポリシーを持ってる?私のポリシーはね、得意の水タイプで攻めて攻めて攻めまくる事よ!」

「・・・・・・・・旅した時間、絆の深さ、規則正しい生活・・・?」

・・・?・・間違った事は言ってない。
私のぽりしーだもの。

「面白いわねアンタ。・・・私をそこら辺のジムリーダーと一緒にしない事ね。
マサラから来た男の子に負けてから、私は仕事でジムリーダーをする事をやめたわ・・・。相手に失礼だもの。」

・・・・・グリーンの事・・?

「この3週間、多くの挑戦者を負かしてやったわ!
ポケモン協会から、挑戦者が潜在能力や自信を発揮出来る様に、力を調節しろって言われたけど、それが何!?
・・・私も楽しむ為にトレーナー始めたんだから。アンタも、私を楽しませて頂戴!!」
ジムリーダーのカスミが勝負を仕掛けてきた。




美容室 ( 2012/03/19(月) 18:31 )