克服と決断と
14ページ目〜再開〜
「っ…しょっと」

隠し通路の床を押しのけ、出て来たルリは久々に自分の城を見つめた。

「どこも…変わってない…」

後ろからはアマリリス、リュウ、アルテ、アリスが出て来た。左側、王に続く部屋から声が聞こえた。

「ルリっ!」

「っ…!お父さんお母さん!!」

ルリはサーナイトとエルレイドを見つけ、抱き合う。

「良かった……お父さん、お母さん…心配かけて、ごめんなさい…でもお姉ちゃんが…っ」

互いに抱き合い、再開を喜び合う。

「分かってる…分かってるから」

「あらら〜感動の再開の所、悪いけど、君たち倒しちゃうからさぁ…」

この声。
まさか。
見覚えのある葵リボン。

「ミカッ!!」

と、アマリリスが叫んだ。ミカの隣に居るのはカラールだ。

「お姉ちゃんっ!!」

「ミカ殿…」

エルレイドが小さく彼女の名前を呼んだ。ミカには聞こえないように。

「アマリリス、前とは違う目をしたね。覚悟を決めた感じがして、戦いがいがあるよ。そうでなくっちゃ」

「…やっぱり、あの時は楽しかったよ。貴女とは決別したけど、あの時の記憶は忘れはしない。たとえ、貴女の演技だったとしてもっ!!」

アマリリスは怒っていない。むしろ優しい声で、ミカへと言った。

「………」

ぎりっという歯の音を鳴らした。
誰が。ミカが。うざいという顔をアマリリスに向けて。
ふざけないでよ。私の事、分からないくせに。
そう小さくミカがつぶやいたのは、彼女しか、分からない。
王の部屋へとミカは行き、俺達はそのあとを追う。ちらりと俺はルリを見つめるが、私達だけで大丈夫、というかのように、ルリは頷いた。俺も頷く。
頑張れ、というように。

「今、元に戻して上げるからね、お姉ちゃん!」

そんな声が、後ろから聞こえた。
今、目の前に居る、ミカを止める。

アマリリスと共にー

アラン ( 2018/07/31(火) 01:23 )