第一章 漆黒の翼
第一話 王国騎士団、入団
「あら、フィナル副団長の息子さんじゃない。お話は聞いてるわ」

騎士達が居る、大きな入り口へとやって来た。リフェリア王国の城のすぐとなりに立っている。受付係はマリルリ。垂れ耳で、笑顔で話してくれた。

「はい、じゃあここに名前を書いてね」

二人は名前を署名し、案内役のツタージャがやって来た。

「ルミエール様、噂は聞いています。それと…マリー様。まず、受付からご説明します」

クールなツタージャはマリルリに先程書いた署名を渡され、名前を呼び、説明を始めた。

「マルカに頼めば、騎士任務を用意してくださいます。それと、これを」

そういいバッグから取り出したのは、小さな欠片だった。二人は手渡され、受けとる。

「あなた方が就任される騎士団の言わばチーム認証のような物です」

王国騎士団の入り口で一通り説明をして貰い、大きな廊下を歩き始めた。周りを見ると布があちこち天井から垂れ下がっていた。

「一階は任務受付、二階は食堂となっています。三階から五階は騎士の皆さんの寝室となっています。地下一階は騎士達が特訓する場所となっています。わたくし達が今いるのは、四階です」

「これ…ランク…ですか?」

マリーは気になった事を、口にした。

「良く、お気づきで。三階はノーマルランク、ブロンズランクの皆様です四階はシルバー、ゴールドランクの方々となっています」

「なんで俺達が、四階に…?」

「騎士団をまとめる方のご挨拶ですよ。あなた方はノーマルランクですから、三階に寝室がございます。後でお部屋に案内しますね」

そうツタージャが言うなり、歩き始めた。二人はツタージャについていく。

五階の階段へ登り、大きな門が目の前に現れた。

「失礼します!新しい団員、二人が入りましたので挨拶を!」

「どうぞ」

扉越しに聞こえる声。ツタージャは大きな門を奥へと押して中へ入る。二人も続く。部屋へ入るとそこにいたには丸くなっているポケモンだった。

「ヤッホー!ルミエール!元気にしてた?」

にっこりと笑顔で近づいて来たのは幻のポケモン、ミュウだった。

「デュ…デュランさま!?」

口をパクパクさせながらルミエールはミュウを見つめた。

「えへへっ!名前はキミのお父さんから聞いてたよね。驚いたでしょ」

デュランはくるくる回りニコニコしてルミエールと話している。マリーに目線を向け、デュランは言った。

「マリーちゃんからは不思議な力を感じるね!」

「え…」

デュランはうーん、と考えマリーに言った。

「皆を、守る力を持ってるね」

デュランはそうマリーにいい、挨拶は急に終わった。

「あーお腹すいた!んじゃ、ファル、ボクは食堂に行ってるね!」

ファルと呼ばれたツタージャは分かりましたといい、二人を三階へ連れていき寝室へ案内した。

ファルと別れ、隣の部屋にはルミエールがいることを、彼本人から伝えられ、自身の部屋でボーッとしていた。行く宛もなく、お腹も空いていない。

「気分転換に、外の空気でも吸おうかしら……」

ベッドで寝転がっていたマリーは起き上がり、部屋を出た。



■筆者メッセージ
一話、一話短いです。マリーの視点のお話なので、リツァはプロローグから出てこないので、彼女のお話はLienさんが書いてくださってます。
アラン ( 2019/03/22(金) 00:51 )