克服と決断と
15ページ目〜ミカの思い〜
王の部屋はフュールとあまり変わらない部屋だった。王の椅子の前に立ちはだかった、ミカ。
もう、アマリリスは前とは違う。
だから、今度こそ。

「ミカッ!!私は、貴女を止める!」

「ふーん…じゃあ、止めて見てよ」

私の声は、震えていた。
どうして、なんで。
そんなのは、私も分からなかった。
答えを見つけようとしても、混じった色は分からない。
色が黒だから、答えが見つけられない。
手を伸ばしても、消えていく答え。

答えなんて
選択肢なんてあの時には消えていた。
そう、ミーの時には。

私が痛いと言っても言わなくても彼らは私を止める。
国を守ることを、姫を守ることを選んだ彼らは私の過去なんて、知りもしない。知るすべもない。
レンやローザを除いて。
私の過去は、私とヴィス様しか知らない。

誰にも、知られたくない。
思い出せば、辛いだけ。
その辛さを、想いを、怒りを
国を守る者にぶつけた。

「ハイパーボイス!!」

私は、望んでも居ない

涙が

ボロボロと床へと落としていた。
なぜだろうか。そんなものは、私にもわからない。
いろんな感情が入り混じって、どれが今の思う自分なのかさえも。


分からない。



気づいたら私は、床へと倒れていた。

ああ、負けたんだ。


国を守る者達に。

騎士団も、強くなった。

そう思うのは心が穢れきっていないから。

称賛しているんだ。

私が。

誰に。

アマリリスたちに。


ああ、この国を変えておくれ、騎士団たちよ。

■筆者メッセージ
ミカ視点。
アラン ( 2018/07/31(火) 01:23 )