ポケットモンスターANOTHER - ― 金色の悪魔
記録40. 悪魔が覚醒めた日

「ふっ、その程度か 」

「くっ──── 」

“ふぬぅ………… ”

ロケット団が独自に創り出した人造のポケモン、ミュウツーを相手に、ヒビキたちは悪戦苦闘していた。
ホウオウは翼を貫かれ、安定して飛ぶこともできなくなっている。

「ミュウツー、ただ殺してはつまらぬ 」

アポロは不敵に笑い出す。
ミュウツーは巨大な念の塊を上空へ創り出した。

“な、なにをする気だ!? ”

「ホウオウ……お前にはエンジュの街の最期も見せてやろう 」

「っ!? やめろーーー!!! 」

ミュウツーは念の塊をエンジュシティへと投げつける。
塊はゆっくりと宙を駆ける。

“……いかん! このままでは街が!! ”

ホウオウは構え、巨大な念の塊へ飛び込む準備をする。
ヒビキもしっかりとホウオウに掴まった。
だが、そのヒビキを見てホウオウは、動きをピタリと止めた。

「どうした!? ホウオウ!! 」

“……短い間だったが、世話になった ”

「えっ……? 」

“っ────────!! ”

「くっ!? 」

ホウオウはヒビキを強く振り下ろすと、すぐさま飛び出した。

“ヒビキ、主は生きよ……そして世界を救え!! 我は……我が街を救う!! ”

「ホウオウーー!!!!!! 」

振り落とされるヒビキ。大地に転がりながら不時着する。

「くっ!! 」

焦りながらホウオウを見る。

─────ッ─────────────

「っぁ…………!!! 」

ホウオウは貫かれた翼を大きく広げ、エンジュシティの盾となった。

「くはははははは!!! 」

アポロの高笑いがヒビキに届く。

「っ…………………… 」

「はぁ。なかなかやってくれるではないか。しかし金色 響、貴様に勝つ術はもうない 」

「…………お前 」

「あ? 」

「少しでも分かり合えると思っていた俺が馬鹿だった。お前は──── 」

「黙れ!!! 黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ、っ黙れ!!!!! 」

ヒビキ目掛けて、念の弾丸が無数に放たれる。

「ぅあっ────────!!!! 」

「こうするしかないんだ。正義なんてこんなもんなんだよ!! 金色 響、その様でまだ、偽善の……正義の味方になりたがるのか!? 」

「……『なりたい』んじゃねぇよ 」

ヒビキはゆっくりと立ち上がる。

「俺は……正義の味方に…………絶対になるんだよ!!!!!

その言葉を聞いて、アポロは失望したようにため息を吐く。

「……ミュウツー、この愚か者に最期の花を添えてやれ 」

「……俺は…………諦めない 」

ミュウツーの念の槍が、ヒビキへと駆ける。


────ズドーーーーーンッ!!!!!!────


「私の……勝ちだ 」

そう言って、アポロは帰ろうとした。
が突然、ミュウツーが煙の方に振り向く。

「どうした? ミュウツー。────なっ!? 」

煙が晴れる。そこにはふたつの影があった。

「信じてたぜ………………ヘラクロス 」

『ヘィラッ!! 』

1ぽんヅノポケモン・ヘラクロス。ヒビキがこの地方で初めてゲットした野生のポケモン。
その力を極限まで発揮させるために、タンバジムのリーダー、シジマのもとへ預けていた。

「ふんっ、どうせ貴様にメガシンカはできない 」

「ふっ、大きい力を持つことだけがすべてじゃないんだぜ? 」

「なんだと? 」

「見せてやるよ。本当の力の使い方を 」


記録40. 悪魔が(───────────────)覚醒(めざ)めた日(───────)

「ミュウツー《サイコブレイク》!! 」
念の弾丸がヘラクロスを目掛けて刹那に駆ける。

「ヘラクロス《つじぎり》だ! 」
その影は消え、弾丸はかわされる。ミュウツーの背後に回り込んだ影は奴を切り裂いた。

“ッ────────!! ”

「っ────(なるほど。《つじぎり》ならばミュウツーに先制で攻撃できる上、効果は抜群。)しかしっ!! 」
ミュウツーは手首を捻る。その動きに合わせて、先程かわしたサイコブレイクが戻ってくる。そしてヘラクロスの懐を殴った。

「ヘラクロス!! 」
ヘラクロスは飛ばされながらも体勢を崩さない。だが、かすかに脚が震え出しているのが見える。ダメージは相当だ。

「確かに悪、虫タイプの技ならミュウツーに届くかもしれない。だが、ヘラクロス自身が格闘タイプである事を忘れたかっ!? 」

「まだこれからだ…… 」

「その意地をいつまで張り続けられるかな!? 」
気づけばミュウツーはヘラクロスの背後にいた。

「しまった!? 」

「《サイコカッター》! 」
ミュウツーは強くヘラクロスを斬りつけた。

『ヘゥッ!! 』

「ヘラクロス!! 」

「ミュウツー《じこさいせい》 」

ヘラクロスはヒビキの前に転がったままなかなか立ち上がらない。

「さあ、この絶望的状態で、お前はどうする? 」

「くっ(確かに、このままではいつか、ヘラクロスは負けてしまうだろう。一体どうすれば ) 」

───────prrrrr─────────

「っ────!? 」

その時、不意にポケギアが鳴った。絶望の中、それを斬る希望が差し込んだ気がした。

「出ればいい、そしてそいつに、最期の声でも聞かせてやれ …その代わり、声はこちらにも聞こえるようにしろ 」

「……(非通知? 一体誰が…… ) 」

アポロの指示通り、ヒビキは奴に声が聞こえるようにポケギアを持ち、着信に応答した。

────ヒビキ、諦めるのはまだ早いぞ! ────

「っ────!! 」

その威勢のいい声に、少し涙が落ちかけた。

「ふっ……ノイズか。まだ生きているとは 」

アポロは想定内と言わんばかりの余裕を見せている。

────ラジオ塔の最上階だ────

「ラジオ……塔? 」

────そこに答えがある。ヘラクロス、ミュウツーの足止めくらいはまだできるよな? ────

『ヘィラァァアアッ! 』

その声を聞き、ヘラクロスは声を荒げながら立ち上がる。

「分かった……いくぞ 」

ヒビキは走り出した。無我夢中に、ただその希望の声に従って。

「行かせるかっ!? 《はどうだん》!! 」

波動の弾丸はヒビキに向かって放たれる。だがそれを阻む一体のポケモン。

『ヘィラッ!!! 』

「ほう、主無しでその反応、なかなかだ 」





「ハァ、ハァ──── 」

ラジオ塔に着いた。長い距離を走ったため、かなり体力を消費している。気付けば痛む今は無き右腕。気の狂いそうになる赤い血。

「だけど──── 」

階段を急いで登る。休まる脚は、急ぐ心がそうさせない。
エレベーター。待つ間に、不安と焦りがヒビキを襲う。
そして────

「着い……た 」

扉は開く。ラジオ塔の最上階。ここに希望がある。
はずだ……

────パリーーーーン────

「っヘラクロス!!! 」

ヒビキのもとに放り込まれたヘラクロス。
戦闘不能になっている。

「よくここまで耐えた。だが──── 」

ミュウツーの念の弾丸がヒビキに襲いかかる。
終わった……。

────────────────────────

「なにっ!? 」

その時、ヒビキの前に水の盾が現れた。幻影だ。
盾はすべての弾丸を弾きかえす。

────ヒビキ、梯子を使って上へ行け!! 生憎、この幻影も長くは保たない ────

「くっ!! 」

声に従い、片腕と二本の脚で梯子を上る。

「おのれ!! 轟ィ!!!! 」

外の空気と触れた。夜空に光る星。ジョウトの暗い夜景。
ヒビキは電話に尋ねる。

「どうすれば……いい 」

────そこに置いてあるアタッシュケースを開けろ。勝つための道具だ ────

その声に従う……そこにあったのは────

「っ!! 俺の……メガリング 」

右腕とともに斬り取られたはずのメガリングは、未だそこで金色の輝きを放っている。
ヒビキはメガシンカへと手を伸ばした。

「っぁ……──── 」

触れた途端、幻覚がヒビキを包み込む。

***

「……………? ここは 」

あたり一面の真っ白。そこに立つ、ヒビキ以外のもう一人の影。

「ようやくだな 」

その影はゆっくりと近づいてくる。はっきり言って見たこともない顔だし、見たこともない声だ。だが、ヒビキにはわかる。

「こうして向かい合って話すのは、初めてだったか 」

「……ハジメ 」

「ふふ、よくここまで闘ってくれた。感謝している 」

「……僕はただ、守りたかっただけ 」

気付けば、ヒビキの口調は元に戻っていた。

「……君は今……新たな力を得ようとしている 」

「……力? 」

「かつて、俺とアインが使った力だ 」

ハジメは、ヒビキの周りを歩き始めた。

「条件は、3つ。
ひとつは、トレーナーが正しい心、つまりはハートゴールドを悟っていること。
ふたつは、トレーナーとポケモンの同調率が、100%に達していること。
最後に、メガエネルギーを多く宿らせていること 」

「メガエネルギーを……多く? 」

そのヒビキの疑問に、ハジメは立ち止まりこちらを向く。

「知らないか? メガエネルギーっていうのは、生命の意思からも成り立つんだ。まあ、波動と呼ぶ者もいる。君の持つそのメガリングには、俺の意思が宿っている。よって君は、条件を満たし、新たな進化を遂げることができる 」

「それが…… 」

「ああ 」

***

「……オーバーリミット

「っ? 」

ヒビキの無き右腕に、七色の光が集まる。光は具現化し、ひとつの腕となる。その姿はまさに悪魔。全てを薙ぎはらう獣の腕。メガリングはその手首に付き、一層に輝きを増す。



「な、なんだあの右腕は!? 」

「バクフーン 」

モンスターボールから、最後の一匹を繰り出す。

『バクァ!! 』

残り僅かな体力ながら、荒れ狂うように吠える火山。
ふたつの金の瞳で、ただ一点をにらんだ。

「馬鹿な……人間じゃない。あれは……悪魔だ! 」

獣の右腕を伸ばす。アポロに向けて真っ直ぐと。
そして唱えた。

「……我は正義を望む。我は他の幸せを望む。そこに自己犠牲があろうと拒まぬ。そこに我の意志はいらない。ゆえに我生涯に意味はない。偽りの正義だろうと、たとえ悪魔と呼ばれても、護るべきものが、まだその手に残されているのなら!! 我はそれを受け入れる!! 」

「くっ……!! 」

「……これが俺の答えだ 」

光が大気を吸い込み、バクフーンを包む繭となる。

「バクフーン、オーバーリミット!!!! 」

解き放たれる心。絆。力。
黄金が空を覆う。
そして────悪魔は吠える。

『バゥァアアグァァア!!! 』



「アポロ、お前は俺が────裁く!! 」


■筆者メッセージ
さあ、アニメもz編に入りましたね。こちらもやっとオリジナル設定が出てきました。
が、なんかアニメとかぶってるっぽい? マーイーカ! 別の世界線だしね。という感じで僕も意外と焦ってます。(ん?意外?)まあ、そこのところはご理解していただきたいです。
月光雅 ( 2015/11/01(日) 00:00 )