ふれあい
おちびとおいちゃん
 これは、嵐の翌日の物語。ちょっとした物語。



   *



 ようやく笑った青い空、照れ屋な太陽は雲に隠れて。
 木々は、ようやく訪れた平穏な時間が嬉しいようで、さわさわとその身を揺らしている。
 枝から垂れ下がる金の果実も一緒に揺れ、その表皮で静かに身を寄せ合うしずく達が、きらきらと光を弾いてこぼれ落ちた。

「きょうのおそらはわらってるのっ!」

 弾んだ声音と共に、木のうろからぴょこんと幼子が顔を出した。
 その声に驚いてしまったのか、身を寄せ合っていたしずく達が、逃げるようにぽたりと滑り落ちていった。

「でも、まだおかぜはきげんがおわるいの……」

 今度は元気のない声音。
 見開かれていた大きな瞳も、心なしか輝きが鈍くなっていた。
 荒さの残る風が、幼子の言葉に文句を言うように吹き抜けていく。
 びゅっと吹き抜けた風に思わず目をつむった幼子は、むっとして黄の丸模様がある頬を膨らませた。

「もうっ、おかぜのおこりんぼさんっ!」

 とんがり耳をぴっと弾くのは、吹き抜けた風に対する抗議の表れ。
 白と空の二色の身体に、くるんっと大きな尾が印象的なパチリスの幼子。
 そのパチリスが不意に鼻をひくつかせ、鼻腔の刺激に首を傾げた。

「へんなおにおいがするの」

 変な匂いの元はどこだろう。
 しばらく鼻をひくひく動かしていたのだが、途端にとんがり耳がぴんっと伸びた。
 変な匂いは下からだ。
 たたたっとすぐに木を駆け降りて行く。
 パチリスが草地に足を着けたとき、その衝撃に驚いたしずく達が土へと逃げた。

「へんなおにおいはどこから?」

 匂いの元をたどろうと鼻をひくつかせるのだが、邪魔をするように風が吹き抜ける。
 それにまたむっとして、パチリスは頬を膨らませた。
 ぱちぱちという音は、勢い余って頬からもれた電気が小さく弾けた音。
 そうしたら今度は、ごうっと音をたてながら勢いよく風が吹いた。

「おかぜのいじわるぅーっ!」

 風に負けまいと踏ん張るパチリスだったが、幼子が勢いのある風に勝てることはなく、ころりんっとそのまま転がって行く。
 けれどもそれは、すぐに動きを止めた。
 むくりと起き上がったパチリスが、ふるふると首を振って振り向いたとき、大きな存在を見つけた。

「お嬢ちゃん、大丈夫かい?」

 四肢をたたんで草地にうずまっていた大きな存在が、前足でパチリスを受け止めていた。

「うんっ!ありがとなの、おいちゃんっ!」

 にこりと笑ったパチリスが立ち上がり、無事を知らせるようにぴょんぴょんと跳ね回る。
 それに対して、そうか、よかったと返した大きな存在は、重ね合わせた前足に顎を乗せて一つ息をこぼした。

「おいちゃん、つかれてるの?」

 不思議そうに首を傾げるパチリスに、大きな存在は赤の瞳を向けた。
 闇色に身を包んだ身体に、その赤の瞳は強く映える。

「そうだな、おいちゃんは疲れたよ」

 口元に仄かな笑みを形つくる。
 湾曲した角が印象的なヘルガーだ。

「疲れて」

 赤の瞳がかげりを帯びて。

「もう、動けないかな」

 仄かな笑みを形つくっていたヘルガーの口元は、自虐的な笑みへと形を変える。
 胸中に渦巻く様々なものに目を伏せ、ヘルガーがもう一つ息を吐き出した。
 その時だ。

「おいちゃん」

 ヘルガーの耳にパチリスの声が突き刺さった。
 はっと見開かれた赤の瞳に、それを覗きこんだパチリスの姿が映る。

「おいちゃん、だいじょぶなの?」

 不安そうな表情を浮かべるパチリスに、ヘルガーの瞳は取り繕うように優しげな光を宿した。

「ああ、大丈夫。お嬢ちゃん、ありがとう」

「おいちゃん、つかれてる。おちびのおうちでやすんでいいの」

 大きな瞳を揺らして、パチリスは小さな前足を懸命に上へ伸ばして指し示す。
 その先を追えば、木の幹にぽっかりと空いた小さな穴。
 そこにうろがあるだろうということは、ヘルガーにも検討がつく。

「ここはもしかして、お嬢ちゃんのお家なのかい?」

 ヘルガーの問いかけに、パチリスは元気に頷いた。

「うんっ、そなのっ!」

「お父さんやお母さんはお家?」

 その言葉に、パチリスのとんがり耳がぴくりと反応した。

「パパとママ、きのう、おでかけしたままかえってこないの」

「出かけた、まま?」

 ヘルガーの目元に剣呑なものが宿る。

「あのね、きのうね。おかぜがぐわあんって、おそらとおもりをまぜまぜしちゃったの」

 小さな手をぐるぐる回したり、あちらこちらに動かしながら、パチリスは懸命に説明を続ける。

「パパね。たべものしんぱいって、ようすをみてくるねって、そーこまでいったの」

 幼子の言葉の隙間に、自分を主張するように風が吹き抜けて行った。
 荒さの増す風に、パチリスは思わずぶるりと身を震わせた。

「おかぜ、またきげんがおわるいの……」

「ああ、まだ嵐は近くにあるからな」

 ヘルガーの言葉に、パチリスが首を傾げた。

「あらしって、きげんのおわるいおかぜが、おそらとおもりをぐわあんってまぜまぜしちゃうこと?」

「ん。……そうだな」

 幼子にどう説明しようかとヘルガーは一瞬悩むが、パチリスが言っていることが間違っているとも思えなかった。

「ああ。嵐は、風が空と森をかき混ぜてしまうことだな」

 ヘルガーの同意を得られたパチリスが、嬉しそうにとんがり耳をぱたぱたとさせた。

「おちび、ひとついいこになったっ!」

 えっへん、と胸を張ってみせるパチリスに、ヘルガーは自然と頬が緩むのを自覚する。
 けれども、すぐにそれを引き締めると、すくっと立ち上がった。

「…………っ」

 ずきん。
 身体を駆けた痛みに顔をしかめる。
 もう少しだけ待って欲しい。
 そう静かに念じた。

「あ。へんなおにおいしたの」

 パチリスが言葉をこぼす。
 ヘルガーが立ち上がった時に、ふわりと鼻腔を刺激した匂いで思い出した。
 そうだ、この変な匂いを追いかけていた。

「へんなおにおいは、おいちゃんから?」

 首を傾げて、パチリスはヘルガーを見上げた。
 大きな瞳が不思議そうに瞬く。

「おいちゃん?」

 パチリスがヘルガーを呼ぶ。
 呼ばれたヘルガーもまた、赤の瞳を瞬かせて。

「まいったな……」

 ふっと、ヘルガーは小さく笑う。

「お嬢ちゃんは、とっても鼻がいいんだな」

「おいちゃん……?」

「お嬢ちゃんのいう変な匂いは、森とは違う匂いなのだろ?」

「うん」

「ほら、とっても鼻がいい」

 最後にそうこぼして、ヘルガーは口を閉じてしまった。
 口元にうかぶのは、またも自虐的な笑み。

「おい、ちゃん……?」

 パチリスもまた、それを最後に口を閉じた。
 何となく、それ以上の言葉を発することは出来なかった。
 その耳元で、先ほどから荒れる風が唸る。
 草木はまるで、そんな風に怯えているようにその身をざわざわと震わし、太陽は厚い雲に隠れてしまう。
 それがヘルガーに陰りを落として。
 ふと、風の向きが変わり、パチリスのとんがり耳が立つ。
 つんっとした匂いが鼻腔を刺激した。
 この匂いは。
 ぱちっと、頬の電気袋から電気が弾いた。

「本当に、お嬢ちゃんは鼻がいい」

 突如、降ってきた声に顔を上げた。

「ごめんな、全部おいちゃんの匂いだ」

「おいちゃん?」

 ぱちぱちと頬の電気が弾く。
 それに応えるように、風が耳元で唸った。

「おいちゃん、もう行くから」

 ヘルガーの脚が動く。
 動かす度に走る痛みに瞳を歪めながら、ヘルガーはパチリスに背を向けた。
 けれどもすぐに振り返って。

「でも、おいちゃんのことは内緒にしていて欲しいな」

「?」

「おいちゃん、嫌われ者だからね」

 それだけ告げると、また向き直る。
 遠くへ行こう、なるべく遠くへ。
 そう思ったときだった。
 ぴたりと何かが脚に張り付いた。

「おいちゃんっ、だめなのっ!」

 パチリスがヘルガーの脚に張り付き、その動きを止めようとする。

「おいちゃん、おけがしてるのっ!おちびのおうちでやすむのっ!」

「お嬢ちゃん……」

 ヘルガーは視線を落として、パチリスを見た。
 ぎゅうっと脚に張り付いたパチリスは、大きな瞳を揺らしてヘルガーを見上げていた。

「このおにおいは、おけがしたときのおにおいなの。おちび、しってるの」

 ぎゅうっとする前足に力を込めて、パチリスは続ける。

「だからおいちゃん、おちびのおうちでやすむの」

 うんしょ、うんしょ、と。
 ヘルガーを木のうろへ連れて行こうと引っ張り始めた。
 けれども、幼子の力でヘルガーは動くはずもなく、うんしょという幼子の声だけが残る。

「おいちゃん、おうち、いこ」

 早くも力尽きたパチリスが、ぺたりとその場に座り込んでしまった。

「おいちゃん、やすむの」

 それでも、パチリスの瞳は力強かった。
 自分を見上げるそれに、ヘルガーは、ふっと小さく笑みをもらした。
 本当にまいったな。

「分かったよ、お嬢ちゃん。少し休ませてもらうよ」

 ヘルガーの言葉に、パチリスはえへへと笑う。
 ぴょんっと立ち上がったパチリスは、さあ行こうとばかりにヘルガーの脚を引っ張る。
 それにまたヘルガーは笑って。

「でも、おいちゃんは、お嬢ちゃんのお家に行くのは無理かな」

「え、どしてなの?」

「おいちゃんとお嬢ちゃんでは、大きさが違うからね」

 きょとんとしたパチリスはヘルガーを見上げて、頭から足元まで視線を動かす。
 次いで、確認するように自身の身体を見渡して。
 うん、と一つ頷いた。

「でも、パパもママもいないの。おでかけしてるの」

 だから大丈夫だ。
 ヘルガーを見上げる瞳が、そう告げていた。

「それでも、おいちゃんは無理だよ」

 苦笑をもらし、ごめんね、とだけヘルガーは返して、再び同じ場所に四肢をたたんで草地にうずまった。
 動作で痛みが身体を駆けたが、それには気付かぬふりだ。
 重ねた前足に顎を乗せて、ふすうと深い息をつく。
 それを見ていたパチリスが何かを閃いた。

「おいちゃん、おちびいってくるのっ!」

 そう叫び、とててっと木を駆け登って行った。
 それを見送ることしか出来なかったヘルガーは、不思議そうに赤の瞳を瞬かせた。
 パチリスは何をしに行ったのだろう。
 それでも、懸命に木を登って行った姿は愛らしく、どうしても頬が緩んでしまう。
 不意に風がごおっと唸り、木葉を舞い上げた。
 顔を上げたヘルガーの瞳がそれを追うと、その先に広がるのは笑む空。
 それでも、荒い風に押された雲が覆い始めていて、何だか泣き顔にも見えた。

「嵐はまだ、近くにいるからな」

 ぽつ。ぽつん。
 ヘルガーの呟きと重なるように、刺すような冷たさを感じた。
 目を凝らせば、幾重の筋が見える。

「雨だ」

 やがて、ぽとぽとと音が響き始めた。
 草木に粒が落ちる音。
 それに比例するように、ヘルガーはぶるりと身震いをした。
 ふう、と一つ息を吐いて、ヘルガーは再び重ねた前足に顎を乗せる。
 少しばかり、身体がかたかたと震えていることに気付く。

「寒いな……」

 そっと呟く。
 ぽとぽと、粒が草木に落ちる音。
 それに耳を傾けて、ヘルガーは目を閉じた。
 ここに居れば幸い濡れることはなく、それで体温を奪われることもないだろう。
 けれども、ヘルガーがかたかたと震えている理由が別にあることも、ヘルガー自身はよく分かっていた。
 いろいろと流しすぎたのだ。
 その時だ。
 ふわり。何かがヘルガーの鼻腔をくすぐった。

「おいちゃん、おさむいの……?」

 ヘルガーがゆっくりとまぶたを持ち上げれば、金の果実を抱えたパチリスがいた。

「おちびも、ごろんするの」

 パチリスが座り込み、ヘルガーへともたれた。

「これでおいちゃんもあったかいの」

 えへへと笑うその顔が、ヘルガーにとっては何だかくすぐったくて、むずむずとした気持ちにさせる。

「お嬢ちゃんは、何を持ってきたんだい?」

 問いかけるヘルガーに、パチリスは再びえへへと笑うと、うんしょと抱えていた金の果実を差し出した。
 ふわりと香る果実の匂い。
 これは先ほど、ヘルガーの鼻腔をくすぐったものだ。

「これ、おおぼんっていうのっ!」

「おおぼん?」

「うんっ!」

 艶やかな表皮はいくつもしずくを乗せていて、パチリスが笑った反動で、するりと表皮を滑っていった。

「おおぼんはね、かりってたべると、ふおおってげんきたくさんなるの」

 食べると元気が出る。
 パチリスの言葉で、ヘルガーの古い記憶が呼び起こされた。
 降り積もった埃を払うようにして、それをゆっくりと拾い上げる。

「おおぼんは、オボンか……。滋養作用があるから、怪我にはよく効く」

 懐かしむような光を瞳に宿す。
 けれども、その光はどこか痛みもはらむ。

「だから、おいちゃんたべるのっ」

 パチリスがぐいっとヘルガーの口元へオボンを押し付けた。
 それでも、ヘルガーは前足でやんわりとそれを押し返す。

「おいちゃん、もうあれだから」

「おおぼんはね、たべるとふおおってげんきなるのっ!」

 ヘルガーに押し返されたオボンを、パチリスは負けじと再び押し付ける。

「おいちゃん、たべるのっ!」

 それでもヘルガーは押し返して、突然むくりと立ち上がる。
 はずみでオボンは転がり、パチリスはぺたんと後ろへ倒れてしまう。
 荒い風に縮こまっていた草が驚きで身を震わせ、乗せていたしずくをはたきおとす。
 パチリスを見下ろす赤の瞳と、ヘルガーを見上げる大きな瞳が交差して。
 ごおっと唸った風が吹き抜ければ、草木を再び震わすのには十分で。

「おい……」

 木々が畏怖する。
 そのはずみで落ちてきたしずく達が、その二匹を冷たく刺して。
 ぽとぽとと空から降るしずくの音が、どこか遠退いて聞こえた気がした。

「おい、ちゃん……」

 パチリスが何とか声を絞り出したときだ。
 ヘルガーの視界が歪んだ。

「…………っ」

 平衡感覚が狂う。
 そのまま身体は傾いで、どさりとその場に倒れこむ。

「おいちゃんっ!」

 慌てて駆け寄るパチリスの鼻腔を、またあの匂いが刺激した。
 つんっとしたあの匂い。先ほどよりも強く感じた。

「おいちゃん、おおぼんたべるの」

 そう訴えたときだ。

きゅるるるる。

 何かが鳴った。

「おちびのおなかちがうの」

きゅるるるる。

「おちび、おなかすいてないの」

 ちがうちがうと必死に言葉を重ねるパチリスに、ヘルガーが笑った。
 その頬に、つうとしずくが伝う。

「ははっ。お嬢ちゃん、慌てすぎだ」

「おちび、おなかすいてないの」

きゅるるるる。

「でも、お嬢ちゃんのお腹は空いてるって言ってるな」

「おちび、ちがうの」

 口を尖らせて鳴る腹を抑えるパチリスに、ヘルガーは近くで転がっていたオボンを手繰り寄せた。

「このオボンは、お嬢ちゃんが食べな」

 ヘルガーの言葉に、パチリスは首を横に振る。

「おいちゃん、おけがのおにおいがするの。つよいおにおいがするの」

 ちらりと大きな瞳がそこへ向けられる。
 ヘルガーの脇腹から伸びるそれに、小さな前足を懸命に伸ばして指し示す。

「おけがのおにおい、ここからするの」

 伸びる根本からじわりと滲んでいるその色は、闇色に身を包んだ身体に強く映える。
 だから、とさらに言い募ろうとするパチリスを制して、ヘルガーは口を開く。

「これは、このままでいいんだよ。もう、痛くないから」

 ふっと笑うヘルガー。

「昨日の嵐で、倒れてきた木がここに……」

 そう少し言いかけて、すぐに口を閉じた。
 パチリスには必要のない話。
 そう思って、別の言葉を口にした。

「おいちゃん、お腹いっぱいだから。これはお嬢ちゃんが食べな」

 手繰り寄せたオボンをパチリスへ差し出した。
 それでも、なかなかそれに前足を伸ばそうとはしなかったパチリスなのだが。

きゅるるるる。

 パチリスの腹は素直だった。

「ほら」

 にっと。
 悪戯気味な笑みを浮かべるヘルガーに、パチリスは口を尖らせて言った。

「おちび、ちがうの。おいちゃんがおなかいっぱいだから、おちびがたべるの」

 オボンに前足を伸ばして。

「おおぼん、たべてほしいって。だから、おちびがたべるの」

 オボンを抱えたパチリスが、すとんとヘルガーに体重を預けて座った。
 ずしっというよりも、ちょこんと感じるパチリスの体重を感じながら、ヘルガーは再び重ねた前足に顎を乗せて瞳を閉じた。
 ぽとぽとと、草木にしずくが落ちる音に耳を傾ける。
 忘れた頃に感じる冷たさは。
 吹き抜ける風にさらわれたしずく達が、ときたまヘルガーとパチリスを刺し、じわりとひろがるもの。
 その中で、かりっと音が響く。
 やけに鮮明に聞こえたその音は、パチリスがオボンをかじった音。

「おいしいのっ!」

 そう言って、かりかりと音が何度も響いた。
 とんがり耳が嬉しそうにぱたぱたと動き、滴っていたしずくを弾き飛ばす。

「お嬢ちゃん、お腹が空いてたんだな」

「おちび、とってもすいてたの」

 返ってきたパチリスの言葉に、ヘルガーは小さく笑う。

「きのうからすいてたの」

 かりっと、音が響く。

「とってもおいしいのっ!」

 えへへと笑うパチリスの言葉に、引っ掛かりを覚えたヘルガーは、片目を細く開けて問う。

「お嬢ちゃんのお父さんは、食べ物を心配して、倉庫の確認に行ったんだよな?」

「うん、おかぜのきげん、おわるくなってからいったの。しんぱいって、ちょっといくって、パパ、いっちゃったの」

 パチリスは、かりっとかじったオボンを口の中で転がしては、おいしいのと笑う。

「じゃあ、お嬢ちゃんのお母さんは?」

「ママね、パパかえってこないねって、しんぱいって、おそらがわらって、いっちゃったの」

 ぽとぽとと空から落ちてきた音が、ざーと激しいものに変わり始める。

「お父さんを探しに行ったのか」

「おちびはまっててねっていったの。だから、おちびまってたの」

 パチリスはオボンをかりっとかじり、ふうと一つ息を吐いた。
 腹をさすっているあたり、腹が膨れたのかもしれない。

「お腹いっぱいかい?」

「そなの。もう、たべられないの」

 けぷうと、パチリスの口からおくびがもれた。
 背をヘルガーへ預けて、パチリスは空を見上げた。
 けれども、そこから見えたのは空を覆う木の葉ばかりで。
 その隙間から覗く空も、厚い雲に覆われていて見ることは出来なかった。

「パパとママ、おそいの」

 ぽつりと呟いた言葉は、びゅっと吹いた風に溶けて行く。
 それでも、ヘルガーの耳には届いていた。

「その、食べ物の倉庫はどこにあるんだい?」

「おっきなおかわのむこうなの」

 川なのか。
 そう呟きかけて、ヘルガーは口を閉ざした。
 ここにたどり着くまでの間、大きな川のを通ってきた。
 その川は、明らかに普段よりも水かさが増しているようで、濁流と化していた。
 昨夜の嵐の影響なのだろう。
 もし、あの川を越えようとしていたのだとしたら。
 そこまで考えて身震いをした。
 もしかしたら、もう。
 ここからは先は、言葉にしようとは思わなかった。
 それを、パチリスに伝えようとも思わなかった。
 知らなくていいことも、きっとあるのだから。
 それに、川を越えてはいないのかもしれないし、川を迂回する道もあるのかもしれない。

「早く、帰って来るといいな」

 呟いた言葉は、願望に近いのかもしれない。
 それでも、この幼子には笑っていて欲しいと思った。

「うんっ!」

 明るい返事と共にパチリスが勢いよく立ち上がれば、ヘルガーの瞳を覗き込んで、にぱりと笑う。

「おいちゃん、おはなしするの」

「おいちゃんが?」

「おちび、おはなししたの。おいちゃんもおはなしするの」

 とすんとその場に座り込むパチリスは、かじりかけのオボンを抱えて、ヘルガーの動きを待っていた。
 いつの間にか空から落ちてくる音は、ざーという激しいものに移り変わっていた。

「お嬢ちゃんは、おいちゃんのこと怖くないのかい?」

「こわい……?」

 小首を傾げるパチリス。

「なんでおいちゃん、こわいの……?」

「おいちゃん、こんな見た目だし」

 顔を上げたヘルガーの瞳が歪んだ。

「それに、森とは違う匂いがしたんだろ?」

「へんなおにおいしたの。でも、おいちゃんこわいのないの」

 パチリスの言葉に、ヘルガーは首を横に振った。

「そんなことないさ。染みついた匂いは、どれほどの時間が流れても消えない」

 空を見上げ、目を細めた。
 染みついた長年の匂いは、水でも洗い流せない。

「おいちゃんはね、森とは違うところで育ったんだよ」

「ちがうところ?」

 首を傾げて問う幼子に顔を向ければ。
 赤の瞳に白と空の幼子が映り、まるでヘルガーの瞳に、青空が溶け込んだようだった。

「おいちゃん、別の生き物と居たんだ。二本の足で歩く、ひょろっとした生き物で」

 そこでヘルガーは、一つ瞑目する。

「その生き物と一緒に、たくさんのものを奪ってきた」

 目を閉じていると、聞こえてくる気がした。
 怒声。悲鳴。いろんなもの。
 そして、耳から離れなくなる声がある。
 それは。奪わないで、と乞う声。
 声の主の最期。その目尻で光っていたもの。
 それが、まぶたに焼き付いている。
 そして思い出す。
 鼻腔を突き抜ける、鉄の匂いを。

「いじわる、めっ!なのっ!」

 パチリスの声に、ヘルガーのまぶたがのろのろと持ち上がった。
 そこ居たのは、目尻を持ち上げるパチリスの姿。
 その姿に。

「本当だな……」

 と、ヘルガーは呟いて、くしゃりと笑った。
 パチリスの大きな瞳が瞬く。
 ヘルガーの笑った顔が、なぜか泣いた顔にみえたのだ。

「おいちゃん?」

 パチリスがヘルガーの瞳を覗きこむ。

「おいちゃん、なかないの」

 小さな前足を懸命に伸ばして、パチリスはヘルガーの頬をそっと撫でた。

「おちび、おいっしょにごめん、してあげるの」

 よちよち、とヘルガーを撫でるパチリス。

「だから、かえしてあげるの」

 その言葉に。
 ヘルガーの瞳は細くなって、歪んで。
 また、くしゃりと笑った。

「もう、返せないんだよ。お嬢ちゃん」

「どしてなの?」

「壊したらね、もう絶対に、もとには戻せないものだから」

 ふっと小さく笑みをこぼすと、パチリスの頬は大きく膨れた。

「おちび、よくわからないの」

 パチリスは不機嫌を示すように、大きな尾をばしばしと地へ叩きつけた。

「そうだな」

 不機嫌なパチリスにそう返したヘルガーは、もう何度目かになる動作で重ねた前足に顎を乗せた。
 耳を傾ければ、聞こえるのはざーという空から落ちてきた音だけで。
 けれども、その勢いは少しだけ弱まった気もした。

「お嬢ちゃんは、地獄の使いって言葉を聞いたことはあるかい?」

 唐突なヘルガーの問いに、パチリスの頬の空気は一気に抜けた。
 ふしゅうと音をもらして。

「じごくの、おつかい……?」

 ヘルガーの言葉を少し違う形で繰り返して、パチリスは記憶を掘り返してみた。
 けれども、掘り返すほどのない記憶の中には、その言葉はなかった。

「おちび、わからないの。じごくのおつかいってなに……?」

 地獄のお使い。
 少し響きが違うだけで、随分と可愛らしく聞こえるのだな。
 パチリスの言葉に小さく笑いながら、ヘルガーはそっと口を開いた。

「地獄の使いってな」

 途端にヘルガーの瞳に不穏な光が宿った。
 それは冷たく、一瞬、パチリスはぶるりと震えた。

「爪で身を引き裂いたり」

 そこでわざとらしく、ヘルガーは重ねていた前足を組み換えた。
 その動作は自然と、パチリスの視線をそこへと向けさせることになる。
 ヘルガーに備わっている爪は、鈍く光を弾く。
 無意識下でパチリスは、自身の大きな尾を、手繰り寄せるようにしてしがみついた。

「牙で噛み砕いたりする」

 ヘルガーがぺろりと舌で口元を舐めれば、鋭い牙がちらりと見えた。

「そして、たくさんのものを奪う。壊したら、絶対にもとには戻せないものを」

 ヘルガーの瞳が煌めく。
 獣特有の、ぎらりとした絡み付くような光。
 パチリスの前足は力がこめられ、しがみついたままだった尾は、抱き締めるという表現に近くなる。

「これが、地獄の使いだ」

 ヘルガーの瞳が細められ、その奥に、ちろりと冷たい何かが灯った。
 けれども。途端に瞳は歪められ、一瞬にしてその冷たさは霧散した。

「おいちゃん、怖いだろ?」

 ヘルガーの呟きは、まるで吐息のようで、その口元では小さな笑みを形つくっていた。
 パチリスの瞬きが見えた。
 尾を抱える様が、なぜだかヘルガーには鮮明に映って、思わずその目を伏せた。

「こわいの」

 ヘルガーの胸中に燻るものに、その幼子の言葉はゆっくりと溶け込んでいく。

「じごくのおつかいは、こわいの」

 ほらな。
 ヘルガーの赤の瞳が震えた。

「おいちゃんは、怖いだろ……?」

 ヘルガーの言葉は勢いがなく、そのまま地に落ちてしまう。
 それはまるで、自分に言い聞かせるような響きにも似ていた。

「おちび、おいちゃんこわくないの」

「は?」

 弾かれたように顔を上げたヘルガーと、ずっとヘルガーを見ていたパチリスの視線が交わる。

「おちび、おいちゃんこわくないの」

 えへへ、と笑う幼子。

「な、ぜ。地獄の使いは、怖いんだろ?」

 ヘルガーの瞳が瞬く。瞬いて、震えた。

「それはこわいの。でも、おいちゃん、こわくないの」

「なぜ…………?」

「おいちゃんだからっ!おちびがすきだからっ!」

 ヘルガーの瞳が見開かれて、それが震えた。

「…………は?」

 無意識にもれでたヘルガーの声。
 それを聞いたパチリスが、むっと頬を膨らませた。
 分かっていないな。
 パチリスはそう思った。

「おちび、おいちゃんすきなのっ!それでいいのっ!」

 ふんっと、顔を背けた。
 そうしたらヘルガーから、くっくっと喉の奥からくぐもった笑いがもれた。

「本当にまいったな……」

 それはもう、本当に。
 幼子の言葉は、ゆっくりと染みる。
 そして、優しい痛みを誘う。
 ずきりと痛むのではなく、ちくりとも違う。
 そう。つきりと痛み、じわりと波紋のように広がって。
 じくじくと蝕んで行く。それは、優しくてあたたかな、残酷な痛み。

「だから、おいちゃんのめっ!、おちびもおいっしょにごめん、するの」

 にぱりと笑う幼子に。
 ヘルガーは、ふっと小さく笑いながら、静かに首を横に振った。

「だから、それは出来ないよ、お嬢ちゃん」

「どしてなの?」

「もう、返せない。返す相手もいない」

 そこで再び、パチリスは両頬を膨らませる。

「おちび、それ、わからないの」

「お嬢ちゃんは知らなくていいよ」

「いやなのっ!」

 ばしばしと、尾を地へ激しく叩きつけて抗議を示す。

「おちび、しりたいのっ!」

 譲る気配のないパチリスに、ヘルガーは嘆息を一つして苦笑した。

「これは、おいちゃんのお話。お嬢ちゃんのお話には必要ないんだ」

 これは線引きだ。
 すっと、ヘルガーは片前足を持ち上げて、つんっとパチリスの額を弾いた。
 すてんっと後ろへ転がったパチリスだが、抱えたままのかじりかけオボンは放さなかった。

「おいちゃん、いじわるなのっ」

 むくりと起き上がったパチリスに、ヘルガーは仄かに笑った。

「ありがとな、お嬢ちゃん」

 ヘルガーの言葉に、小首を傾げるパチリス。
 それを視界にいれながら、ヘルガーは重ねた前足に顎を乗せ、そっと瞳を閉じた。

「おいちゃん、つかれたの?」

 オボンを抱えたパチリスが、とことことヘルガーに歩み寄る。

「そうだな……おいちゃんは少し疲れたよ」

 細く開けたヘルガーの瞳が、パチリスへゆっくりと向けられて。
 パチリスはとすんと座り込むと、再びヘルガーへもたれた。

「おちび、おうたをうたってあげるの。おうたはとくいなの」

 えっへん、と胸を張った幼子は、小さな口で音を紡ぎ始めた。
 それは拙い音で、少しでも触れてしまえば、ぽとりと落ちてしまいそうなものだった。
 それでも、一つ一つ大切にそっと音を掴んでは、ふわりと声に乗せる。
 とても耳障りのよい音。

「お嬢ちゃん、うまいな」

 吹き荒れていた風は落ち着きを思いだしたように、パチリスとヘルガーをそっと撫でて行く。
 幼子が紡ぐ拙い音は、その風にさらわれ、草木は楽しそうにさわさわと身を揺らす。

「えへへっ」

 少し照れ笑いをもらして、パチリスは音を紡ぐ。
 ふわり舞い上がったそれは、照れ屋な太陽が顔を出すきっかけにもなり、嬉しそうに空は笑った。
 草木に身を寄せ合っていたしずくが、きらきらと光を弾き始めて。
 びゅっと風が吹き抜けた。
 驚いたパチリスが思わず目をつむり、紡いでいた音が途切れた。
 次いで目を開いたときだ。

「わあっ!おそら、にっこにこなのっ!」

 見上げた空に、七つの色の橋が架かっているのを見つけた。

「おいちゃんっ!おいちゃんっ!」

 ぱしぱしと傍らのヘルガーを軽く叩く。
 けれども、反応のないヘルガーに、パチリスは頬を膨らませた。

「おいちゃん、ぐっすりおねむなの」

 口を尖らせて。

「もう、しかたないの」

 ぽとり、嘆息を一つ落とした。
 それならば、ヘルガーが目を覚ましたときに教えてあげよう。
 あ、そうだ。ヘルガーが嵐という言葉を教えてくれたように。
 あの、空に架かる七つの色についても教えてくれるかもしれない。

「えへへ、それはたのしみなの」

 楽しみのあまり、頬が熱を帯びた。

「おちび、またひとついいこになっちゃうのっ」

 見上げる空は、とてもきらきらと輝いていた。



   *



 これは、おちびとおいちゃんの物語。ちょっとした物語。




   ◇   ◆   ◇




 闇を駆ける影が一つ。
 怒りで我を忘れた風は、空と森をかきまぜる。
 ごおっと耳もとで風が唸り、容赦のない雨が身体を叩きつける。
 いや、叩きつけるというよりも、突き刺すという表現に近い。
 どこか安全な場所を。
 そう思い、駆けながら視線をあちらこちらに走らせる。
 だが、何も見つからない。
 見つけても、すでに先客がいる。
 困ったときはお互い様。
 そんな言葉を思い出すが、実際は足を踏み入れた時点で、鋭い視線が突き刺さる。
 これ以上は近付くな。
 そう語る視線で、怒り狂う外へと弾き出される。
 そればかり。
 長年の染み付いた匂いは、例えこの嵐でも流れ落ちることはない。
 それならそれでいいさ。
 ふっと、口の端が持ち上がった。
 たくさんのものを奪ってきた。
 たくさんのそれでこの身を染めてきた。
 それは。赤いそれで、洗っても洗っても落ちないそれ。
 それだけのことを、自分は知らずに行ってきた。
 知らなかったでは許されない事を。
 だから、嫌われても文句は言えない。
 言ってはいけないのだ。
 奪われて、初めて知った痛みがある。
 それを自分は、多くの存在に与えてきた。
 これはきっと、その報い。
 だからここで空が光り、牙を向いたとしても。
 その牙が一筋の落雷となり、駆け降りてきたとしても。
 文句は言えない。
 言ってはいけないのだ。
 駆けていた足が咄嗟に止まった。
 降り仰いだのは、反射だったと思う。
 落雷が傍の樹木に落ちた。
 赤の瞳が見開かれ、樹木が映りこむ。
 それが次第に大きくなって。
 けれども、不思議と足は動かなかった。
 自棄にゆっくりと感じたそれは、やがて覆い被さる。
 その直前、あなたが見えた気がした。
 奪われて、初めて知った痛みがある。
 それを自分は、多くの存在に与えてきた。
 これはきっと、その報い。
 だから。
 何とか樹木の下から這い出て、走る痛みに瞳を歪めても。
 痛む原因を探るために視線を向けて。
 そこから伸びる樹木の一部を見つけても。
 文句は言えない。
 言ってはいけないのだ。



   *



 自分は彷徨う。
 突き刺す雨を背に受けて。
 耳もとで唸る風は、まるで自分を急き立てるようで。
 何のために彷徨うのか、それは自分も知らない。
 知っているのは。
 どこに辿り着いたとしても、どこも自分という存在を受け入れてはくれないということだけ。
 理由は知っている気がする。
 森とは違う場所で生まれ、育ち、生きてきたから。
 人と呼ばれる生き物と生きてきたから。
 あなたと共に歩んできたから。
 そして。
 あなたと共に、たくさんのものを奪ってきたから。
 あなたと共に、赤いそれでこの身を染めてきたから。
 森とは違う場所で生き、森とは違う匂いがするそれを。
 おそらく、皆は恐れるのだ。
 だって、知らなかった。
 知らなかったでは許されないけれども。
 知らなかったのだ。
 奪われると、負のものを産み出すことを。
 奪われると、痛みをはらむことを。
 それを、奪われてから初めて知った。
 あなたを奪われてから知った。
 とても痛いということを。
 そして。初めて気付いた。
 ああ、あなたは自分の全てだったのだと。
 あなたが示してくれた道を歩んでいたから、自分は歩けていたのだと。
 その示しがなければ、自分は何も出来ない。
 口の端が持ち上がる。
 自分も、堕ちたものだなと。
 細く開かれた瞳が、ぎらぎらと獣特有の光を宿す。
 痛みを知らなければ、奪って奪って生き延びて行くのだろう。
 そう思うのに。
 瞳が歪み、ぎらつく光は霧散する。
 代わりに、力なく揺れるその瞳。
 あなたがいなくなったせいで、それが出来なくなってしまった。
 どうしてくれるのだ。
 それ以外の術など知らないのに。
 あなが教えてくれたのは、奪うことだけだった。
 ちらり。
 脇腹から伸びるそれに視線を向けた。
 このまま朽ちるのも、悪くはないかもしれない。
 どこも、自分を受け入れてくれる場所はないのだから。
 言えない文句は全て、あなたにぶちまけてしまおう。
 そう思ったら、少し気持ちが軽くなった。
 少し弱くなった雨。
 そして見つけた木。
 あそこで一晩過ごそうか。
 そう思って、一つ笑った。
 結局自分を受け入れてくれる場所は。
 こんな何もないところ。
 随分と寂しいものだなと思った。
 それも全ては、あなたがいなくなったせいだ。
 でも。そんなことも、もう。どうでもいいか、と思った。
 今は疲れた。それだけだ。
 木の根元。そこに辿り着けば。
 草地に四肢を埋め、重ねた前足に顎を乗せる。
 降る雨音は遠く、木の葉から滴るしずくの音に耳を傾けて。
 瞳を閉じた。閉じたまぶたの向こうで、あなたが笑った気がした。

■筆者メッセージ
※企画、ポケモンストーリーテラーカーニバルで投稿をした短編に加筆等を行ったものです。

公開は2018年11月頃。
ばす ( 2019/02/20(水) 18:39 )