シニガミのたわむれ
シニガミは突然に
シニガミはまだこない

「・・・。夢―?」

俺はベットの上で目を覚ました。
ピピピピ、ピピピピ、と目覚まし時計が一人五月蠅く鳴いているばかりで、赤い刃を持ったイーブイはどこにも見当たらない。

それにしても・・・
(やけに生々しい夢だな)
冷や汗を沢山かいた。シャワーでも浴びたい気分だ。


(・・・いや)


がしがしと頭をかいていた手を止める。すると、部屋に静寂が訪れた。
おかしい・・・なにか、変な感じ・・・。

気配?


俺は目を見開いた。


「はいはい、ご名答〜!あ、こたえてはいないのか。でも、なにか感じ取ったまでは100点満点!」


「!!」

窓。
いや、違う、机か?

いない。どこにも―。でも、この声は。

「さあさご主人お顔を戻して。さてさて私は誰でしょう?」

驚いて顔をベットの上へ戻す。
そこにいたのは―イーブイ。銀色の、赤い刃を持った、夢にいたイーブイ。

「クイズです。夢に潜り込んだとき、言ったでしょ?私の名前。ほらほらぼけっとしてないで!」

シニガミ。

そのにんまりと笑うのは癖なのだろう。今も、夢と同じように笑っていて。
そのむかつくような言い回しや、妙にテンポがいい言いぐさ。
全て、夢で出会ったシニガミと同じ・・・。

「はい、これで完答しましたね!答え合わせをしてみたところ、ご主人は夢の内容を覚えているようです。すばらしいですね〜。」

こいつは・・・俺の心が読めるのか?

「あ、はい、読めますよ。シニガミですし。あと、今日からご主人のトコにいますから。なんたって、私はご主人の担当シニガミなんですからねっ。」

俺のところにいる?
担当シニガミだって?
こいつの言ってることがさっぱりわからない。
そもそも、なんでこいつしゃべれるんだ?イーブイなんだろ?

「それはですね〜・・・」
「おいやめろ、俺がしゃべれないじゃないか。声帯が退化するまで心を読むつもりか!」

シニガミは(シニガミと認めた訳じゃないぞ!)きょとんとして、その大きく丸い目をこちらに向けた。

「いや・・・ご主人、声帯が退化するまで長く生きられませんよ。」
「はぁ?」

我ながら情けない声。
それを聞いたシニガミは空中で(なんかずっと浮いていた)くるんと一回転して、楽しそうにこたえた。

「いやいや〜、シニガミという私が来た時点で察してくださいよぅ。シニガミは人生を全うした魂を天界と魔界に届けるのが役目!つまりご主人、あなたはもうすぐ死ぬんです!」

いやうれしそうにするなよ。

つまり、整理すると・・・。
シニガミは心を読める。
シニガミはポケモンの姿をしている?のに、しゃべれる。
それを全部信じると、俺はもうすぐ死ぬ。
なので、俺の魂をもらうために、ここにシニガミはいる。

「物わかりがいいですねぇ。さっすが学校主席なだけである。あ、こっちでご主人のこと調べてあるんで、隠してもだめですよう?」

調べてある・・・。
個人情報だだもれってことか。

「え〜、【高滝 アキト。現在高校生だが、病弱なため登校はしていない。専属の医者に禁止されているため、ポケモンは持っていない】・・・と。まあ他にもいろいろありますが、これっくらいにしておきますね。」

そして、シニガミはにんまり・・・にっこり、笑った。

「これからよろしくお願いしますね、ご主人!」
BACK | INDEX | NEXT

天ノ邪鬼 ( 2014/07/11(金) 19:34 )