chapter2 ギンガ団
03
「誰?」
「コウキの知り合い?」
「ねーちゃんたちは知らなくていい。」

俺たちの質問に対して冷たく返すコウキ。

「その言い方はないのでは?ちゃんとお仲間さんに自分のご説明なさらないと。」
「僕はそっちには戻るつもりはない。」
「あなたには戻るつもりはなくても我々にとって必要な人材なんですよ。コウキさん。いや、アースさ…」
「やかましい!その名前で呼ぶな!」

コウキがキレた。あの穏健なコウキがだ。

「ちょっとあなた!さっきから良くわかんないことを言って!一体何者なのよ!」
「失礼致しました。私リクヤと申します。コウキさんの…部下、とでも言っておきましょうか。」
「部下?」
「ええ。私たちは…」
「止めろ!コウキがリクヤに懇願するようだった。部下に接する態度ではない。

「わかりました。まあ、今回は"警告"としておきましょうか。ただ、これだけお伝えしましょう。あなたはこっち側の人間だと。では。」
「あ、コラ待て!」

リクヤはボーマンダにまたがりどこかへと去っていった。

「…僕たちも行こう。」

コウキは俺たちの答えを待たずにソノオタウンへ歩き出した。

「「……………」」

その道中、誰も何も喋らなかった。何を話せばいいのかわからなかった。

ちゃ ( 2013/12/05(木) 22:01 )