Zero
三話 過保護と泥棒
 そんなこんなで、2週間の時が経過した。

「筆記用具持った?」
「ああ」
「ノートは?」
「もったよ」
「水筒は?」
「正直必要ないと思うけど……」
「えーっと、あとは……」

 試験当日の朝、遠藤家では、持ち物検査をしていた。
 理由は簡単、遠藤母が心配性だからである。

「母さん、心配しすぎだろ。大丈夫だって」
「でもねぇ……」
「ボクらのことだからちゃんと受かってくるよ」
「そうは言われても……」
「うち、ちょっとイライラしてきたんだけど……」
「あ、ちゃんと朝ごはんは――」
「「「もう食べた!」」」
「――そうよね」
 誰がどう見ても過保護である。
「お母さん、うちらは大丈夫だから。安心して待っててよ」
「そうは言われても心配になるものよ……」
 ――そんなに信用できないのかよ。
 アズサに続き、苛立ち始めるツカサ。心配する親の気持ちもわからなくはないのだが、少しは信用してほしいものである。

「それじゃ、行ってきます」
「行ってきまーす!」
「行ってくるね!」

 そして、彼らは、元気よく家を出た。

 ――皆、あの事件があるとは露知らず。


     ◎


「んだよ、これ……」

 教室に入るなり耳に入ってきたざわめき声と()()()()に、ツカサは驚愕した。
「どうしたのツカ――」
 遅れて入ってきたアリサも、黒板の文字(あるもの)を見て言葉を失う。
 黒板には、こう書かれていた。

『筆記試験に使用する問題用紙が盗まれたので、今年の試験は延期とし、本日は通常通り授業を行うこととします。』

「嘘……でしょ……!?」
 ようやく声を搾り出すアリサ。

『筆記試験に使用する問題用紙が盗まれたので、今年の試験は延期とし、本日は通常通り授業を行うこととします。』

 ――延期。
 その言葉は彼ら受験生に、絶望を与えるものだった。
 夢への第一歩を踏み出す、そのためにまず試験の合格をする。
 目標を、盗難という事件によって潰されたも同然だった。

「そ、そんな……っ」
 アリサは、力なくその場に膝をつく。
 そして彼女の目には、涙が浮かんでいる。
「今まで……っ、頑張ったのに……っ」
 それは、一粒、一粒と、彼女の頬を撫でていった。

 そんな彼女の様子を見てか、また、周りの様子を見てか。
 彼は――動いた。

「あーあ、こんなじゃダメだ」

 そう言ったのは、一番後ろの席に座っている彼――五十嵐ミドリだった。
「折角勉強したのに……残念だなぁ」
 彼もやる気をなくしているようだ。
「こんなんじゃ夢なんか叶いっこないよ」
 彼は頬杖をついて窓の外を見る。窓の外ではムックルが飛び交い、ビッパ達が追いかけっこをしていた。

 ミドリの言葉を聞いたその場にいた生徒達は、口々に弱音を吐く。

『本当に、そうだよな……』
『何のために勉強したんだろ……』
『バカバカしくなってきたよ……』
『サクラさん付き合ってください』
『ていうか通常通り勉強って何するの? 何も持ってきてないんだけど』

「っ」
 ツカサは何かの衝動をこらえるような表情を浮かべる。
「……どしたの、ツカサ?」
 涙目で彼の方を見るアリサ。
 頑張ったのに、水の泡。それが悔しくて、それが悲しかった。
 ――ツカサと、アズサと、三人で苦手を克服しようと頑張ったあの時が、意味のないものになってしまった。
 別に意味がないわけではない。しかし、今の彼女にはそうとしか思えなかった。

 ツカサは何かを察し、そして行動に出る。
「………………ちょっと、行ってくる」
 教室を走って出て行ってしまうツカサ。
「ツカサっ!?」
 彼の名を呼ぶ声は、既に意味のないものとなっていた。


■筆者メッセージ
 ポケモンェ……
漠然幸樹 ( 2012/11/25(日) 12:56 )