旋律 - Two 起動
9月1日

 寝る直前のこと。ツカサは、ベッドの上で体を起こしていた。
「……ピチュ(どうしたの)?」
 それに気づいたピチューが、声をかける。
「少し、落ち着かなくて。ごめんなさい」
ピチュピチュ(敬語やめてよ)ピッチュ(くすぐったい)
「あ……ごめん」
 謝罪。記憶を失くす前のツカサだったら、『ごめん』と言うのはありえなかった。
ピチュ(うん)
 ピチューももちろん、そんなことは知らない。だから軽く流せる。
 ツカサは辺りを見回した。ピチューは自分の布団の上に乗っかっている。不思議と重くない。ハンガーにかかっているのは、自分の服だと思われるもの。グレーのジャケットに、紺のジーンズ、黒の七分丈T‐シャツと、それから赤いマフラー。随分と飾り気のない服だった。
 後ろの物置には、ショルダーバッグと、十字架のペンダントが置いてある。ペンダントは夕刻、日暮イツキと名乗る青年に渡されたものだ。『片時も手放すな、首にかけておけ』とは言われたものの、流石に寝るときくらいはいいだろうと思う。
 落ち着かないと言ったのは本心で、眠れそうにないので、ショルダーバッグを手にとった。中を見ると――ぐちゃぐちゃ。ツカサはため息をついた。
「もうすこし整理しててくれよ……って、俺なんだけど」
 ――記憶をなくす前の自分はどれだけ無頓着だったのだろうか。

 そういうわけで、ツカサはショルダーバッグの中を整理していた。すると、
「ん?」
 ショルダーバッグの中から、表紙に何も書いていないノートを発見した。ノートを開いて見たが、何も書かれていない。
 もったいないし、何より今回みたいなことがもう一度起きてしまったら、自分はどうするつもりなのだろうか。そう考えたツカサは、このノートを一日にあった出来事を書き留めるノート――日記帳にすることにした。
 粗方整理が終わったところで、ツカサは筆記用具を取り出し、ノートを開いた。
 今日の日付は、9月1日。それも日暮イツキから聞いたことである。


********

09.01

 目が覚めると、病院と呼ばれる白い場所にいた。何が起きているのかわからず混乱した。
 しばらくして、病室(部屋)に日暮イツキという人間と、ピチューが入ってきた。『ポケモン』だけは覚えていた。イツキから『記憶喪失』と言われた。『今までの記憶』をなくしてしまったらしい。確かに、起きる前のことは何も覚えていない。
 いろいろ話をしていたら、音が鳴った。イツキは慌てて俺の鞄(ショルダーバッグというらしい)から小さな機械を取り出すと、外へ出ていった。なんでも、病院の中では使えないらしい。ピチューもイツキについて行って、俺はしばらく一人になった。
 数分後、戻ってきたのはピチューだけだった。ピチューは『イツキから渡された手紙』を俺に渡した。一緒に読んだ。『足型文字』を読める人間は珍しいと、ピチューに言われた。

********


 そこまで書いてツカサは、ショルダーバッグの脇ポケットに入れておいた手紙をそのページの上に置き、ノートを閉じた。
 ピチューは不思議そうに、そのページを開く。そして少しだけ見て、ノートを閉じた。
ピチュピ(日記)?」
「多分、そんなもん」
ピチュピチュピッチュピチュ(わざわざ足型文字で書かなくても)……」
「今書ける文字と言ったら、さっき読んだそれくらいだからさ」
 そんなことを話しているときも落ち着かなかった。後ろの棚にあるペンダントを見る。これを見ているあいだは、少しだけ落ち着く。
 やっぱり、つけておこう。ツカサは手に取り、自らの首にかけた。冷たさが身にしみるとともに、高揚していた気持ちが沈んでいく。これなら眠れそうだ。
 ツカサはノートと筆記用具をショルダーバッグに直すと、横になった。先程まで眠れなかったはずだったが、案外すぐに意識は夢の中へ落ちていった。


■筆者メッセージ
 日記が中心のはずなのに、サブストーリーの方が長いんだけど。どゆことこれ。
漠然幸樹 ( 2014/03/31(月) 22:15 )