番外編 黒と白 〜始まりの音〜
6話 黒と白 〜闇と光〜
悪夢の連鎖を、今止めなくては。後戻りさえ、もう何も出来ない。

月が耀き、光る。電気も付けず月の明かりだけで、洗面所へ向かう。

「ぐっ…!」

口から血を吐き出した。

「…そろそろ、限界の…用だな」

洗面所のガラスを見つめて呟くと、もう一人の私が表に出て来て私に言った。

「最後までやり遂げろよ、なぁ?前に自分で言ったじゃないかぁ!!私がしてきた事を何がなんでもやり遂げる、と。忘れたとは言わせねぇぞっっ!!!」

もう一人の私が言うとパキッとガラスにひびが入った。表の自分と裏の自分。割れたガラスが見にくい闇を私を、嘲笑うかのように見えた。口から出る血を袖で拭き取り。さっと離れ歩き、洗面所を後にした。机にはワインとコルクそして、赤ワインが入っている、ワイングラスが置いてあった。月明かりでより、真紅に輝いた。玄関へ歩き、ドアをカチャリと開ける。モンスターボールを握りしめ、二の島の外に行く。モンスターボールから、赤と黒のyの文字をしたポケモンを出した。

「すまない、約束を…破ってしまって」

キラリと涙が輝いた。





「あ!アラン!」

朝になり、四の島で合流したリーフ、ファイア、グリーンはアランとイエローを見つけた。

「…リーフ」

悲しい声をアランは出した。近寄ってくるリーフ達。まるで、自分がリーフを絶望の淵に叩き落としているかのような感じがした。

「……大丈夫?」

リーフが心配な顔をして私を除いていた。

「ちょっと来て」

そう言ってイエローは森の方へ歩いていく。リーフと、ファイア、グリーンはイエローについていく。グリーンの後ろから私は付いていった。森へついた。イエローは振り返り、リーフに言った。

「彼を止める覚悟、ある?」

「イエローッ!!」

アランが叫んだ。隠しておくべきだと。あの夜に約束したのに。

「まだ、何か…隠してるの?」

リーフが言った。

「や……彼を倒すと、昏睡状態になるよ。それでもいいの?」

「お前ッ!」

アランはイエローにお前と言い、イエローに近づき、肩を掴む。私は彼女を睨んだ。

「隠したって、倒したら同じ結末よ。今話した方が楽じゃない。それとも何?怖いの?」

アランはイエローの肩を握る力が強くなった。

「っ…!貴方ねぇ、救えない運命だってあるのよ?それなのに、頑張っちゃって。恐れてるんでしょ?ねぇ、言いなさいよッ!!」

「やめてよっ!!!!」

リーフの声が森全体に響いた。ファイアとグリーンはリーフを見つめる。

「私が、大事なのは分かるよっ!でも、私の事で争わないでよっ!!!」

アランはイエローの肩を掴んだままリーフの言葉を聞いた。グリーンがアランに近づき、アランをイエローから離れさせ、暴れないようにした。

「はなれろよっ!」

「っ…!!離してよ!アンタには関係ないでしょ!?」

そう言って私は暴れる。すると、リーフが近づいてきて、私の頬にビンタした。パァン!という音が鳴る。

「関係ないわけないでしょっ!!アラン一人の問題じゃないんだからっ!!!」

私はビンタをされて、リーフの顔を見る。怒ってる顔、初めて見た。私のために、皆のために怒ってる。そんな感じがした。

「最初から…分かってたよ。お父さんが、居なくなるってこと…全部、アランとイエローの顔で…見抜いてた。苦しいけど、それが運命なら、私は…私は逃げないよ。だって、そばにはお父さんや、仲間の皆がいるから。待ってるはずだから、早く、救ってあげよ?一番苦しんでるのはお父さんだから」

そう言ってリーフは一人で森の出口へ歩いていく。残った四人は歩いて行くリーフの後ろ姿を見つめていた。ストンと地面へ座ったアランは、頬を擦りながら、さっきの言葉が脳内によみがえった。一人の問題じゃない…か。そういえば、前に自分で言ったっけ。苦しんでるのは、一人じゃないって…。その事、忘れてたなぁ。私は立ち上がり、三人を見た。イエローを見つめて私は口を開いた。

「ごめんなさい…イエロー」

すると、イエローも。

「私も、言い過ぎた。ごめんねアラン」

ファイアとグリーンは謝った二人を見て、微笑んでいた。

「さ、行こうよ。リーフが待ってるよ」

ファイアが言うとイエローは頷いた。アランはグリーンに振り向いて言った。

「グリーン、ごめんなさい」

「べ、別に…謝っても、当然の事をしただけだ!…でも、リーフがアランをビンタするなんて、ビックリした」

グリーンはポツリと言った。ファイアは歩いている。イエローも。グリーンと私も歩いて会話をした。

「私も、ビックリしたよ…あのビンタは、頭を冷やせって事も入ってそうだけど。でもそのお陰で、目が覚めたよ。リーフには、感謝してる」

「だな」

グリーンはニコニコとそういった。森を抜け、それぞれの空を飛べるポケモンを出し、二の島へ行く。


全ての覚悟と決着を付けるために。

■筆者メッセージ
この話、好きです。
アラン ( 2016/07/14(木) 05:31 )