大長編ポケットモンスター「逆転編」

小説トップ
大長編ポケットモンスター「逆転編」
第9話「挑戦! キキョウジム前編」
「な、何だと……もう一度言ってくれ」

「だから、俺は昨日ジムに挑戦して勝った。このバッジが目に入らぬか!」

「やめろ〜〜!」

坊主が早朝の修行を終えるころ、キキョウシティのポケモンセンターのロビーでダルマとゴロウは騒いでいた。泊まっている客はほとんどが朝食の最中であるにもかかわらずだ。

「なぜ……なぜゴロウが勝てたんだ?俺に負けたくせによ」

ダルマはコイキングのごとき目である一点を見ていた。その先には、ゴロウの手中にある翼の形のバッジにあった。

「決まってるじゃねえか、俺が強くなったからだ」

バッジの持ち主であるゴロウは、自信に満ちた顔で答えた。相棒のコラッタも声を出して笑いながら前歯を磨く。

「くそっ、こうしちゃいられねえ。俺は先にジムに行く。ゴロウも後から来いよ!」

ダルマはリュックを背負うと、ポケモンセンターを飛び出したのであった。





「広いなあ、このジムは。あんな場所でバトルするのか」

しばらくして、ダルマはキキョウジムの中にいた。見上げると首を痛めそうなほどに高い足場と、乗ってくれと言わんばかりのリフトが目立つ。

「これは、リフトに乗れということかな?」

ダルマは恐る恐るリフトの真ん中に来た。するとどこかのアトラクションのように急上昇し、止まった。所要時間は1秒以下にもかかわらず、どう見ても10メートルは上昇している。

「あー、びっくりした。けどこれでスタジアムに到着か」

震える足で何とか立ち上がったダルマは、辺りを見回してみた。フィールド自体はなんの変哲もないが、足場のある柱が何本か建っている。そして、ハカマを着た少年が1人。

「よう挑戦者、足の震えは収まったかい?」

「! あんたは誰だ?」

「俺はハヤト、キキョウジムのリーダーだ」

ハカマの少年、ハヤトはダルマの方へ近づいてきた。ダルマは思わず身構える。

「君の名前は?」

「俺?俺はダルマ、挑戦者だ」

「そうか。ではダルマとやら、早速始めよう。手持ちは何匹だ?」

「2匹」

「よし!ならこちらも2匹で勝負だ。覚悟は良いか?」

ハヤトはこう言うと、答えも聞かずにダルマから猛スピードで離れた。そして柱の根元付近で足を止め、ボールを放った。

「行け、ポッポ!」

ボールからはポッポが飛び出した。畑の土の色をした翼に、淡黄色の毛並みがなんとも美しい。

「どうやら後戻りは無理だな……なら、いくぜワニノコ!」

ダルマは帽子を少し上に向けると、ワニノコを繰り出した。戦いの始まりである。

「まずは砂かけだ!」

先手はハヤトのポッポだ。ポッポはそこら辺にある砂を巻き上げ、ワニノコにかけた。ワニノコは腕でそれらを防ぐ。だが、いくらか目に入ってしまった。

「隙あり、電光石火だ!」

ワニノコの動きが止まるやいなや、ポッポは急加速しながらワニノコに突撃した。ワニノコは避けられるはずもなく、ダルマの目の前まで飛ばされた。

「ワニノコ!」

「まだまだ、これからだ!」

ワニノコがまだ起き上がらないうちに、再びポッポが攻撃を仕掛けてきた。

「ワニノコ、真正面から来るぞ!水鉄砲だ!」

「何!?」

ワニノコは素早く起き上がると、水鉄砲を1発放った。ダルマの指示もあり、ワニノコに近づいていたポッポの右翼を貫いた。ポッポはよろめきながら着地した。

「よし、今のうちに砂を落とすんだ」

ワニノコは口から水を出すと、顔を手早く洗った。これでワニノコにかかった砂はあらかた落ちた。

「くっ、中々やるな、ダルマとやら」

「いやぁ、それほどでも……」

ダルマはハヤトの言葉に、無意識に頭を掻いた。ワニノコも頭を掻いた。

「だが、そう簡単には負けないさ。ポッポ、風起こしだっ!」

ポッポは再び飛び上がると、ワニノコに向けて大きく羽ばたきだした。

「ぐおっ、落ちるー!」

突然の大風に、ダルマはあたふたしながら近くの手すりにしがみついた。一方ワニノコは、その足でなんとか踏張っていた。

「これでトドメだ、体当たり!」

ポッポは一旦風起こしを止めると、またまたワニノコに近づいてきた。ずっと踏張っていたワニノコは、急に風が止み、前のめりになっている。

「ワニノコ、ひっかくで迎撃だ!」

ワニノコは態勢を立て直し、ポッポを迎え撃つ。ポッポはよりスピードを上げてワニノコと激突する。

「今だ!1発浴びせろ!」

両者の距離がわずか2メートルほどになった時、ワニノコは振り上げた腕をポッポ目がけて振り下ろした。対するポッポは体の右側に体重をかけてぶつかった。両者は2秒ほど拮抗していたが、最後にはポッポが山なりに吹き飛ばされた。

「やったぜ!」

1匹目を倒し、ダルマは拳を振り上げガッツポーズを取った。

「ぐう、ポッポがやられるとは。ならばピジョン、出番だ!」

ハヤトはポッポをボールに戻すと、すぐさま次のボールを投げつけた。着地地点は柱の上にある足場だ。出てきたポケモンは、ポッポの進化形であり、ポッポより一回り大きいピジョンである。

「さあ、柱の上にいるピジョンに攻撃を当てられるかな?」

「なんのこれくらい。ワニノコ、登るぞ!」

このままでは技が当たらないと判断したダルマは、ワニノコに柱を登るよい指示した。柱はせいぜい若木の幹くらいの太さなので、ワニノコでも登るのは容易い。ワニノコはどんどん柱を登っていく。

「甘いな、泥かけだ!」

ここでピジョンが動いた。そこら辺から泥をかき集め、ワニノコの頭に落としだした。砂より重い泥がどんどん降り掛かり、ワニノコはずり落ちていった。

「畜生、これじゃ登れないぞ」

「まだまだ、フェザーダンス!」

ピジョンの攻撃は止まらない。ワニノコが泥に手間取る隙にワニノコの頭上に飛び降り、綿毛のような羽毛をばらまいた。これによりワニノコは急に動きが鈍った。

「くそっ、なんだこれは!」

「見てのとおり、羽毛だ。敵の動きを鈍らせ、攻撃を大幅に下げる力がある」

思わぬ足かせを受け、先ほどの余裕はどこへやら、ダルマは拳を握りしめた。

「そろそろトドメだ、翼で打つ攻撃!」

ここでピジョンは飛行速度を大きく上げた。空気を唸らせるほどの勢いでワニノコに近づき、自慢の翼を広げた。

「そう簡単にやられるか。ワニノコ、水鉄砲!」

近づいてくるピジョンに一矢報おうと、ワニノコは水鉄砲を撃ち放った。しかし、勢いのあるピジョンの前では大したダメージにならず、霞と消えた。そして、ピジョンの翼はワニノコの腹に叩きつけられた。

「ワニノコ!」

ワニノコは一直線に飛ばされ、フィールド上の柱に激突した。

「……どうやら、これでイーブンみたいだね」

ダルマはハヤトの言葉に返事もせず、力なくワニノコをボールに戻した。

「さあ、次は何を使うんだい?」

「……次はこいつだっ!」

ダルマは2つ目のボールを掴むと、柱の根元に向けて投げつけた。ボールは見事狙いの場所に届き、ポケモンを出した。

「出番だ、ビードル!」



あつあつおでん ( 2011/10/28(金) 11:44 )