ようこそ、喫茶シルベへ











小説トップ
ティータイム 5th time-親と子-
36杯目 探す存在2

 飛翔する一つの影。
 頬に風が当たる。それが少しだけ冷たい。
 季節が春とはいえ、寒さはまだ少しだけ残っている。
 けれども彼女は、すぐにぬくもりを得ることが出来る。
 振り落とされないように掴まる彼の首もと。白の毛はもふもふなのだ。
 そこに身を沈めれば、もふもふの感触と彼の体温が伝わってくる。
 しばらく頬でその感触を楽しんでいたとき。
 不意に彼女の赤紫の瞳が瞬いた。
 またいでいた彼の背。その脇腹あたりを軽く足で小突く。
 ばさり。応えるように彼は羽ばたく。

「もふすけ、“超音波”」

 身体を起こしたるいは、お気に入りの白の猫耳帽子を手で抑えながら、またがるオンバーンへ告げる。
 ばさりと一つ羽ばたかせた彼は、すぐに背に乗る主の言葉を実行する。
 口から音波を放つ。
 人の耳では聞き取れない高音域。
 戦いの最中に放てば、相手の意識をかき乱して混乱させる技となる。
 だが、彼は普段から別の目的で使用することが多い。

「相手の位置分かる?」

 オンバーンの両耳が動く。
 自らが発した高音域の音波がはね返り、その音を聞き分けることによって。
 その先にある物、大きさ、距離。
 様々なことを把握することが出来る。
 それは視認するよりも正確な情報。
 オンバーンの耳がぴくりと動く。
 背の主が欲する情報を得た。
 一言鳴いてそれを訴える。

「オッケー、もふすけ。近くまで下降」

 主の言葉に音のしない羽ばたきで応える。
 そしてそのまま、西へ行路を変更してゆっくりと下降を始める。
 音もなく。風が吹いたのかと錯覚してしまうくらいに。静かに静かに。
 やがて、緑の海へと沈んだ。



   *



 気配を殺し、背丈のある茂みに身を隠す。

「ここから西の方角ね」

 るいと同じく身を低くして潜むオンバーンへの確認。
 ちらりとるいが肩越しへ振り替えれば、彼は小さくこくりと頷いた。

「オッケー」

 小さくぽつりと呟く。
 ひらり。片手を上げる。
 それが合図。
 凪いでいた茂みが動いた。風。否。彼だ。
 彼の気配が遠退いた。
 るいの手が腰へと伸びる。
 彼女の手の中できらりと光を弾く二つの球。赤と白の球。
 かちり。同時に球の頭頂、突起を指で押す。
 瞬間、球が掌大にまで大きくなる。
 ぺろり。るいが口元を舐めた。
 風はこちらの味方をしてくれるらしい。
 風下ならば、音も匂いもこちらのものは届きにくい。
 瞑目。内で目標を反復する。
 近頃、この近辺で野生ポケモンの乱獲用設置罠が見つかっている。
 その他の情報も照らしてみる。
 結果、自分達の探し求めている存在との関わりは低いと判断する。
 それでも。何かしらの情報は掴めるかもしれない。
 開眼。赤紫の瞳が煌めく。
 それが、ゼロに近い数値だとしても。
 立ち止まるわけにはいかない。

「りんのすけ、ヴィヴィ」

 二つの球を高く放る。

「目標は西の方角」

 放たれた白の光。それが形を成す。
 片方は金の瞳を煌めかせ、まといつく白の光を振り払うように身を震わせる。
 片方はるいの隣。白の光の中から青の四肢が現れ、開かれた瞳は蒼。

「りんのすけ、透視で相手の詳細位置を」

 レントラーの瞳が光を発する。
 彼女は透視の力を持ち合わせる種族。
 すぐにそれらしき存在を捉える。
 ちらりとるいを振り返り、一つ頷く。
 にやり。るいの口端が不敵に嗤った。

「オッケー」

 それを受けたレントラーも、愉しそうに瞳を細めて。

「ゴー」

 その一言が、瞳を煌々とさせると獣を駆り立てる。
 一直線にそれへと向かう背を見送り、るいは視線を下へ落とす。

「ヴィヴィ」

 名を呼べば、声の代わりに尾が揺れる。
 落としていた腰を持ち上げて、すらりとした四肢を動かす。
 まるで髪飾りのような長い房が優雅に揺れて。
 彼女、グレイシアは歩き出す。
 蒼の瞳が瞬く。
 そこに宿る色は何を現す感情か。
 それはるいにはまだ読み取れない。
 けれども。探す存在は同じ。
 それだけで、彼女達が一緒にいる理由は十分。
 グレイシアに続くように、るいも足を踏み出した。



   ◇   ◆   ◇



「これで最後っと」

 土をかぶせ、作業は完了である。
 用意していた罠は全て設置した。
 この周辺に幾つも仕掛け、あとは獲物がかかるのを待つだけとなる。
 僅かな重さを感じれば、罠が作動し、獲物の脚に縄がかかる。

「今回のは自信作だからな」

 男は呟く。

「前のは簡単にほどけたからなぁ」

 罠に使用した縄を手にし、力任せに引っ張ってみる。

「今度は頑丈な素材にしてみたんだぜ」

 見ろ、切れないだろ。
 と、男は自慢気に見せつける。
 その場にいるのは男だけだというのに。
 否。そうでもなかった。

「確かにこれ、頑丈そうだけど」

 男が反射的に言葉の方へ振り返った。
 男の瞳が見開かれる。そこに映るのは。
 鈍い光を弾く、鋭い爪。
 黒の獣が躍りかかる。
 男の口からひきつった悲鳴が。
 一閃。爪の軌跡が一線を描く。
 男の口からひきつった悲鳴がもれることはなく。
 爪の一閃にて引き裂かれた。
 はらり。男の手に握られていた縄が裂かれた。

「ポケモンの力なら」

 地に足を着けた獣が舞い戻る。

「造作もないよ」

 るいの赤紫の瞳が嗤う。
 るいの手には引き裂かれた縄。

「だからかな、つまんなーい」

 愉しそうな声から一転。気だるそうな声。
 口を尖らせて、裂かれた縄をぶらぶらとさせる。

「でも」

 ちらり。視線を横に向ける。

「りんのすけは痛かったみたい」

 レントラーの瞳が鋭く男を射抜く。
 前足を舐める部分が、少しだけ赤く滲んでいて。
 黒にその赤は映えていた。
 男は喉から何とかして、ひっ、というひきつれた声を出すことができた。
 できたから、何とかこの場を打開しようと頑張れたのかもしれない。
 気付かれないようにと、静かに手を腰へまわす。
 目の前の少女は、大丈夫かとレントラーに視線を向けていて。
 そのレントラーも少女に痛みを訴えるように、ひんひん鳴いている。
 逃げるのならば今だ。そう、確信した。
 男の指先が腰の球の突起に触れた。
 男が無意識下で安堵の息をついた。
 その、刹那。

「気付いてるよ」

 少女がこちらを向いた。にっこりと笑んで。
 同時に、背後に何かが舞い降りたのに気付く。
 きらり。視界の端。首もとで何かが光った。
 ひやり。首筋。冷たい何かが当たる感触。

「ああ。動かない方がいいよ、お兄さん」

 にっこり。少女は笑む。笑う。嗤う。

「もふすけの爪が間違って裂いちゃったら大変だもん」

 大変だもん、と口にしながらも。
 その声音は、微塵もそのように思っているとは到底思えない。
 そんな無邪気な声音。
 男の背筋に氷塊が落ちる。
 少女の足が一歩。男に踏み出された。
 一歩一歩。それは確実に縮まって。
 眼前にまでそれが縮まったとき。
 少女の赤紫の瞳が愉しそうに嗤った。
 そして。がくり。と、男の身体はくずおれた。



   *



「あれで気絶するとかありえないんですけどお」

 口を尖らせてぶつぶつと文句を言う。

「あたしがそんな、人の道を外す様に見えるとかって失礼なんですけどお」

 ぎゅうっと気絶した男を縄で縛る。
 オンバーンが。ため息一つこぼして。
 そりゃ、あのような振る舞いではそう思われるだろう。
 それに協力する自分も自分だけれども。
 そんなことを胸中で呟きながら、オンバーンは男を縛り上げた。
 ぶつぶつと文句を並べるるいは、膝を抱えて座っている。
 その横では、前足をるいに見せながら、ひんひんと情けなく鳴くレントラー。
 必死に痛みを訴えているようだ。
 それほど痛くはないだろうに。
 と思うのはオンバーンだ。
 それはるいも分かっているようで。

「ああ、はいはい。痛いのね。あとで近くの街のポケモンセンター行こうね」

 と、レントラーの頭を一撫でして終わる。軽い対応だ。

「それよりもさあ、こいつが気絶しちゃったら聞くに聞けないじゃん」

 るいの関心はあくまで男の方。
 それに対してレントラーは少々不満そうだが、ひんひんと鳴くのはやめた。

「ねえ、血統のいいポケモンのタマゴを盗む連中知らない?」

 男を指でつつきながら言葉を続ける。

「最近だと、イーブイのタマゴとかさ?」

 と、数回つついたところで諦める。

「って、聞いても無駄だよね」

 すくっと立ち上がると、腕を伸ばして筋を伸ばす。
 対峙した手応え、罠の出来。
 それらを踏まえて、おそらくこの男はまだ経験が乏しい。
 近くに仲間らしき影もなし。
 それはレントラーの透視能力や、オンバーンの関知能力で確認済み。
 つまり、目の前で転がる男は。
 まだこの世界に足を踏み入れて日が浅いということで。
 横の繋がりもまだ持っていないと判断する。
 ふう、と息を吐き出して、伸ばした手を下ろす。
 何となく空を仰いで、流れる雲を追った。
 風が吹いて、紺の髪を揺らせば。
 顔にかかるそれが鬱陶しくて耳にかけた。

「なかなかたどりつけないね」

 ぽつりと落とした言葉は風に溶ける。
 盗まれたタマゴ。それを見つける旅をしている。
 そのタマゴの母親と共に。
 不意に仰いでいた赤紫が瞬いた。
 るいが振り返ると同時に、茂みからグレイシアが姿を現した。

「お疲れ、ヴィヴィ」

 そう言って駆け寄るるいに、彼女は引きずってきた罠の残骸を見せる。

「罠はこれで全部?」

 そう問えば、グレイシアの瞳が瞬いた。
 これは彼女の是。
 予めレントラーの透視能力で罠の設置場所を確認していた。
 その場所をレントラーがグレイシアに教え、彼女は罠解除の作業をしてくれていた。

「オッケー」

 この様子だと、罠にかかったポケモンはいなかったようだ。
 まあ、あの出来だったのだから、万が一かかってしまったとしても。
 自力で脱することは出来ただろうが。

「それじゃ、これを警察に突き出して報償金貰いに行きますか」

 問い。蒼の瞳がぼやくるいを見上げる。
 応え。赤紫の瞳が少し揺れた。

「今回も収穫なし」

 それを受け取ったグレイシアは、そっと蒼の瞳を伏せた。
 そうか。そっと胸中でその応えを溶かす。
 期待はしていなかったけれども。
 落胆している自分も居るということは。
 やはり、淡い期待はあったのかもしれない。
 未だ見ぬ子。それを求めて、随分遠くまで来たものだなと改めて思う。
 求めて探す。その距離も分からぬままに歩く。

「次の街にさ、評判のいい喫茶店があるんだって」

 るいの言葉に顔を上げる。

「そこで少しだけのんびりしようか」

 赤紫の瞳が仄かに笑った。
 彼女が小首を傾げれば、紺の髪がさらりと揺れた。

「ね、ヴィヴィ」

 少しだけのんびり。
 その言葉がとくんと響いた。
 そうしようか。そうしようかな。
 気が付けば季節が一巡していた。
 探し歩いて。その事ばかりに気を向けていたから。
 その事実にも気が付かなかった。
 少しだけのんびり。
 るいを見上げて、グレイシアは小さくこくりと頷いた。



   *



 別の道を歩んでいた存在達。
 その道が、交わろうとしていた。
 別の時間を刻んでいた存在達。
 その時間が、重なろうとしていた。

ばす ( 2018/12/12(水) 21:47 )