世界観紹介
ラウリア大陸
 四大陸のひとつで東に位置する大陸。草原や森など自然が溢れる大陸でどのポケモンにも過ごしやすい気候になっている。

村・町

・オル・ナレア

 レイドが暮らす人里離れた小さな村。大陸の東に位置する森の中で奥深くに存在するため、外のポケモンにはあまり知られていない。村の外れには多くのポケモンが育てている木の実畑が存在している。
 この村は別名使者祀りし村と言われ、その名の通り村の広場の奥には“双使者の像”があり、それぞれ太陽の獣“ソルガレオ”の像と月の獣“ルナアーラ”の像が丁重に祀られており、それに関する史跡やある伝説がこのオル・ナレアを含め、世界各地に残されている。



ダンジョン

・薄暗の森

 村から木の実畑へと通じる道から少し外れた森のダンジョン。ネールがレイドと初めて冒険したダンジョンでもある。木が多く生い茂っているため太陽の光がほとんど届かない場所。そのため、昼間でも少し暗い。
 ここに生息する敵ポケモンはレベルの低いポケモンがほとんどで、冒険者の見習いでも簡単に倒すことができるため、ダンジョンの基本を教えるのにはうってつけの場所とも言える。

レイド・マヒナ ( 2018/02/25(日) 10:33 )