探検隊ツヨイネの航空録










小説トップ
四章 月の国
35話 指輪を巡る攻防
「はあ、はあ……。つ、着いたぁ!」
 頂上まで登り詰め、その場に倒れ込む。そして、拳を満点の星空へ突き出した。
 まさか……、階段以外のものがあるなんて……。来た道をちらりと見る。続々と皆が登ってくる。
「……ッだあああ!」
 叫び声と共にブースター兄ちゃんが登ってきた。
「ち、ちっくしょー。何で……崖なんかがあるんだよ! それも、垂直の壁が!」
 兄ちゃんは一匹でぶつぶつ文句を言っている。そう、遡ること十五分前。



〜☆★☆★〜



「え、え〜……。これ登るの?」
 目の前に聳え立つ、垂直の壁を見上げる。高さは約百m程度あるだろう。幸い、凹凸が激しいので登るのに然程苦労しないはずだ。
 いや、間違っていた。三十m付近に来たとき、風が吹いた。今まではそよ風程度だったのに、ここに来ていきなり突風級に変化した。
「うおおおお!」
 ゾロアークを背負ったルカリオが猛スピードで走り去っていった。
 いやいや、走り去るってなんだよ! 後でルカリオを問い詰めてやる、と心に誓い、一生懸命になって登る。
 十五分という時間をかけて登った。当然、ルカリオとゾロアークが一着。
 そして、話は最初に戻る。

「あの……」
 息を整える俺に、誰かが話しかけてきた。俺の知ってる声ではない。
「あの、皆さん自力で登ってきたんですか?」
「ええ、はい、まあ……」
 くるりと振り返って、顔を確認する。
 どこかで見たことある顔だ。だが、思い出せない。
「どうかしました?」
「い、いや。特に何も」
「見た感じ皆さん自力で登ってきたようですが、崖の近くに呼び出し鈴がありましたよ?」
「はい?」
「ですから、呼び出し鈴がありまして……。それを鳴らせば私が迎えに行きましたのに。あ、申し遅れました。私はルナアーラです」
「思い出した! あんた、空の架け橋の石像だったぞ!」
 唐突に叫ぶ俺。皆驚いて固まった。特にルナアーラが。
「皆さんは下界の民だったんですね。このような場所にようこそいらっしゃいました。……おや、貴女、太陽のペンダントを身に付けてらっしゃるんですね」
「それが、何か?」
 エーフィ姉ちゃんはペンダントを手で覆い隠しながら言った。
「いえ、ソルガレオに勝つとは流石だな、と思いまして」
「ソルガレオ?」
「え? ご存知ないんですか? ならばなぜ、ペンダントを持っているのですか!」
 急に怒鳴りだすルナアーラ。その気迫に俺らは気圧された。
「まさか、盗んだのですか!?」
「ち、違うわ! これはレースの賞品で──きゃあ!?」
 突如始まる、シャドーボールの嵐。疲れた体に鞭を入れて躱す。
「あぶねえじゃねえか!」
 サンダース兄ちゃんが叫ぶ。が、ルナアーラは軽蔑した目で俺らを見下ろしている。
「ああ、もうこりゃ駄目なやつだ。ポケダン名物、理不尽なボス戦!!」
 ブースター兄ちゃんが飛んでくる攻撃を避けながら言う。空を見上げた時には月をバックにルナアーラがホバリングしている。
「くっ! これじゃ攻撃が届かない!」
 ジャノビーが《草双剣》を構えながら言った。
「なら、引き摺り落とせばいい」
 そう答えたのはルカリオだった。しかし彼にはロングレンジ系統の技をあまり覚えていない。
 何をするのかと見守っていると、《波動棍》を二本だし、それぞれを地面に突き立てた。次にシャワーズ姉ちゃんを呼び、《水弓》の弦だけを二本だしてもらった。最後にブースターを兄ちゃんの《火爪》を受け取り、レザーバックに代用した。
「イーブイ、君が仕上げだ」
「何すんだよ」
 ルカリオの側に寄ると、抱き上げられた。そしてそのまま先程の装置に取り付けられた。
「準備完了! 皆! 思いっきり引っ張って!」
 全員で力の限り引き絞る。ギリギリという音が耳元で訊こえる。
 ルナアーラも俺らが何をするのか気になって攻撃してこない。
「《ツヨイネ協力パチンコ》! 略して、TKP! 発射!」
 ルカリオの合図と共に放たれた俺は、物凄い速度でルナアーラに突っ込んでいく。
 途中、ルナアーラは俺を落下させるためにシャドーボールを集中砲火してきた。が、《氷雪剣》を創り、全て切り裂く。
「うおおおおおおおお!!!」
 ──ルナアーラまであと、三m。

■筆者メッセージ
―ツヨイネ雑談たいむ―
作者「前回に引き続き語りたいと思うんですがその前に」
アブソル「前に?」
作者「sにgみsnさんから質問がきましたので答えます」
Q:何歳?
A:14歳。今年から受験生です。
作者「てな訳で、始めてくよ」
アブソル「前回は作者がポケノベルに来た理由で終わったよね」
作者「ケータイを貰って何日か経ったらインターネットを使えることに気づいたんだ。で、ポケモンやら調べて『。イーブイの小説ってあるのかな?』と思って調べてみたら簡単に見つかったね」
アブソル「で、初めて読んだ小説がポケノベルのものでここに登録してみようと思った」
作者「その通り。でも登録するとなると親に怒られないか心配でね。ま、結果的には怒られてないんだけど」
アブソル「以上、作者が小説を書き始めた訳でした」
作者「あ、暗歌さんオリ技ありがとうございました。使用までに随分かかって申し訳ありません。またよろしくお願いします!」


 オリ技まだまだ募集中だぜ!
だんご3 ( 2017/02/04(土) 22:52 )