ひねくれものとおかしな生きもの








小説トップ
第二編〜The first day どんな場合においても、一日目は長いんです。
最初の夢
もう完全に脳味噌はオーバーヒートした。なんだよあれ、一体。

いきなり来た手紙が“イタズラ”になり、で、あったはずの事がハードボイルドに。さらには緊急救急24時になり、止めに超常現象が起きてライフポイントがゼロになり、とっぴんぱらりのぷう。

現実か?本当に今、現実か?あんなの反則だろ。ポケットモンスターって。

“モンスター”なのは理解出来る。でもそれがこの世で起きている事が許せない。

あれは二次元の世界で成り立っているもので、三次元でやられたらひとたまりもない。だって、物理の法則、完全無視だろ。イカレてる。それを受け入れろと?

じゃあどうしろと。考える事をやめろってか?それも一理ある。かもしれないけどよ、そもそも・・・

本当に人間が触れていいってものなのか?あんなの。

もう、夢であってくれ、今までのこと。今の心の叫びだ。

だけど、現実に起こってしまった事は変えられねーんだよな。苦しいんだか、悔しいんだか。

もう愚痴るのはやめよう、もうすぐ朝じゃねーのか。

現実に向き合う。とにかく今、精一杯出来る事はこれだけだ。

今までの日常はもう帰ってこないと悟った恵は、ゆっくりと瞳を開けた。

からげんき ( 2015/02/04(水) 21:58 )