ようこそ、喫茶シルベへ











小説トップ
ティータイム 6th time-イチ-
58杯目 そわそわする、その気持ち

 すばるは今、とても困惑していた。
 助けを求めようと彼は視線を投じる。
 彼がもたれて座する木から少し離れた木。
 その木の下。絡まるように丸まって眠る茶と白の毛玉。
 ゆっくり上下する背と。
 すぴすぴと寝息が聞こえてきそうな穏やかな表情。
 そんな、泣き疲れて眠ってしまった子イーブイ達の傍。
 彼らを包むように丸まっている藤色が在った。
 すばるはその藤色に向けて視線を投じた。
 上下する背は、一見眠っているように見えるのだけれども。
 その実、眠っていないということをすばるは知っている。
 だって、彼女の両耳は分かりやすいようにぴんっと立っていて。
 そして、分かりやすいようにこちらを向いている。
 そしてさらに、さらにだ。
 これはわざとらしく、二又に割けた尾がひょんひょんと揺れている。
 すばるの眉間にしわが寄る。
 知っている。分かっている。
 あれは、“やすい”でも“らしく”でもない。
 あれは分かるように、わざとやっている。
 眉間のしわが深くなる。
 彼女は楽しんでいるのだ。そう、こちらのこの状況を。
 はあ、と思わずこぼれる嘆息。諦めも混ざる。
 すばるは改めて、困惑それに向き直ってみる。
 それから、改めて見やって。
 じっとすばるを見やる二対の瞳。
 それを、改めて受け止める。

「で?」

 眉間にしわを携えたまま、すばるは思わず身構える。
 拳を作った手を前に構えたのは無意識だった。

「急に何?」

 問われた二羽のファイアローは。

―――何でそんな、臨戦態勢なの?

 二羽のうちの片方の言葉と共に。
 二羽は同時にその首を傾げた。



   *



 そりゃ、少しばかり身構えてしまうのは仕方ないではないか。
 と、すばるは静かに思った。
 だって、雨が上がった頃。
 隣のファイアローに、別のファイアローが近寄って。
 顔を付き合わせ、何やら話を始めた様子。
 それが気になり聞き耳を立てた。
 そしたら、それに気付いた一羽に追い払われてしまった。
 その一羽に嫌いだとは言われたけれども。けれども、さ。
 あからさまに追い払われて、少しだけ落ち込んだ。
 二羽から少しだけ距離を置いて、ちらりと様子を伺う。
 ひそひそと内緒話らしい。
 遠目に眺めているところで、そのうちのもう一羽に意識が向く。
 出会ったのは二度。
 一度目は痛みの星散る中で。
 二度目は危ないところを助けてくれて。
 ほんの僅かな時間。ほんの些細な時間。
 とてもではないが、時間を重ねたとは言えない。
 なのに、なぜか姿が焼き付いてしまった。そんな、不思議な存在。
 そして今も、妙に気持ちがそわそわとしてしまって落ち着かない。
 この感覚は覚えがある。そう、久しく忘れていた感情。
 話してみたいとか。仲良くしたいとか。
 何だか恥ずかしいが、あの懐かしい感情。
 けれども、あらかさまに追い払われてしまった手前。
 どの面をさげて近寄れるのか。
 何だか振られてしまった心境だ。
 そっと諦めの息をもらしたところで。

「!?」

 すばるはびくりと身体を跳ねさせた。
 だって。今まで顔を突き合わせてひそひそと内緒話をしていた二羽。
 それが、何の前触れもなく二羽同時にくるりと振り向いたのだ。
 大切なことはもう一度確認しよう。
 二羽同時に、自分の方を振り向いたのだ。
 驚かない方が難しいと思う。
 どきどきと速まる鼓動を落ち着かせながら。

「な、なんだよ……。は、話なら聞こえてねーからな。何も知らねーからな」

 少しだけ怖じ気づいてしまっているのは。
 振り向いた二羽がじっと自分を見詰めているからだ。
 それに少しだけ気圧されているからだ。
 突き刺さる二対の視線。
 すばるは身動ぎすら出来ない息苦しさを覚えた。

「――――」

「――――」

「――――」

 三つ分の息づかい。
 それだけがその場を満たす。
 その間、すばるは突き刺さる二対の視線を解くことが出来ない。
 さわりと呑気に枝葉を撫でる風。
 それすらも恨めしいと感じてしまう。
 と言えば、この苦しさを分かってもらえるかもしれない。
 そして、すばるの桔梗色の瞳が彷徨って。
 助けを求めるように一点を見つめる。
 その見つめる先。すばるから少し離れたところで丸くなるエーフィ。
 けれども、彼女はすばるを助けるつもりはないらしくて。
 それよりも、彼のその状況を楽しんでいる雰囲気があった。
 そして、冒頭に戻る――。



   *



「んで、俺に何の用なわけ?」

 とりあえず、構えた拳はといた。
 そして、改めて問いかけてみれば。

―――……あの……その、で……

 視線を落として、あちらこちらにそれを泳がす彼女、妹ファイアロー。
 先程まではしっかりとすばるの顔を見ていたのに、改めて問えばこの様子だ。
 流石のすばるも困ってしまう。
 そんな彼女から一歩離れた彼、兄ファイアローは。
 見守るような立ち位置を保つようで。
 もじもじする彼女をそっと見やっている。
 となれば、自分に用があるのは彼女なのだな、とすばるは察する。
 そう思うと、妙な緊張感に縛られた。
 思い出すのは、やはりあの懐かしい、そわそわとした感情。
 相手のことを知りたいような。けれども、少しだけ不安があるような。
 そんな、そわそわとした感情。
 そう、たぶん。この感情は、友達になりたい、とか。そんな感情だ。
 それを自覚したら、今度は恥ずかしさの方が勝ってきた。
 この歳になって、久方ぶりの感情。戸惑いも少しある。
 あれ、友達ってどうやってつくっただろうか。
 恥ずかしさ。戸惑い。そして、焦り。
 いろんな感情が混ざりあって、こちらももじもじとしてしまいそうだ。
 そう思ったとき、すばるの中で何かが弾けた。
 もしかして、目の前の彼女も同じ気持ちなのではないか。
 ちらりと視線を彼女へ向けたとき。
 その彼女と視線がかちりと重なって。
 そして、刹那的な速さでそらされてしまう。
 あ、そうかもではない。そうなのだ。
 疑惑から確信に変わった瞬間。
 どきりと心臓が跳ねたような気がした。
 どきどきと高鳴る鼓動。迫る緊張感。
 この、気持ちは――。
 言葉を発しようとすばるが口を開きかけたとき。
 その言葉はするりとすばるの思考に入り込んで。

―――あ、あたちをもらってくださいっ!

 全てを吹き飛ばした。
 桔梗色を瞠目させて、すばるは思わず目の前の彼女を凝視する。
 当の彼女は、ようやく言えたとばかりに満足気だった。
 その後ろでは、兄ファイアローもぽかんと彼女を見やっていた。

―――ね、ねえ、ニア? それは、ちょっと違う気がするんだけど……?

 何とか絞り出した言葉を、兄ファイアローは妹へと投げる。
 それに首を傾げながら振り向いた彼女は。

―――え、違った?

 と、少し悩んだ様子で顔を俯かせる。
 けれども直ぐに、わかった、と顔を上げた。
 そして、もう一度すばるへと振り返れば。

―――すばるさんをあたちにくださいっ!

 少しだけ興奮気味ですばるに告げてから。
 彼女はまた兄へと振り返る。
 そして今度は、輝いた顔で兄へと確認する。
 どう、合ってるでしょ。
 と、それは満足気に高揚している顔だった。
 えへへ、と笑う妹に彼は、静かに首を横に振った。
 途端。表情が抜け落ちて、しゅんっと沈んだ面持ちになる彼女。
 どうやら違ったようだ。
 そう思う度に、彼女の気持ちは沈んだ。
 だって、彼女にとっては初めての感情だったから。
 もっと相手のことを知りたい、とか。
 仲良くなりたい、とか。
 そんなことを思ったのは、思えたのは初めてだったのだ。
 だから、この人ならいいと思った。
 だから、この人がいいと思った。
 それなのに。どうして、うまくいかないのだろうか。

―――初めては、すばるさんが良かったのにな……

 無意識にぽとりと、小さく落とした言葉だった。
 だから、彼女は落としたことにも気付いてはいなかったのけれども。
 それに慌てた存在が一つ。

―――ちょっと、ニア?! 言葉おかしいからっ!

―――おかしくないっ!

 兄の言葉に、心外なと顔を上げた妹。

―――だって、あたちは初めてなんだもんっ! 兄ちゃんはいろいろと慣れてるだろうけど、あたちは初めてなんだもんっ!

 むっとした彼女は膨れた。
 ぷっくりと頬を膨らませた。
 部外者を決め込んだすばるは、その表情が何だか彼にそっくりだなと静かに思う。
 そんな彼女に、兄の彼はさらに慌てて言葉を放つ。

―――ちょっと?! 何か違うからっ! こう、ニュアンスとか違って聞こえるからっ!

―――だから、おかしくないもんっ!

 ついに互いの顔を突き合わせ始めた兄妹ファイアロー。
 何だか、わいわいと言い合ってはいるようだけれども。
 部外者を決め込んだすばるには聴こえなかった。否、聴こえないのだ。

「で、俺は結局何を考えてたんだ?」

 呑気に言葉を呟いてみて、わざとらしく思案する。
 何だかそわそわとしていたような気がする。
 懐かしい感情を覚えた気もするけれども、何だっただろうか。
 わざとらしく首を傾げてみたとき。

《すっばるーん?》

 軽い口調とは裏腹に。
 まるで、地を這うような。
 そんな低い声音が響いた。
 薄ら寒さを感じて、ゆっくりとすばるは振り向く。
 少し離れた木の下。
 むくりと身体を起こしたエーフィがすばるを見ていた。
 すぴすぴと眠る毛玉達をその場に残して。
 エーフィはゆっくりとすばるへ歩み寄る。
 彼女の口の端は笑みで持ち上げられているけれども。
 すばるを真っ直ぐ見やる紫の瞳に、笑みの色はなかった。

《ねえ、すばるん?》

 再度の彼女の呼びかけに。
 すばるの肩が小さく跳ねた。

「ふ、ふうさん……?」

 すばるの隣へ座るエーフィ。
 ゆっくりと彼を見上げて、自身の紫の瞳にその彼の姿を映す。
 あ、顔がひきつってるな。と、映った自分の姿にすばるは思った。
 ざわっと風が枝葉や草花を少しだけ雑に撫でる。
 それで瞬時にすばるは察する。
 目の前の彼女がご機嫌ななめなんだな、と。

《どういうことかな?》

「それが、どういうことだ?」

《何のこと?》

「それをこっちが訊きてーの」

 でも、すばるに分かるのはそれだけだった。
 何が彼女を不機嫌にさせているのだろうか。
 そこですばるがため息を小さくつくと。
 途端にエーフィは口をへの字にした。

《だから、ボクという存在がありながら》

「……は?」

 小さくこぼれたすばるの声に構うことなく、エーフィは言葉を続けた。

《いつの間にたぶらかしてたのかってことっ!!》

「たぶらかしっ――」

 近くでわいわいと言い合っている兄妹ファイアローが。
 何だ何だとこちらを向く気配がしたので。
 すばるは慌ててエーフィを抱え込んでその場から逃げ出した。
 その間、彼女はじたばたと暴れるので。
 少しあの場から離れたところで、ぱっと彼女を落とす。
 音もなく着地した彼女は、彼へ振り向いて紫の瞳で見上げる。

「あのなあ、ふう。言葉選べっつーの」

 あれではまるで、それみたいではないか。
 別に自分は意外と一筋だと思っているのに。
 やれやれと首もとを掻いたところで。
 揺れ動く紫の瞳に気付く。

《気持ちがそわそわして、ほわほわして、うずうずしてた》

 彼女の額を飾る赤い珠が淡く発光した。

《すばるの気持ちは、ボクにだって分かるんだからね》

 きっ、と揺れ動く瞳ですばるを睨んだあと。
 くるりとエーフィは彼に背を向けてしまう。
 ぱしぱしと地へ叩きつける尾は、そのまま彼女の機嫌を表している。

「あのなあ……」

 投げやりなすばるの言葉。
 そこに少しだけ含まれた、面倒、という感情を掴んで。
 エーフィの尾がぺたりと地に落ちた。
 そして、ぽとりと言葉を落とす。

《あの娘がいいの?》

 消え入りそうなその声量に、すばるの動きが止まった。
 じっとエーフィの背を見つめるのはすばるで。
 対する彼女は微動だにしない。
 と、すばるの足が動いた。
 くしゃ、くしゃ。と草が触れ動く音を響かせて。
 一歩、二歩、と彼女に近付いて、すとんと膝を曲げて座る。
 草地はまだ雨を含んでいるので、尻は地につけない。
 それでも動く気配のない彼女に。その背に。

「馬鹿だなあ」

 と、言葉と共に盛大なため息を落とした。
 おまけに肩まで竦めてやる。
 振り返ってはいなかった彼女。けれども。
 エーフィという種は周囲の空気の動きに敏感だ。
 彼女にとって動きを感知することは、呼吸をするのと同じくらいの感覚。
 だから、すばるが盛大なため息をついて肩を竦めた瞬間。
 ぴしんっと尾を地に勢いよく叩きつけて、くるっと勢いよく振り返った。
 それは刹那的な速さだった。

《馬鹿ってなに?》

 むっとしてすばるを睨む紫の瞳。
 そこには確かな怒りの感情が滲んでいた。

「馬鹿だから、馬鹿だっつったの」

 立ち上がったすばるは、呆れた表情でエーフィを見下ろして。
 屈んでひょいっと彼女を掬い上げる。
 抵抗を試みた彼女だけれども、今回はすばるの方が早かった。
 見事に掬い上げられ、そのまま腕に抱えられてしまったエーフィ。
 それでも、抵抗の努力は続いていた。
 じたばたともがき、暴れる彼女。
 流石にすばるも手こずっている様子で。

「ちょ、まっ、暴れんなっ」

《すばるが放せば、ボクは大人しくなるもんね》

 とげのある口調に、すばるが半目になる。
 けれども、彼女の声色に拗ねの色も感じた。
 ならば、と。
 彼は彼女をがしりと、しっかりと腕で捕まえて、彼女の動きを封じる。
 だが、それで大人しくなる彼女でもなくて。
 力で駄目なら念だな、と瞬時に頭を切り替える。
 すばるとエーフィ。その周囲の空気が気配を変えた。
 彼女が念の力を解放する前触れのそれ。
 それを肌で察知したすばるは、急に彼女の藤色の毛並みに顔を埋めた。

《なっ……、ちょっ、やめっ》

 慌てた声を発したのは今度はエーフィで。
 昂った気配の空気が一瞬ぶわりと震えて、瞬時に鎮まる。
 ビロードのような感触を頬に感じながら、すばるは口の端に笑みをのせた。

《あっ! 謀ったな、すばるっ!》

 悟ったエーフィが再びじたばたともがき始めた。
 それでも、すばるのせいでそれはすぐにぎこちない動作となった。
 彼女の頬が、仄かに朱に染まる。
 すんすんとした息の音に、独特のその感覚。

《か、嗅ぐなよっ! ボクを嗅ぐなっ!》

「ん? だって、お前はハーブのにおいするからなあ……」

《そ、それはシャンプーのおかげで》

「でも、俺はお前が好きだけど?」

《んなっ!》

 ぎこちなく動いていたエーフィ。
 その動きが、ぴたりと止まった。

「だから、馬鹿だっつーの」

 すばるがエーフィをきゅっと抱き寄せて告げる。

「そりゃ、あの娘に惹かれるところがあるから、仲良くなりたいって思ったし、思ってるけど」

 抱き寄せた腕越しに、エーフィの拗ねた気配を感じて。
 すばるは小さく苦笑する。

「でも、俺にはお前だけだよ」

 はっと、彼女が息を呑む気配がすばるに伝わった。
 だから、もう一度言葉にしよう。

「俺のパートナーは、今までも、これからも、お前だけだよ」

 すばるはエーフィの耳元にそっと口を近付けて。

「ふう」

 と、吐息のようにエーフィの名を口にする。
 耳の奥を震わすその声に。
 頭を痺れさせるその声に。
 彼女は頬にしっかりと熱を灯して、静かに頷いた。


 そんな彼女の様子に。
 すばるは口の端に、そっと笑みを含ませて。
 一人静かにほくそ笑んだ。



   *   *   *



 幹にもたれ、あぐらをするすばる。
 その膝上に寝そべるのはエーフィで。
 だらりと垂れ下がる四肢に尾。
 完全にだらしない姿勢の彼女に、すばるは複雑そうな顔をする。

「なあ、いくらなんでもだれすぎじゃね?」

《えー……だって。ボクが動いたら、ラテちゃんもカフェくんも起きちゃうよ?》

 彼女の言葉に、すばるは苦虫を噛み潰した顔になる。
 そう、今の場所に座ったところで。
 何も告げずに、当たり前のように膝上を陣取ったエーフィ。
 ごろりと四肢を投げ出して、尾は優雅にゆらりと揺れて。
 完全に気を抜いた態度に姿勢で。
 始めは仕方がないなと、頭を撫でたり背を撫でたりしていた。
 エーフィもその手つきが心地よく、目を気持ち良さそうに細めて感触を楽しんでいた。
 そこまでは良かった、とすばるは思っている。

「そうだよ。なんっで、こいつらがいるわけ?」

 眉間にしわを寄せてすばるは呟く。

「気がついたら、隙間に毛玉が挟まってたんだけど」

 そう、すばるが気が付いた時には。
 彼とエーフィとの身体の隙間に毛玉が挟まっていた。
 最初は白が堂々挟まっていたと記憶している。いつの間に、と思った。
 次に気が付いたときには。
 端の方で、遠慮気味に挟まろうと試みている茶を見つけて。
 けれども、それが白の寝返りの動きに弾かれて転がったから。
 苦笑しながら隙間に詰めてやったのだ。
 それからすぐに、白と茶の毛玉はすぴすぴと寝息をたて始めたのだ。

《だって、ラテちゃんは仲良しが好きだから》

 首をもたげたエーフィが、眠る白イーブイの頬を優しく舐めた。
 次いで、茶イーブイの頬を舐めたところで。

《ほら、ボクとすばるんは仲良しだからさ》

 顔を上げて、にんまりとすばるに笑いかけた。
 瞬間。すばるの頬が仄かに朱に染まる。
 そして、さっと彼女から目をそらした。

「いや、あれは……まあ、その……?」

《知ってるよ。練習、でしょ?》

「なっ」

 そらしていた目が、がばりとエーフィを見やる。
 見開かれた桔梗色の瞳に、彼女はくすりと一つ笑った。

《つばさちゃんへ気持ちを言葉にしようと決めたすばるんは》

「ばっ、やめ――」

《そういう系のドラマやマンガで“お勉強”を頑張っていたもんね》

 彼女は知っている。
 夜、それが深まる時間帯。
 彼がこっそりと、インターネットとやらでドラマを観たり。
 アプリとやらでマンガを読んだりと。
 何か参考になる文献がないかを探していることを。
 仄かに朱に染まっていたすばるの頬。
 それがさらに深く色付いていた。

《なかなかさ》

 によっとした笑みですばるを見上げたエーフィは。

《可愛いとこ、あるよね?》

 さらに、によっと笑ってみせた。

「――――っ」

 声にならない声を上げたすばる。
 今すぐこの場から走り去りたい衝動に駆られるが。
 膝上の白と茶の子イーブイの存在を思い出して思いとどまる。
 その時だった。
 エーフィの両耳が真っ直ぐ立ち上がる。

「――――っ」

 遠くで声が聞こえた。
 ぴいっと、高く細い鳴き声。
 その声が、火照ったすばるの頬を急激に下げて行く。

「――イチの声だ」

 呟いた言葉に、エーフィが視線を投じる。

「イチが呼んでる」

 すばるの脳裏に過るのは、妹だと言ったもう一羽のファイアローの姿。
 どきん、と胸が鳴った気がして、すばるは小さく苦笑する。
 やはり自分は、どこか彼女に魅せられているらしい。
 視線を膝上に落として、見上げる紫の瞳を見つける。
 そっと頭を撫でれば、エーフィの心が流れて来る。
 不安気に揺れる心を感じ取って、すばるはふっと柔らかに笑んだ。

「大丈夫だ、ふう」

 すっと彼女を持ち上げて、隣へ下ろす。

「さっきのは、練習じゃねーからさ」

《え》

「いくら、観た読んだっつっても、つばさ相手に言葉にできるわけないっつーの」

 次いで、すぴすぴと寝息をたてている二色の毛玉を。

「先に羞恥が来る。俺のメンタルはガラスハートなんの」

 優しい手つきで掬い上げて、そっとエーフィの傍らに下ろした。

「あれは、お前相手だから言えたんだ」

 真っ直ぐにエーフィを見やる桔梗色の瞳。
 すばるとつばさは幼馴染みだ。
 その言葉のままに、幼い頃から一緒だった。
 それはすばるとエーフィも同じだ。
 幼い頃からずっと一緒だった。
 彼女達を大切に思う気持ちも、違うだけで同じ気持ちなのだ。
 けれども、明らかに違うとすれば。
 それは、共に時を重ねた長さと。
 その深さだと、すばるは思うのだ。
 それが在ったから、彼女への気持ちを彼女だけのものとした。
 だから、目の前の彼女への気持ちを。
 飾らずに真っ直ぐ、素直に言葉というカタチに出来るのだと思う。
 これがつばさなのならば、羞恥が勝って素直に言葉に出来ない。
 素直に言葉に出来る類ならば、ここまでそのままでいなかったのだから。
 ふっと、静かにすばるは笑うと立ち上がった。
 遠くから再び声がしたのだ。
 早く、と急かすような声だった。

「俺、ちょいと行ってくんな」

《……え、あ、うん》

 くるりと彼女に背を向けて歩き出すすばる。
 その動きを、彼女は目だけで追う。
 そんな彼女の頬は、しっかりと熱を帯びて染まっていた。
 不意に彼がその足を止めて、肩越しに振り返った。
 くしゃりと笑えば、彼は今度こそ駆け出して、再び振り返ることはなかった。
 その背を見送った彼女。
 思わず前足を頬に添えて、その熱を感じた。
 自分の持つ特性、シンクロを通して先程の彼の心を感じた。
 というよりも、自分が干渉して感化させやすくした彼の身体を。
 その彼に逆に利用され、彼自身が自分へ心を流して来たのだ。
 その流れて来た心。そのあたたかさと気持ち――想いに触れて。
 頬を染めない存在はないだろうと思った。

《なかなか、さ。今のは響くよね、すばるん》

 ほおと惚けた顔で、暫くすばるの背を見つめたあと。

《ああいうの、りっくんにもカタチにして欲しいなあ》

 ぽつりと願望を言葉にしてしまいまって。
 たぶん彼は、そんなことはしてくれないとは思いつつも。
 その場面を想像してしまって、顔から湯気が出そうになった。
 そして、火照った顔を見られたくなくて。
 咄嗟に傍の毛玉に顔を埋めた。
 その騒ぎに目を覚ました白と茶の子イーブイ達が。

―――ママ、おねつ?

―――かおがあついよ?

 もしかして、風邪なのか。
 そう思って、あわあわと慌て出したのだけれども。
 そんな子イーブイ達を前足でしっかりと捕まえたエーフィは。
 それから暫く、顔を隠したままで動かなかった。
 その間子イーブイ達は、最初は戸惑ったのだけれども。
 互いの顔を見合わせたあと。
 よく分からないけれども、仕方ないな。
 と、されるがままになってあげることにしたのだった。

■筆者メッセージ
残り、あと3話。
ばす ( 2019/09/07(土) 20:34 )