大長編ポケットモンスター「逆転編」

小説トップ
大長編ポケットモンスター「逆転編」
第58話「避けられぬ戦い前編」

「……ようやく見つけたよ、ユミちゃん」

「パウル様」

 ユミとパウルは、コガネ港にて対峙していた。打ちつける波の音だけが響く、静かな時間である。

「しかし、なんとも惜しいね。才能ある美人を葬るのはさ」

「か、からかわないでください。私もパウルさんとは戦いたくなかったです」

「そう言ってもらえるだけでもありがたいね。……さて、最後にもう1度確認しておこう。がらん堂に来ないか? 君のように真面目で観察力のある人は大歓迎さ」

「……申し訳ありませんが、それはできません」

 ユミは軽く頭を下げた。それを受けてパウルは首を捻る。

「どうして? 君にとって良い環境は揃ってるんだよ。ただ各地を回るだけじゃ得られないものが、がらん堂にはあるんだ」

「確かにそうかもしれません。ですが、私は他人に迷惑をかける人間になるつもりはありません。私はあなた方とではなく、旅で知り合った方々と道を共にします」

 ユミの声は凛としており、力強さがあった。これを聞いたパウルは、右手にボールを持った。彼の瞳には炎が宿り、臨戦態勢と表現して差し支えない。

「……そうかい。ならばもう何も聞くまい。もったいないけどここで捕まってもらうよ。エテボース!」

「そうはいきません、ベイリーフ!」

 パウルはボールを投げた。すかさずユミも繰り出す。ユミの先発はベイリーフ、パウルの1匹目は2本の尻尾を持つポケモンだ。

「あのポケモンは……」

 ユミは図鑑を開いた。エテボースはエイパムの進化形であり、高い素早さと攻撃を持つ。特性のテクニシャンにより様々な技で大ダメージを与えてくる。特にねこだましは、ポケモンによっては体力の半分以上持っていかれることもある。

「まずは手堅くねこだましといこうか」

 先手はエテボースだ。エテボースはベイリーフに接近して1回拍手をした。そしてベイリーフが怯んだ隙に尻尾で叩きつけた。怯んだおかげでベイリーフは技を使えなかった。

「ベイリーフ、しっかりしてください!」

「さらにそこからとっておきでとどめだ」

 エテボースの攻撃はこれだけでは止まらない。エテボースは両手首を合わせ、手のひらからエネルギーを放った。この攻撃を直撃で受けたベイリーフは、なんとバトル開始から1分も経たずにやられてしまった。

「ベイリーフ!」

「ふふっ、どうだい、先生とまともに勝負できる俺の腕は。もう命乞いしても助けてあげないからね」

「命乞いなんかしません! ヌオー、出番です!」

 ユミはベイリーフをボールに戻すと、次のポケモンを投入した。ずんぐりした体形のヌオーの登場である。パウルは冷静に指示を出した。

「今度はヌオーか。エテボース、とっておきだ」

「カウンター!」

 エテボースは再度手のひらからエネルギーを放出した。これに対し、ヌオーは腕で払いのけ、反射した。エネルギーはエテボースの顔面に衝突し、エテボースは伸びてしまった。パウルは思わず身構える。

「おっと、こりゃびっくり。良い技覚えてるね。じゃあ俺の次のポケモンはこいつだ、ウソッキー!」

 パウルはエテボースを回収すると、2番手のポケモンを送り出した。胴は樹木のようだが、腕は緑色をしている。

「あれはもしかして……」

 ユミは図鑑に目を通す。ウソッキーはウソハチの進化形で、見た目に反して岩タイプである。無駄のない能力を備え技も優秀なので、活躍が期待できる。ただし遅いのでその点は注意する必要がある。

「なるほど、素早さは低いのですね。では先制しますよ。ヌオー、じし……」

「遅い、ウッドハンマーだ!」

 驚くべきことに、ウソッキーはヌオーの倍近いスピードで走った。そしてヌオーが技を使う前にタックルをかました。ウッドハンマーは草タイプの攻撃技、ヌオーには効果抜群である。たまらずヌオーは地に伏せるのであった。

「ヌオー!」

「ははっ、戦況は俺に有利か。どこまで戦えるかな? ユミちゃん」

「……まだまだ私とポケモンは戦えます! いきますよ、ガバイト!」



・次回予告

余裕綽々で戦うパウルに対し、苦戦を強いられるユミ。彼女にチャンスはいつ来るのだろうか。次回、第59話「避けられぬ戦い後編」。ユミの明日はどっちだっ。


・あつあ通信vol.39

今更ですが、パウルの名前は海外でよくある名前が由来です。パウロというのがあまりにもメジャーなのでパウルにしたのですが、こちらも使う人が割に多いだと……。

ダメージ計算はレベル50、6V、ベイリーフ穏やかHP特防振り、エテボース陽気攻撃素早振り、ヌオー意地っ張りHP攻撃振り、ウソッキー陽気攻撃素早振り。エテボースのテクニシャンねこだましととっておきでベイリーフを確定で倒します。ヌオーのカウンターでエテボースは軽く一撃。ウソッキーのウッドハンマーでヌオーはどうあがいても一撃。


あつあ通信vol.39、編者あつあつおでん



あつあつおでん ( 2011/11/07(月) 09:50 )