番外編 黒と白 〜始まりの音〜
5話 黒と白 〜手の届く範囲〜
ベッドまで連れて行ってくれたカンナさんは、台所で料理を始めた。

「………」

ベッドで寝込んでる私はイエローの帰りを待っていた。

「ただいまって…カンナさん何してるんですか?」

少ししたら帰って来たイエローはドアの前で立ち止まりカンナに聞いた。

「アランが熱出して倒れ込んじゃってね」

「そう言う事ね」

そう言ってイエローは少し歩き、椅子に座った。カンナが黙って料理を作っている。アランもイエローも会話は無い。台所で鳴る包丁の音と沸騰する音だけが部屋に響いた。アランは布団を被りながら、天井を見なながら考えていた。

手の届く範囲で守ったり助けたりしたいけど…何か嫌な予感がして気分悪い。鍵はきっとリーフ。よし…。

アランは心の中で頷き布団をどかして椅子に座った。

「……」

イエローは私を見て小さく頷いた。カンナから料理を貰うと私は食べた。カンナは私にご飯を作ると自分の家へ戻っていった。1日安静にして夜中、イエローが声をかけてきた。

「どうやら、鍵の意味が分かったみたいね?」

「まぁね。ところで、実験の事だけども」

熱が下がったアランは椅子に座ってイエローに言った。家の電気も付けず、月明かりが家の窓から入ってきている。

「…私が何故、止めなかったか、そう言いたいんでしょ?私は途中で止めたわよ。ただ、そのあと、まさか続けてるなんて知らなかった。知った後も私は奴を止める方法を考えてたわ。そしたら…」

「…そしたら、鍵を握る人物がリーフだった…」

アランが言うとイエローは頷いた。

「止めてあげましょ…本当に止めるのは、彼女自身だけど、ね」

イエローが口を開いてそう言うとアランは椅子から立ち上がり、ドアへ向かい、振り返りイエローに言った。

「行くわよ」

「分かってる」

イエローもドアへ向かい、ドアを開ける。三日月が私とイエローを優しく見守るように照らしていた。

■筆者メッセージ
次回、6話 黒と白 〜闇と光〜

リーフと合流したアラン達は父を止めるべく、二の島へ行く。
アラン ( 2016/07/13(水) 23:44 )