Zero
一話 夢と目標
 ナンデ?

 ドウシテ?

 ナンデオレハコンナメニアワナキャナラナイノ?

 マダ、イッショニイタイヨ。

 トウサン、カアサン、トオル。

 イカナイデ。

 ネェ、オネガイダカラ。

 オレヲ、ヒトリニシナイデヨ――。


     ◎ ◎


 よく晴れたある日のこと。
 四人の少年少女が、コトブキシティのトレーナーズスクールで、夢を語り合っていた。
「私は、ポケモンチャンピオンになる! 絶対、なってみせるわ!」
 こういうのは、坂田(サカダ)チヨコ。金髪のポニーテールが特徴的だ。
 叫び声にも近いその声は、気に止まっていたムックルたちを驚かせていた。
「僕はトップコーディネーターになるんだ」
 こういうのは、五十嵐(イガラシ)ミドリ。茶髪の癖がある髪型をしている。
「ボクだってなってやるんだからね。ミドリくんなんかには負けないよ」
 こういうのは、遠藤(エンドウ)アリサ。茶髪のストレートが太陽の光と笑顔を受けて輝いていた。
「俺は……」
 そんな中迷う少年は、遠藤ツカサ。真っ直ぐでさらさらな黒髪は、彼の性格を現しているようだ。
「卒業を間近にして、まだ決まってないの?」
 アリサが呆れたようににツカサにたずねた。
「……まあ、目標くらいはある、けど」
「なによ、その目標って。みんな夢っていうか、目標晒したんだから、あんたもしなさいよね」
 チヨコに言われ、彼は少し悩みながらも、こう告げる。
「……そうだな」
 一息おいて、ツカサはこう続ける。

「何かを守るための力が欲しい……ってところだな」

「じゃあ私と同じね。負けないわよ」
 ツカサの言葉を同じ夢ととったチヨコは、今から闘争心を燃やす。
 彼はそんな彼女に戸惑いながらも、
「ああ、俺だって負けない」
 軽く笑みを浮かべた。

 彼ら、彼女らは幼馴染で、とても親しい仲だ。


漠然幸樹 ( 2012/07/31(火) 09:19 )