ようこそ、喫茶シルベへ











小説トップ
ティータイム 4th time-風-
28杯目 つばさとすばると

 喫茶シルベのカフェスペース。
 ころころころ。
 ころころころ。
 白の毛玉が転がる。
 ころころころ。
 ころころころ。
 きゃっきゃと楽しそうな声ももれる。
 カウンター席に背を預け、腕を組んで眺める桔梗色の瞳と。
 その隣の椅子には、腰をおろして座って眺める橙の瞳。
 その二対の瞳が、転がる白の毛玉に視線を投じていた。

「なあ、ラテは何してんだ?」

 すばるの問いかけに。

「さあ、ラテはラテだから」

 答えにもならない答えを返すつばさ。
 ころころころ。
 ころころころころ。
 ころころころころころ。
 あちらにこちらにと、思い思いの起動を描きながら転がる毛玉。
 それがつばさの足元付近まで転がってきたとき、その毛玉が顔を上げた。
 ぱっちりと目が合ったつばさが。

「どうしたの、ラテ?」

 と問えば。
 小首を傾げた白イーブイが。

―――カフェはいいの?

 と答えるものだから。
 そこで、ぴしりとつばさが動きを止めてしまう。

「まさか、忘れちまってたとか……」

 半目になって言うすばるに。
 まさか、と反論したつばさは、さささっと腰のベルトからボールを手にした。
 ボールの突起を一つ押すと、白の光の中から姿を現す小さな影。
 それがぶるりと一つ身を震わせ、光を振り払う。
 その影がうるりと瞳を潤ませ、つばさを見上げた。

―――ボクのこと、わすれてたの……?

 つばさを見上げる瞳が、だんだんと潤んでゆくものだから。
 慌ててつばさは茶イーブイを抱き上げて。

「そんなことないよ、ごめんね」

 ね、と笑いかけた。
 けれども、妙に身を固くした茶イーブイに気が付いて。
 彼の視線が自分を通りすぎていることを知る。
 彼の視線を追えば、背後ですばるが、よっ、と声をあげて片手を振っていた。
 そしたら、ふるふると首を横に振った茶イーブイが、するりとつばさの手をすり抜け、膝上に飛び移る。
 彼はそのまま、身を丸くしてうずくまってしまった。

「俺、嫌われた……?」

 頬をかいて呟くすばるに。

「ううん。この子、少し人見知りするから」

 そっと、茶イーブイの頭を撫でながら。

「少しすれば、慣れてくると思う」

 とつばさは答える。
 これでも、前と比べればましになった方だ。
 きっと茶イーブイの過去と関係しているのだろう。
 まだ完全には振り払えていないらしいそれ。

「そっか、んなら仕方ねーな」

 すばるの声に、つばさは振り返る。

「今回はいつまでいるの?」

「んー、そーだな……」

 すばるはしゃがみ、考える素振りをみせる。

「撮りためた写真の整理と、手記の整理もしてーし」

 すばるの傍に白イーブイが近寄る。
 ふっと微笑んだすばるが、静かに手を伸ばすと、彼女はふんすふんすと匂いを嗅ぎ始めた。

「ってことは、また本でもだすんだ」

 感心を含んだつばさの問いに、まあな、とすばるが頷く。
 すばるは留守のことが多く、その理由は長期の旅に出ているため。
 旅の目的は手記を記すこと。
 こうして度々戻ってきては、書きためた手記の清書や整理他、道中に撮影した写真の整理も行っている。
 これでも彼は、数冊の手記本を出しているのだ。
 その出版された本は、ここ喫茶シルベの本棚にも置いてあったりする。

「ん、でもまあ。整理とかは建前で」

 匂いを嗅いでいた白イーブイは満足したのか、今度はすばるの手に自身の頭を押し付けた。

「ほんとは、ふうのために戻ってきた」

「ふうちゃんの?」

「ああ」

 白イーブイの頭を撫でていたすばるの手は、次に彼女の顎下を撫で始めて。
 彼女はくすぐったそうな、きゃきゃ、という声をもらした。

「りんとラテを置いていったの、気にしてるみてーだったから」

 桔梗色の瞳が、優しく細められた。

「あいつが何よりも、俺を優先しちまうのも分かってたのに。俺が旅に出るって決めちまったから」

 ごろりと寝転がった白イーブイの腹を、すばるの手が撫で回す。

「今の時期を逃すと、次は数年後にしか見られねー風景があったから」

 それをどーしても見たくて。
 そう言う彼は、呆れたような、悲しいような、そんな笑顔を浮かべて。
 うりゃうりゃと白イーブイを撫で回す手付きが、何だかとても優しく思えた。

「つーことで、今回はいつまでいんのか決めてねえ」

 そこですばるは、つばさに振り向き、にひっと笑った。

「んだから。しばらく一緒にいられんな、つばさ」

「んな!?」

 すっと立ち上がるすばるに。
 頬を朱に染めるつばさ。

「俺がいねーから、さみしかったんじゃねえの?」

 つばさの隣の椅子にすばるが座ると。
 つばさの膝上にいた茶イーブイが慌てて飛び降り、起き上がった白イーブイの影に隠れた。

「何、急に……」

 ふいっと、すばるから視線をそらすつばさに。
 カウンターに頬杖をついたすばるはにやりと笑った。

「別に。ただ、お前変わったなと思ってな」

 空いた片手がつばさへ伸び、つばさのサイドテールをすくう。
 それがさらりと音をたて、すばるの手からこぼれ落ちた。

「…………!」

 身を固くするつばさと、にひひ、と笑うすばる。
 しばらくの間、橙と桔梗色は交差していて。
 再び、すばるの手がつばさの頬に触れた時だ。
 からんころん、と扉のベルが鳴り響いた。

《…………何をしている?》

 扉を押しやって入ってきたブラッキーが、訝しげに眉を潜めて問う。

「いんや、何も」

 そう答えたのはすばるで。
 けれども。
 彼の手はつばさの頬に触れたままなのだから、何もないはずはない。
 それでも。
 それには気付かないふりをして、そうか、とだけブラッキーは返した。
 それから、自身のパートナーへ視線を向けて。
 その彼女の様子に何かを感じたのか、仄かに彼の輪模様が明滅した。
 ブラッキーとつばさ。
 その繋がりは深いところにまで及ぶ。
 だから、微弱な感情の起伏にも敏感なのだ。
 気持ちが浮わつくような、このそわそわとしたものには覚えがある。
 再びすばるに視線を戻すと、呆れたような瞳を向けた。

《イチがいたら、殺られてたな》

「かもな」

 すばるは、ぱっとつばさから手を放した。

「俺、あいつに嫌われてるみてーだし」

《みてーじゃなくて、嫌われてるんでしょ》

 ブラッキーの後ろから入ってきた影に。
 ママ!
 と声をあげて駆けて行くのは白イーブイで。
 隠れ場所を失った茶イーブイが、あちらこちらに視線を動かす。
 それを見つけたつばさが、おいで、声をかければ。
 彼はたたっと駆けて、つばさの膝上へ飛び乗る。
 ひしっとつばさに引っ付くその様。
 小さな身体のその必死な姿が、不謹慎だと感じながらも、たまらなく可愛かった。
 ゆっくりと彼の背を撫でる。

「さーてと。ふう、行くぞ」

 声と共に立ち上がったすばるは、エーフィへと言葉を投げかけた。

「あるば探し、手伝って欲しい」

 エーフィは微弱な空気の動きも感じ取れる。
 周りの様子を視認しなくとも探るのは、朝飯前というものだ。
 だから。
 すぐに了承の声が返ってくると思ったのに、実際に返ってきたのは。

《嫌だ》

 という短い一言で。

「は?」

 というのは思わずもれでた声。
 なんで、とすぐに問えば。

《今はりっくんといたいもんっ》

 自身の身をブラッキーに寄せて、頬を膨らませる様は、わがままを言う子供の様。
 そんなすばるとエーフィの様子を眺めていたつばさは。
 彼女に身を寄せられているブラッキーを一目みて、何かを悟ったように立ち上がる。

「私が手伝うから、りん達には留守番頼も」

 ね、とすばるの腕を引いて。

「私もイチを探さないといけないし」

 ちらりとつばさを見たすばるは、仕方がないかと一つ嘆息する。

「行くか」

 とだけ告げて、去り際にエーフィの頭を一撫でしてから、扉を押しやって外へ出ていった。
 残されたつばさはブラッキーへ視線を向けると。

「じゃあ、りん。ラテとふうちゃんのことよろしくね」

《カフェは?》

「この子は……」

 腕に抱いたままの茶イーブイに視線を向けると。
 ひしっとしがみついたままの彼が、静かにつばさを見上げて、ふるふると首を横に振った。

「一緒に連れてくよ」

《そうか》

「今度はラテのこと、きちんと見ててよ」

 つんっと、ブラッキーの額を軽く弾く。
 ラテ狙われ事件は、まだ記憶に新しい。

《分かってる》

 いいから、行け。
 そう促す彼に、ひらりと一つ手を振って。
 すばるの後を追うべく、つばさも茶イーブイを腕に抱えながら、喫茶シルベをあとにした。

■筆者メッセージ
文体迷子。読みやすい文章とは。
ばす ( 2018/08/18(土) 22:08 )