第二章 帽子の女の子
7話
「……そういえばなんだけど」

小さくなっているファイアがリーフとグリーンに言った。

「イエローって…誰?」

ファイアがそう聞いたが二人は左右に首を振る。

「アランの友達とか何とか言って、最初に僕を助けに来てくれたけども…」

ファイア達は今、ポケモンセンターの椅子に座って話していた。外から帰って来たアランとイエローは、びしょぬれになっていた。ジョーイさんは慌てて二人にタオルを渡してくれた。

「何の話をしてたんだ」

グリーンがアランに言う。

「……っ」

「何か言った…?」

グリーンがそうつぶやくと、アランはつぶやいた。

「別に……」

「っ……!!」

イエローが私の腕を突然掴み、こわばった顔をして、ポケモンセンターの奥へ進んでいく。暗い部屋に連れていかれた、アランは何も言わない。ファイア達はぽかんとしていた。

「ねぇあれ…アランとイエローに似てない?」

ふと、リーフが指を指して、ジョーイさんにポケモンを二匹回復している姿を見て、ファイアとグリーンに言った。

「じゃあ、さっき俺達と話してたヤツは誰なんだよ」

「分かんない…でも、私聞いてくる」

グリーンが言った言葉を聞いて、リーフは二人のそばへ走って行った。

「あっ!まてっ!」

すぐさまファイアは止める。何か、嫌な予感がして吐き気がしそうな気がした。





〜2〜


「………え?」

「だから、過去の私と貴方がこの世界に居るのよ。もう少しでバレるところだったわ…」

イエローがそういうと、アランが怒った顔をして言った。

「何してるのよ!?貴方はリーフ達に疑われてるのよ?それに、私とあなたが居るって言う事は、彼女たちは私たちの事を過去の、私たちに聞くと言う事は保証ないでしょ!?」

「…………」

イエローは黙ったまま何も答えない。

「もう!イエロー、貴方も来なさい!」

アランはイエローの腕を掴み、走る。





〜3〜

「ねぇねぇ、貴方たちって、アランさんとイエローさん?」

「え…?そうだけど…それがどうかしたのかな?」

リーフがアランに聞くと、アランはなぜか笑っていた。

「リィィィィフゥウウウッッッ!!!」

聞き覚えのある声が後ろから聞こえた。アランはイエローの手をパッと放して、リーフのもとへ走り、バッと身を隠すように守った。

「どういう…こと?アランと、イエローが二人も居る……」

ファイアがそうつぶやいた。



さぁ、演技スタートだ。ぞんぶんに、見せたまえ。

■筆者メッセージ
祝100話
アラン ( 2016/07/11(月) 01:17 )