生命のポケモン・破壊のポケモン
創造と破壊の間奏曲


「イベルタル!こっちこっち!早くしてよ〜!」

「えっ、あっ…ああ!待ってくれ!」

オレとゼルネアスが一緒に暮らして134日目。今までずっと平穏な日々だった。

そんな日々が続くはずだった。そう。〈はず〉だ。

135日目。ゼルネアスの友達にあった。名はディアンシー。可愛いけど少し生意気だった。

136日目。周りのポケモン達はオレを怖がっていた。そりゃそうだ。オレは破壊のポケモン。近くにいたら危ないらしいしな。

137日目。ゼルネアスはいなかった。彼女がいなくなるなんて初めてだ。オレは、その瞬間、こう思った。

――寂しい。と。

138日目も、139日目も、彼女は現れなかった。

  もしかしたら。

そんな思いが、頭をよぎる。

そして、140日目。

「イベルタルが、破壊の…」

■筆者メッセージ
短め。
月光少女 ( 2015/10/01(木) 21:02 )