克服と決断と
11ページ目〜怒り〜
「火炎放射っ!!」

「ざーんねん。ここ、炎効かないんだよねぇ…キミ、馬鹿じゃなければわかるよね?」

蒸発する炎。ミカ以外驚いた。

「やっぱりね…私の(いかづち)は何処だろうと、手段は択ばないッ!!」

フェルが、ミカの後ろを取ったと同時にそう叫んだ。

「へェ…さすが前の姫様を守れなかっただけあって、強くなってるじゃん」

「え…?どういう事…?それ」

ただ、驚いているのは俺一人。
ミカに攻撃され、蹲っているルリは悔しそうな顔をしているだけで、驚いているという様子は一切なかった。ただ、真実を知らないのは俺とアマリリスだけ。
ぎりっと歯を鳴らし、その場にいた三人が一斉にミカに攻撃をした。
フェルがレヴェンテがセクトが。
ミカを仕留める勢いで。

「あーあ…そこの三人、ほっといていいのかなぁ…私一人なわけ…」

にやりとミカは笑い叫んだ。

「ねーだろおッ!!ローザ!」

後ろに突如現れたジュペッタを察知し、俺は後ろを振り向いた。

「ジュペッタァっ!!よくもスイレンをッ!」

「へへっ…あの時のリベンジか?いいぜ」

「ルリ!アマリリスを頼む!」

「う、うん…!」

俺はそう辛そうなルリに無理言って頼んだ。

「シャドーボール!」

「ぐっ…あ!」

また、直で受けた。前と同じで、相変わらず狭い場所だ。壁へと打ち付けられたが、前よりは強くなったはずだ。野生ポケモンと戦い、少しの間だけどライたちと共に、特訓をした。ライは外で待機をしているが。大丈夫だろうか。と、思ったが今はジュペッタを逃がしたくない。目の前の奴を倒す。

「ドラゴンッ…クロ―!!」

炎がだめなら、近づくのみだ。突然の出来事にローザは驚き、吹き飛ばされた。

「ぐえぇ……」

「はぁ…はぁ…」

息を切らしながらも、後ろを振り向くと、ミカが倒れていた。ローザもミカも倒れていた。フェルはミカを見つめ、とどめの一撃をさそうとしたが、ルリが近づき止めた。

「ダメっ!ダメだよフェル…!!貴女も、分かってるでしょっ!?」

「っ…!」

フェルは持っていた腕を剣をゆっくりとおろした。ホッと胸をなでおろした俺はアマリリスのそばへと向かう。

「…ミカ」

小さくミカと、彼女の名前だけを呼んでいた。

「うっ…くくく…馬鹿だなぁ…キミたち」

ゆっくりとミカは起き上がり、ローザも起き上がり、ミカのそばへとやって来た。皆俺のそばへとやって来た。

「フュールとアーバの全面戦争してやろうか?あの時と同じように!そうしたら、スイレン、どうなると思う?分かるよなぁ、キミら三人は」

どういう事なのか全くわからない。前?フェルが隠してきた事話してくれなかった事。

「リュウ、分かんない顔してるね。教えてあげるよ。スイレンの前の姫様、戦争で亡くなったんだよねぇ…キミら三人が、ね」

「何言ってんのアンタッ!」

フェルの言葉に怒りが込められている。

「でも、止められなかったのは、キミらだ。ん?違うかい?」

「………」

返す言葉が無かった。三匹はうなだれる。

「ヴィス様に、報告しに行くよーローザ」

「せいぜい苦しめよ」

そういうなり、ローザの力でミカとローザは姿を消した。おもっ苦しい空気が漂う。

「…フェルが話したがらないの、こういう事だったんだね…ごめん…」

話したくない理由はずっとこれだった。スイレンの前の姫様の事や、全面的に過去を話したくなかった。でも前に戦争を起こしていたのは、ヴィスとの戦争か?

「……入口に戻るわよ…アマリリスの事もあるし」

「私も、すぐ王国へ戻らなきゃ…っ!!」

「待て、ルリ。落ち着け。王国はルリが言ったようにヴィスが率いてる組織プレジールが、支配しているのだろう?」

レヴェンテがそういうと、ルリは落ち着きを取り戻し、頷いた。

「俺たちは一旦王国へ戻る。お前らは、スイレンの情報集めをして、見つけたらそのまま助けるんだ」

「…分かりました」

スイレンを背中に乗せ、洞窟の入り口へと戻って来た。


アラン ( 2018/07/29(日) 06:42 )