女、雪とともに
最終話
 ポケモンリーグ本部の一室で、頼れる部下からの報告書を読むのは私の楽しみの一つだった。
 髭とコーヒーカップを交互にいじりながら、仕事を忘れ、旅の情景を脳裏に浮かべるひと時は何事にも代えがたい。
 舞台は雪国、任務は地方神の再配置、遂行したのは……Qタロウ。
 
「どうぞ……入りたまえ」

 ノックの仕方でわかる。ちょうどいいタイミングで件のQタロウが帰ってきた。
 直接話を聞くのもいい。部下を労うのは上司の務めであり、何より仕事を忘れる追加の理由ができた。
  
「座りなさい……紅茶とコーヒーどちらだったかな」

「あ、じゃあ紅茶でお願いします」

 遠慮のない気持ちのいい答えだ。
 
「……それで、どうだったのかね……Qタロウ君?」

 ティーカップを唇につける直前で、Qタロウはクスリと笑い、こちらに顔を向けた。
 切り揃えられた前髪が少し揺れる。

「報告書の通りですが、分りづらかったですか」
 
 この子は文を書くということに拘りを持っている。
 その効用か、語ることに関してもその能力はいかんなく発揮される。
 だからこそ直接話を聞きたいのだ、という旨を伝えると少し照れくさい素振りをみせて、言葉を紡ぎ始めた。

「……なるほど、全ては君の筋書き通りか、本当に君は優秀なストーリーテラーだ」

 本来褒めると照れる性質なのに、意外にもその表情には陰がさした。

「いえ……そんなことはありません……私はユキメノコの愛を、量りきれませんでした。
 ポケモントレーナー失格です」

 何を持って失格というのか、優秀なトレーナーというのは時に完璧を求めすぎる。

「任務は果たした。ユキメノコは健在。これ以上ない結果だと思うがね」

「……ユキメノコは村を守ろうとしていただけです。
 その彼女を、神話ごと消し去る任務自体が本当に正しかったのか、私には分らないのです」

「……ポケモンは神ではない。妖怪でもない。ポケモンはポケモンでなくてはならない。
 ましてやポケモンとの婚約など、これからの私たち人間とポケモンの関係には害にしかならない。
 古き信仰は発展を妨げる。あそこにはポケモンという言葉すらなかっただろう。
 だがこれで件の村にも直にポケモンセンターができ、ポケモンとの付き合い方も変わる」

「それではまるで……」

「侵略者かもしれないな。だが信仰を捨てることと発展に伴う破壊と再生は、そういうものだ。
 君の報告書にもあるだろう。件の地の神話にも、かつてそのような少年がいたようだが」

「トバリ神話の彼の晩年は、後悔に溢れ、涙で濡れています」

「だからこそ我らは地方神を、神からポケモンへと配置し直さなければならない。
 いつの時代、いかなる場所にも、父親に英雄に仕立てられ、神の力を借り、そして悲劇を迎える少年が現れる。
 民が救世の英雄を求めるのは世の常だからだ。
 新たな時代に犠牲者を出さない為にも、我らがやらなければならない。
 犠牲になるのは、民の上に立つ、我らポケモンリーグでなくてはならない。
 君にその責を負わせているのは、それに耐え得る人材と評価しているからだ。
 今回のユキメノコ、君は遭遇する前に拘束するという離れ業で戦闘すら省略し、見事捕獲してきた。
 これが君じゃなかったら、ユキメノコはどうなっていたことか」

「それは……」

「私は君を高く評価している。
 一番の理由が、君の理想が『ポケモンと共に歩む』ことだからだ。
 君のような人間が、人間とポケモンの未来を創らなければならないのだ。
 いずれポケモンを神の旗印に、革命を狙う輩が現れる、必ず現れる。
 その時のために、君にはそれ相応の席を与えたいと思っている」

「……私の夢は、ご存知ですよね……」

「もちろんだとも。
 だが君なら二足のわらじを履くことも、可能だと思っている。
 君の歩く道は、常にポケモンと共にあるのだから」

 私の思いの丈は、全て伝えた。
 この未来ある若者が、どうするかは自由だが、私には確信があった。  

「……次の取材に、行かなくちゃ……」

 答えは最初から出ていたのだ。ただ若い時分は、迷いなく突き進むということが難しい。
 自分の行く道は、本当に正しいかどうかの保証などないのだから。
 ……いや、この歳になっても不安なのは変わらないが。

「勇気付けられていたのは私の方だよ。
 『ポケモンと共に歩む道』、見届けさせてくれ」

 ドアノブを握る後ろ姿から、Qタロウの機微が伺える。
 少なくとも、もう迷いはない。

「ところで、何でQタロウなんて名乗ったのかね」

 半身が部屋から乗り出したところで止まり、いつものささやかな笑みを浮かべてこう答えた。

「山の女神は、嫉妬深いといいますから……」  

 Qタロウ――彼女の名前を、シキミといった。
BACK | INDEX | NEXT

■筆者メッセージ
あとがき

最初に考えたときのタイトルは『雪の巫女』でした。
企画のテーマが氷のときに考えてた話です。
完結できてよかったです。
なにか思いついたら、あとがきを追記するかもしれません。

それではまた!
jiro ( 2013/04/30(火) 02:42 )