大長編ポケットモンスター「逆転編」

小説トップ
大長編ポケットモンスター「逆転編」
第32話「逆転クルーズ後編」

「き、君達は……誰だ?」

 ハンサムは声の方向を見ると、何気なく問うた。そこにいたのは、ずぶ濡れになった何かを握り締めた2人の男女であった。

「ゴロウ、ユミ!」

「はあ、はあ……間に合ったぜ。大丈夫かダルマ」

 ダルマは思わず目の覚めるような声で叫んだ。やってきたのはゴロウとユミだったのだ。

「君達、一体どうしたんだ? 用事なら後にしてくれないか」

「違う違う、俺達は証拠を持ってきたんだよ!」

「し、証拠だって? もしかして、その手に持ってる?」

 ボルトはゴロウの右手を指差した。そこには1着の服があった。洗濯でもしてきたのか、しずくが滴り落ちている。

「そうです。この作業服、血が付いてるんです」

「な、なんだと? 血痕の付着した作業服……早速見せてくれ」

 ハンサムの求めに応じ、ゴロウは衣服を広げた。この作業服は防犯カメラと同じく名札もアップリケもない。代わりに、大量の血液が胸部に飛散している。

「血痕だ。犯行の際に着ていたと考えて間違いないだろう。しかし、どこで発見したのだね」

「それがよ、俺達外に出て海を眺めてたんだ。で、ふと下を見ると何か引っ掛かってたんだよ。せっかくと思って釣り竿で引き揚げてみればこの有様だ」

「な、なんという偶然だ……」

 ハンサムは半ば呆然とした表情で作業服を見渡した。一方、ダルマの眼には輝きが戻った。

「さあどうです、サトウキビさん。作業服が見つかった以上、反論のしようは……」

「……あるな」

「え」

「ようやく揃ったわけだ……ボルトが犯人だという決定的な証拠が」

「な、何を言ってるんですか。先程の証言にある矛盾と作業服で、あなたがやったという証拠が集まってしまったんですよ?」

 ダルマはいまいちサトウキビの意図を把握できてないようである。それに答えるかのように、サトウキビが口を開く。

「そもそも、なぜボルトが疑われたか。作業服を着た人物が映っていたからだ。ではなぜ作業服ならボルトにつながるのか。……作業服なんざ、乗客の中で持ってるのはせいぜいあんたくらいだからだ」

「な……しかし、別の作業服を用意すればなんとでも説明できます!」

「ほう、そいつは面白い。なら、ボルトの部屋を調べてみたらどうだ? 作業服があったなら、すなわち俺の犯行。だが、なかった時は……わかるな?」

 サトウキビは語気を強めり。それに臆することなく、ダルマは胸を張ってこう述べた。

「……ハンサムさん、ボルトさんの部屋を調べてみてください!」















 10分後。調査に向かったハンサムが帰ってきた。手ぶらの彼は皆の注目を一身に浴びる。まずダルマが口を開いた。

「ど、どうでした? 作業服、見つかりましたよね?」

「……残念ながら、部屋に作業服、つなぎ及びそれらに準ずるものはなかった」

「……どうやら、決着がついたようだな」

 サトウキビはため息をつくと、ハンサムに目で合図した。ハンサムはゆっくり頷くと、再び手錠を手に取った。

「血痕のついた作業服がある以上、もはや言い逃れできまい」

「お、おいおい、おじさんはやってないってば。ダルマ君、なんとかならないのか!」

「そ、そんなこと言われましても。部屋にないなら、船内全てを探しても出てくるはずがないですよ!」

 ダルマは頭を抱えた。それを横目に、サトウキビはこう呟く。

「……残念だ、2人とも才能はあったんだがな」

「く、くそ……!」

 ダルマは全力でサトウキビを睨み付ける。すると、突然ダルマの顔から驚きの色がにじみ出てきた。

「そういえば……サトウキビさん、やけに厚着だな。空調設備は万全なのに、汗だくだ。いつもより大きなサイズの服を着てるから、裾を引きずっている。いつもなら目立つはずの胸元のサラシも、首まで着物に覆われて見えないな。……あ、あぁぁぁぁぁぁぁあ!」

「ど、どうしたのですかダルマ様!」

 急に奇声を発したダルマを気にしてか、ユミがダルマに近寄った。

「……隠し場所」

「隠し場所、ですか?」

「作業服の隠し場所がわかったんだよ。……サトウキビさん、自分の無実を証明するためとはいえ、やはりあなたを告発するのは本意ではありません」

 ダルマはうつむいて拳に力を入れた。

「ふん、御託はいらねえ。さっさと指摘してみな……聞いてやるぜ」

「……わかりました。作業服の隠し場所はここです!」

 ダルマは、その人差し指をある方向に向けた。指先が示しているのはサトウキビである。

「サトウキビさん、あなたはその着物の中に作業を重ね着しているはずです。仮にボディーチェックを受けても、何を着ているかまではそうそう調べられません。あなたがその服を選んだのは、市長の小袖の色合いを考慮したからだけではない。着込んだ作業服を隠すためでもあったんだ!」

「……なるほど。では、事件の流れを説明してもらおうか。もうわかってんだろ?」

「ええ。……市長の部屋に作業服姿で入ったあなたは、背後からナイフで市長を刺します。その後自殺に見せかけるため、今度は胸を刺します。そして、被害者のかばんを物色します。今思えば、販売会の資料にシワがあったのは、機関室で仕事をしていたために汗が流れ落ちたからでしょう。物色を済ませたら、その中のものを捨てるなり盗むなりした。窓が開いていたのはそのためと考えられます。……部屋を出たあなたはボルトさんの部屋に侵入し、彼の作業服に着替え、血痕のついた作業服を海に捨て、緑の着物を着用した。これが、この事件の全てです。さあ……どうですか、サトウキビさん!」

 ダルマはサトウキビに詰め寄った。全ての視線が彼に集中する中、彼は肩を震わせ笑いだした。

「……ふっふっふっ、やってくれるぜ。計画は大幅に狂ったが、それ以上に楽しめた」

「計画? 何かまた変なことでも画策してるのかい?」

「その通り。そろそろだな……全てが帳消しになるのは」

 ボルトの問いに答えたサトウキビは、腕時計をチェックした。時刻は間もなく8時となる。彼は不敵な笑みを浮かべると、静かに右腕を振り上げた。

 その時である。船内に爆音と衝撃が駆け巡った。不意を突かれたダルマ達はその場に転んだ。

「な、なんだ今のは?」

「どこかで爆発があったみたいだね」

「爆発? ま、まさか!」

 地に這うダルマは、1人立つサトウキビを見上げた。

「そうだ、船内の各所に時限爆弾をセットさせてもらった。これからこの船は海の藻屑となり、俺を捕まえるための証拠は露と消えるのさ。では、さらばだ」

 サトウキビはこう言い残すと、一目散に甲板へと駆けていった。

「ま、待て!」

 これをハンサムがおいかけ、残りが後に続いた。











 甲板に出ると、避難しようという乗客でごったがえしていた。船の底付近では黒煙と火の手が巻き上がっていている。救命ボートがゆっくり下ろされているが、かえって恐怖を助長している。

「いたぞ、あそこだ!」

 ダルマ達は船首にサトウキビを追い詰めた。しかし、サトウキビは歩を止める様子がまるでない。驚くべきことに、彼はフェンスを飛び越え、そのまま海中にダイブした。しばし海面から彼の姿が消える。

「な、なんて無茶を。サトウキビさん!」

 ダルマはサトウキビに呼び掛けた。だが、サトウキビは浮かび上がると、ダルマの言葉を無視してこう口にした。

「いいか貴様等、俺はあの時のことを決して許さない! 何があろうと、裁きを下してみせる。そのことを忘れるな」

 サトウキビはそのまま、コガネシティの方向に泳いでいった。ダルマ達はそれをただただ見送ることしかできなかった。

「あの時のこと? サトウキビさん、あなたは何者なんだ……」

「おいおい、今はそんなこと考えてる場合じゃないよ」

「ダルマ様、一刻も早く脱出しましょう!」

「……ああ!」




・次回予告

命からがら逃げてきたダルマ達。ところが、1日過ぎたコガネシティはとんでもないことになっていた。さらに、あの団体も動きだす。次回、第33話「コガネシティを脱出せよ」。ダルマの明日はどっちだっ。




・あつあ通信vol.13

我ながら、トンデモ推理連発だった気がします。皆さんは納得できたでしょうか。あと、いよいよ誰の台詞かわかりにくくなってきました。こんな調子で大丈夫か?


あつあ通信vol.13、編者あつあつおでん



あつあつおでん ( 2011/11/02(水) 14:35 )