Rutioーポケダンの前の話ー

  • prorogue
    • ある日の朝、目覚めたら…

小説トップ
prorogue
ある日の朝、目覚めたら…
「おはよう!」

「あらルーちゃん。おはよう。」

リビングには暖かくも美味しそうな香りが広がっていた。



ー俺はルチオ。どこにでもいる普通の男だ。
母さんと父さんには[ルーちゃん]と呼ばれている。そして、俺にはもう一人家族がいる。ー

「にーちゃん!おはよー!」

こいつは俺の弟であるアナスタシオ。もうとっくに座っていた。

「おぉ。おはよう。」

「さぁ…出来たわよ!」

母さんは出来立ての目玉焼きが乗ったプレートを人数分机においた。

そして…

「「「いただきます!!」」」

やっぱ、目玉焼きには醤油………あ。

同時に俺とアナスタシオは醤油さしをとろうとした。

「おい!俺が先だぞ!」
「ぼーくーだーよー!」

「喧嘩はやめなさい!仲よくね。」

「「ハーイ………。」」

「先、いいぞ。」
「いいの?ありがとう!」

先に弟にわたし、無事醤油をかけられ…朝御飯を食べ終わったあと、学校の準備をした。

「いってきます!」
「いってらっしゃい。」

俺は家をあとにすると、学校に向かった。




ー**ー
「おーうぃ!おはよー!」
「うえーい!」

いつものようにハイタッチ。俺の友達にな。

「や、ルチオ。今日も元気ね。」
「フン!俺はいつも元気だ!それが取り柄だからな。」

こいつはカリーナ。俺の幼馴染みでこいつは代わりもんでな…

「天使のように可愛いすぎる()カリーナでぇーす♪」

こんな感じに自己紹介してきた、謎多き人間である。

「授業始めるぞー!」

そろそろ授業か。
俺は席についた。















「・・・・・・・でさ。」
「あら。ハハハハ。」

「あれ・・・・?アナスタシオは…?」

「あぁ。あーちゃん(アナスタシオ)は友達の家にお泊まりして今日はいないのよ。」
「そ、そう…。」

俺はただ軽くうなずいただけだった。



ーーだが、これはこれから起こることの前触れ…
  それを意味するのだろうか…厚い黒いくもがこちらに近づいていたーー




[その日の夢の中]
回りはすべて真っ暗だった。自分ももちろん見えない。
そこに、真っ黒い人間のようなものがいた。"真っ黒"で"輪郭線"すらないのにだ。

すると…そいつは粘土のように形を変え幽霊の形になり、こう言った。

「光の影…持つものよ…」

ーー!?
この声は…アナスタシオ!?

だが口調は違う。ただにているだけなのか…





うっ、まぶしい……。
後ろを見ると自分の影が光っていた。
アイツが、光の影っていったのは俺のことなのか。


「お前は…新たなる姿となるのだーーーーー!!!」

すると、急に風が吹き始めた。
ーおい!アナスタシオ…ならば、今すぐ止めt…ー

「うぉ………………!」

き、急に…体が…

俺はたってもいられず右手と両膝は床につき、左手で胸を押さえた。


ドックッ!!!!


「う…………。」

意識が薄れ目がぼんやりと開く中、俺の右手はどんどん緑色になっていった。

「うっ、うぅ……………………!!」



















「うわぁーーーーーーーー!!!!!!」

ハァハァハァ………。ゆ、夢だったのか……。
それにしても、リアルに感じたなのはなぜd…!

俺の右手は夢の中と同じ緑色になっているし!
ま、マジかよ…。あ、コレハマダ、ユメカモシレナイ。

俺は頬をつねった。痛い。

いやいや…まさかな。
俺は自分自身で否定しながら自分の部屋の窓に写る姿を見た。

ーー緑色の体に、お腹に当たって赤いライン。
後ろには体よりもっと濃い緑色の長細い葉っぱーー


そう俺は…ジュプトルになっていたのだ!
BACK | INDEX | NEXT

チコリータlove ( 2014/11/24(月) 22:18 )