竜と魔法の王国
5ページ目〜外の世界〜
ガチャリとドアノブが捻られ、アマリリスとレヴェンテ、話をしてきたフェルが戻ってきた。

「フェル、皆!おかえりなさい」

「ああ、ただいま」

セクトの言葉に優しく答えたのは、ボーマンダのレヴェンテ。リュウの隣に座っているのはセクト。今の今まで水晶で治療していたのだろう。窓の外を眺めているレントラーはポツリと呟く。

「これから姫を取り戻す為に、王都から離れようと思う」

フェルと眠っているリュウ以外、驚いた顔をした。

「ライ!?全員で行っちゃうと…」

セクトが止める。が、レントラーのライは振り向き、セクト達全員に言った。

「部下達にも伝えてある。国を守るため、使命を果たすと、言ってくれた」

「そんな無茶な…」

セクトが言うとレヴェンテが口を開いた。

「新人二匹だけにしておいても、困るしな。王からのお墨付きだ。俺達が面倒を見よう。で、外に出ると、襲ってくるポケモンがいる。戦闘での指揮はリュウに任せよう」

目を開けたリュウをレヴェンテはチラリと見つめた。

「リュウ!おはよう!」

アマリリスがリュウの側に行き、事情を説明してくれた。

「分かりました。十分休みましたし、セクトさんの治療のお陰でもう大丈夫です」

「さん付け無し!仲間何だから、皆呼び捨てにしてよね」

ニコッとしたセクトに言われ、はい、と答えた。混乱していた王都は兵のお陰で落ち着きを取り戻した。城を出て、買い物を澄まし、王都から一歩、外へと踏み出した。



俺たちの長い、冒険が幕を開けた。

■筆者メッセージ
第一部、完。拍手ありがとうございます!
アラン ( 2018/07/21(土) 00:33 )